岩崎 拓也

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 15:14
 
アバター
研究者氏名
岩崎 拓也
 
イワサキ タクヤ
URL
https://iwsktky.wixsite.com/home
所属
国立国語研究所
部署
大学共同利用機関等の部局等
職名
プロジェクト非常勤研究員
その他の所属
一橋大学大学院 言語社会研究科

プロフィール

「句読法」などの正書法に興味があり研究しています。
特に,最近は「可読性」というキーワードが気になっています。
この「可読性」という考え方には2つの視点が含まれています。

1つはリーダビリティ(Readability),もう1つはレジビリティ(Legibility)という視点です。

前者は,文章難易度に関する問題で,「やさしい日本語」や「専門知識としての日本語(ビジネス用語やアカデミックな語彙や表現)」といったものが有名だと思います。後者は,いわゆる「見やすさ」に関する問題です。私はこちらが興味があり,研究しています。
例えば,どんなに「やさしい日本語」で書いても,文字が小さかったりして読みにくかったり,改行位置がおかしいせいで誤読されたら,その日本語は「やさしく」ありません。また,「難解な日本語」だとしても,大きい文字であったり,重要箇所に下線が引いてあると,読み手の理解の一助になると思います。

ですから,私は,どのように句読点や記号を使って読み手に示したらいいのか,また,空白行を挿入することで,読み手にとってわかりやすい段落を示すことができるのか,といったことを大量のデータからその傾向を導き出せたらと思っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京学芸大学 留学生センター 非常勤講師
 
2017年10月
 - 
現在
国立国語研究所 理論・対照研究領域 プロジェクト非常勤研究員
 
2017年6月
 - 
2017年9月
国立国語研究所 日本語教育研究領域 プロジェクト非常勤研究員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
東北師範大学 中国赴日本国留学生予備学校 外籍講師
 
2011年4月
 - 
2014年3月
吉林華橋外国語学院 外籍講師
 

学歴

 
2017年4月
 - 
現在
一橋大学 言語社会研究科 言語社会専攻
 
2015年4月
 - 
2017年3月
一橋大学 言語社会研究科 言語社会専攻
 
2006年4月
 - 
2010年3月
京都外国語大学 外国語学部 日本語学科
 

論文

 
読点が接続詞の直後に打たれる要因 ―Elastic Netを使用したモデル構築と評価―
岩崎 拓也
計量国語学   31(6) 426-442   2018年9月   [査読有り]
Evaluation of a Japanese Language Trial Lesson Using FishWatchr
Mari Nishitani, Takuya Iwasaki
US-China Education Review A   Vol. 7(No. 6) 285-292   2017年6月   [査読有り]
日本語母語話者と日本語学習者の作文コーパスから見た読点と助詞の関係性
岩崎 拓也
一橋大学      2017年3月   [査読有り]

Misc

 
岩崎 拓也
一橋大学国際教育センター紀要   (8) 27-39   2017年   [査読有り]
本研究では、JCK作文コーパスを用いて、読点の直前に現れる品詞にどのような偏りがあるのかを母語別に統計学的手法によって分析した。具体的には、学習者間で最も偏りが見られた助詞のうち、係助詞と格助詞を取り上げ、係り受けの関係から読点が打たれる確率を分析した。分析の結果、係助詞と格助詞の直後の読点は、修飾部と被修飾部の距離が遠くなるほど、両者の構造的なつながりを示すために打たれることが明らかになった。さらに、係助詞の直後の読点と係り受け距離との関係は、日本語母語話者を基準とした場合、中国人日本語...
西谷 まり, 岩崎 拓也
日本教育工学会研究報告集   16(4) 149-154   2016年11月
岩崎 拓也
The Hitotsubashi journal for Japanese language education = 一橋日本語教育研究   (4) 187-196   2015年

書籍等出版物

 
わかりやすく書ける作文シラバス
岩崎 拓也 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 正確で自然な句読点の打ち方)
くろしお出版   2017年12月   ISBN:4874247520

講演・口頭発表等

 
わかりやすさを目的とした文章における句読点と改行の多寡 -「ステージ」レイアウトリニューアル前後の比較分析から-
岩崎 拓也
社会言語科学会第42回大会   2018年9月22日   
クラウドソーシング発注文書におけるレジビリティの量的分析
岩崎 拓也, 井上 雄太
言語資源活用ワークショップ2018   2018年9月4日   
日本語学習者がわからない日本語と求められる学習者用の辞書とは
岩崎 拓也
コミュニケーションのための日本語学習辞書を求めて―学習者調査から新しい辞書の構想と開発へ―   2018年7月31日   
発注文書で目を惹く記号・顔文字の使い方
岩崎 拓也
第20回日本テレワーク学会研究発表大会   2018年7月8日   
正確で自然な読点の打ち方
岩崎 拓也
シンポジウム「新たな作文研究のアプローチ ―わかりやすく書ける作文シラバス構築を目指して―」   2018年1月14日   

担当経験のある科目