論文

査読有り
2011年

メコンデルタにおけるCDMによる農村開発の課題と展望

農業農村工学会誌
  • 松原 英治
  • ,
  • 泉 太郎
  • ,
  • 廣内 慎司

79
10
開始ページ
757
終了ページ
760,a2
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11408/jjsidre.79.10_757
出版者・発行元
公益社団法人 農業農村工学会

<p>ベトナムのメコンデルタにおいて,畜産廃棄物から嫌気発酵によりメタンを発生させるバイオガス・ダイジェスター(BD)を917戸の低所得農家に導入する,クリーン開発メカニズム(CDM)の事業化を図った。これは,現在使用されている薪およびLPGなどの調理用燃料を再生可能なバイオガスで代替することで,温室効果ガス(GHG)の排出削減を行うものである。CDM事業化により,GHG排出削減量に見合う炭素クレジットと当該クレジットの市場での売却による資金を取得し,農家のBD導入経費の軽減を図り,併せて資源循環型の営農システムの確立を目指す。</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11408/jjsidre.79.10_757
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007543806
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA12221567
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/11270078
ID情報
  • DOI : 10.11408/jjsidre.79.10_757
  • ISSN : 1882-2770
  • CiNii Articles ID : 130007543806
  • CiNii Books ID : AA12221567

エクスポート
BibTeX RIS