基本情報

所属
人間文化研究機構 人間文化研究創発センター 研究員(特任助教) (人文知コミュニケーター)
(兼任)国立国語研究所 研究系 特任助教
東京学芸大学 留学生センター 非常勤講師
学位
修士(学術)(2017年3月 一橋大学)
博士(学術)(2020年3月 一橋大学)

連絡先
iwasakitakuyaninjal.ac.jp
J-GLOBAL ID
201701010871187670
researchmap会員ID
B000283623

外部リンク


【研究についての動画】

「日本語の表記から考える書き手の個性」(国立国語研究所YouTube 「オープンハウス2020」)

「ビジネス文書における「カッコ」の使われ方」(国立国語研究所YouTube 「オープンハウス2021」)

「読点の打ち方―読みやすい読点について考える―」(国立国語研究所YouTube 「ニホンゴ探検2022 ことばのミニ講義」)

「定住外国人の語りからみた日本語表記方法の提案」(国立国語研究所YouTube 「オープンハウス2022」) 

 

 【連載】

「句読法、テンマルルール わかりやすさのきほん」(『未草』ひつじ書房ウェブマガジン)

句読点のあれこれについて書いています。

 

【興味があること】

「句読法」などの正書法、「ルビ」や括弧などの符号の使われ方などに興味があり、研究しています。

質的な研究にも興味がありますが、基本的にはコーパスやデータベースをもちいた量的な分析を好んでいます。


最近では「可読性」というキーワードが気になっています。
この「可読性」という考え方には二つの視点が含まれています。

一つはリーダビリティ(Readability)、もう一つはレジビリティ(Legibility)という視点です。

前者は文章難易度にかんする問題です。
「やさしい日本語」「専門知識としての日本語(ビジネス用語やアカデミックな語彙や表現)」といったものが有名だと思います。

後者はいわゆる「見やすさ」にかんする問題です。
どちらかといえば、私はこちらが興味があり研究しています。

たとえば、「やさしい日本語」で書いても、ルビの位置や分かち書きの分け方、読点の多寡によって読みやすさが異なるかもしれません。

ですから、私はどのように句読点や符号(記号)を使って読み手に示したらいいのか、
また、空白行を挿入することで読み手にとってわかりやすい段落を示すことができるのか、
といったことを多人数に調査を行い、そのデータから見やすくわかりやすい表記を導き出せたらと思っています。


 取材依頼などは、こちらからお願いいたします(国語研広報)→https://www.ninjal.ac.jp/cgi-bin/form/contact/form.cgi

 Twitterもやってます→https://twitter.com/iwsk_tky

 

 

 


論文

  6

MISC

  14

書籍等出版物

  6

講演・口頭発表等

  20

担当経験のある科目(授業)

  20

メディア報道

  3