Izutsu Nobuyuki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 1, 2018 at 19:21
 
Avatar
Name
Izutsu Nobuyuki
Affiliation
Osaka University
Research funding number
20834170

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Izutsu N, Fujimoto Y, Yamada N, Kajikawa R, Yoshimura K, Nagashima M, Wakayama A, Yoshimine T
European neurology   79(3-4) 221-227   May 2018   [Refereed]
Izutsu N, Kinoshita M, Yanagisawa T, Nakanishi K, Sakai M, Kishima H
World neurosurgery   107 1045.e5-1045.e8   Nov 2017   [Refereed]
Ozaki T, Nakamura H, Izutsu N, Masaie H, Ishikawa J, Kinoshita M
Interventional neuroradiology : journal of peritherapeutic neuroradiology, surgical procedures and related neurosciences   23(5) 527-530   Oct 2017   [Refereed]

Misc

 
FUJIMOTO Yasunori, KAJIKAWA Ryuichiro, KINOSHITA Takahiro, IZUTSU Nobuyuki, MORI Kosuke, YOSHIMURA Kazuhiro, KUMURA Eiji, WAKAYAMA Akatsuki, YOSHIMINE Toshiki
Surg. Cereb. Stroke   45(1) 19-22   Apr 2017
Objective: This study evaluated the results of treatment for hydrocephalus secondary to aneurysmal subarachnoid hemorrhage (aSAH) using a lumboperitoneal shunt (LPS) as a first-line procedure.<br>Materials and methods: We studied 114 patients with...
Fujimoto Yasunori, Yoshimine Toshiki, Kajikawa Ryuichiro, Izutsu Nobuyuki, Hirayama Ryuichi, Nagashima Munenori, Yoshimura Kazuhiro, Nakamura Yohei, Kumura Eiji, Wakayama Akatsuki
Jpn. J. Stroke   38(4) 239-244   Jul 2016
Background and purpose: For secondary prevention of cardiogenic cerebral embolism with nonvalvular atrial fibrillation (CE-NVAF), non-vitamin K antagonist oral anticoagulants (NOACs) have become popular. This study sought to evaluate the current s...
外傷性硬膜下水腫再貯留に対する新治療法としてのくも膜切除術
前田 泰孝, 松山 武, 中塚 博貴, 下岡 直, 田中 寛明, 井筒 伸之
神経外傷   37(1) 57-60   Jun 2014
症例1は78歳男性、症例2は32歳男性で、いずれも外傷性硬膜下水腫に対する穿頭洗浄ドレナージ術後に再貯留を来たした。いずれも再発性症候性水腫であり、症例1は第23病日に再度穿頭洗浄ドレナージ術を行ったが効果は一時的であり、第29病日に水腫の再貯留を認め、第33病日にクモ膜切除術を施行したところ、水腫は改善した。症例2は症例1の経験を踏まえ、クモ膜切除術を第78病日に施行した結果、良好な経過が得られた。
ソラフェニブが奏効した進行肝細胞癌の1例
井筒 伸之, 中谷 敏也, 関 建一郎, 澤田 保彦, 神戸 大介, 永松 晋作, 橋本 耕二, 松尾 英城, 菊池 英亮, 佐藤 芳樹
奈良県立奈良病院医学雑誌   16(1) 79-82   Mar 2012
症例は71歳、男性。B型慢性肝炎の治療経過中に肝細胞癌を発症し、2007年より局所療法を繰り返してきた。その後、門脈浸潤をきたし、2010年に動注化学療法を行ったが無効であったため、2011年1月よりソラフェニブ800mg/日を導入した。投与開始1ヵ月後に腫瘍マーカーの減少とともに部分寛解が得られた。しかし、同時期に副作用の食欲不振が出現したため600mg/日への減量を余儀なくされた。減量後は食欲不振が軽減され、継続投与可能となり投与6ヵ月目も部分寛解を維持している。肝細胞癌に対するソラフ...