講演・口頭発表等

20年間のもんじゅプラントデータから得られた成果について,9; データ取扱い方法の改善方策と将来ビジョン

日本原子力学会2017年春の年会
  • 塩谷 洋樹
  • ,
  • 澤崎 浩昌
  • ,
  • 中村 恵英
  • ,
  • 佐藤 健
  • ,
  • 内田 武伸
  • ,
  • 荒井 眞伸

開催年月日
2017年3月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
平塚
国・地域
日本

もんじゅプラントデータによる評価(「もんじゅ」研究計画の評価)では、シニア技術者と若手技術者の共同作業を通じて評価を進めている。本報では、長期間の評価用データの取扱いを効果的・効率的に進めるため、今後の検討において情報技術や統計ツールの利活用を提案する。さらに、高速炉実用化に向け、技術者による技術伝承、知識発見等を機械学習等で支援・協調するビジョンについて示す。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5058117