IWASAKI Kaori

J-GLOBAL         Last updated: Nov 1, 2019 at 15:51
 
Avatar
Name
IWASAKI Kaori
Affiliation
Kokugakuin Tochigi Junior College

Research Areas

 
 

Misc

 
IWASAKI Kaori
Research abstracts on the annual meeting, regular meeting and seminar of the Japan Association of Home Economics Education   59(0)    2016
【目的】平成元年度版学習指導要領(1989)以降、小・中・高の全学校段階で男女必修の教科となった。現在、平成元年度版学習指導要領期に高等学校家庭科を学んだ世代が家族形成期にある。子どもの頃の家事経験は、成人後の家事にどのような影響を与え得るだろうか。本研究の目的は、子どもの頃のお手伝いと若年層の家事実態との関連を質的研究から明らかにすることにある。<br>【方法】お茶の水女子大学JELSが2014年3月~10月に行ったJELS卒業生インタビュー調査...
IWASAKI Kaori
Journal of the Japan Association of Home Economics Education   58(2) 90-99   2015
In Japan, high school students learn home economics as a compulsory subject. However, the required number of home economics credits has been reduced. Subject area of home economics is organized by the three compulsory elective subjects. In the pre...
IWASAKI Kaori
Journal of the Japan Association of Home Economics Education   58(3) 144-152   2015
In Japan, high school students learn home economics as a compulsory subject. However, the required number of home economics credits has been reduced. Subject area of home economics is organized by the three compulsory elective subjects. In the pre...
IWASAKI Kaori
Research abstracts on the annual meeting, regular meeting and seminar of the Japan Association of Home Economics Education   57(0)    2014
【目的】平成11年版学習指導要領の実施以降、高等学校家庭科は、家庭総合(4単位)や生活技術(4単位)でなく、家庭基礎(2単位)選択する学校が増加した(野中・他2011、2012、長澤・他2011等)。単位数の減少は,実習・調べ学習・発表・話し合い等の体験・参加型の授業の減少を招いたことが指摘されている(野中・他,2012等)。「生活に必要な知識と技術を習得させ,男女が協力して家庭や地域の生活を創造する能力と実践的な態度を育てる」ことは、現行学習指導要領においても、高等学校家庭...
IWASAKI Kaori
Research abstracts on the annual meeting, regular meeting and seminar of the Japan Association of Home Economics Education   56(0)    2013
【目的】平成10年版学習指導要領以降、高等学校家庭科は、家庭総合(4単位)や生活技術(4単位)でなく、家庭基礎(2単位)選択する学校が増加し、専任教員が減少したため、学校全体の教育課程における家庭科教師の発言力が低下しているという(野中・他2011、2012、長澤・他2011等)。高等学校家庭科は、家庭基礎のみでも充分な学習効果を上げられるのだろうか。本研究の目的は、高等学校家庭科の必修科目と生徒の生活行動の関連を明らかにすることにある。具体的には、学校内外の家庭科不要論と対...