講演・口頭発表等

国際会議

ガラス固化体長期性能評価モデルに関する研究開発計画

2022 Glass and Optical Materials Division Annual Meeting (GOMD 2022)
  • 松原 竜太*
  • ,
  • 藤崎 淳*
  • ,
  • 石田 圭輔*
  • ,
  • 石黒 勝彦*
  • ,
  • 稲垣 八穂広*
  • ,
  • 大窪 貴洋*
  • ,
  • 三ツ井 誠一郎
  • ,
  • 岩田 孟
  • ,
  • 関根 伸行*

開催年月日
2022年5月
記述言語
英語
会議種別

高レベル放射性廃棄物の性能は、熱-水-応力-化学(THMC)の条件に依存するため、原子力発電環境整備機構(NUMO)は、地層処分の実施主体として、THMC条件を考慮できる性能評価モデルの研究開発を推進してきた。NUMOは、ガラスの溶解に関するFEP(特性,事象,プロセス)分析、関連プロセスの相対的重要度を評価するための数値モデルによる感度解析を通じ、研究開発上の課題を特定するとともに研究開発計画を策定した。現在、原子力機構と2つの大学との共同研究として、3つの研究開発を進めている。溶解挙動の変遷を理解するための長期浸出試験、現実的な地下水組成条件下での性能を評価するための様々な溶液条件における浸出試験、およびガラスと地下水の界面での元素の移動を理解するための分子動力学シミュレーションである。この講演では、現在の状況を紹介する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5073440