論文

査読有り 筆頭著者
2013年

ベトナムにおけるCDM事業の国連登録と今後の展望・課題

農業農村工学会誌
  • 泉 太郎
  • ,
  • 松原 英治
  • ,
  • 飯泉 佳子

81
3
開始ページ
207
終了ページ
210,a2
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11408/jjsidre.81.3_207
出版者・発行元
公益社団法人 農業農村工学会

<p>国際農林水産業研究センター,ベトナム国カントー大学およびカントー市がプロジェクト参加者となり形成したクリーン開発メカニズム(CDM)事業「カントー市における農村開発に資する農家用バイオガス事業」が,国連CDM理事会に登録された。本事業は,カントー市内の961戸の農家に,バイオガス・ダイジェスターと呼ばれる豚の排せつ物を嫌気的に発酵させ,バイオガスを発生させる装置を導入することにより,温室効果ガスの排出削減を図るもので,わが国が形成した初のバイオガス利用による低所得農家向けのCDM事業である。本報では,国連CDM理事会への登録に至るまでの取組み,今後の展望および課題を中心に報告する。</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11408/jjsidre.81.3_207
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007784060
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA12221567
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/024335406
ID情報
  • DOI : 10.11408/jjsidre.81.3_207
  • ISSN : 1882-2770
  • CiNii Articles ID : 130007784060
  • CiNii Books ID : AA12221567

エクスポート
BibTeX RIS