MISC

2016年6月

「もんじゅ」の目指す研究開発

第21回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集(USB Flash Drive)
  • 廣井 博*
  • ,
  • 荒井 眞伸
  • ,
  • 木曽原 直之

開始ページ
3
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別

高速増殖原型炉「もんじゅ」は、平成7年に初送電を開始したが、その後、2次系ナトリウム漏えい事故の発生、平成23年3月の東京電力福島第一原子力発電所事故(以下、東電福島事故と言う)とそれを受けての新規制基準の施行、平成24年に明らかとなった保守管理不備の問題などがあり、またこの間、高速増殖炉開発を取り巻く国内外の情勢も変化してきた。この様な状況を踏まえて「もんじゅ」の開発意義や実施すべき研究について改めて議論され、平成25年9月には「もんじゅ研究計画」が策定された。本研究計画では、エネルギー安全保障と廃棄物の減容・有害度低減が2本の柱として定められた。ここでは「もんじゅ」に関する内外の経緯と環境の変化及び「もんじゅ研究計画」の内容や今後の取組みについて紹介する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5055961

エクスポート
BibTeX RIS