共同研究・競争的資金等の研究課題

2014年4月 - 2018年3月

グローバル化時代における包摂的な教育制度・行政システムの構築に関する国際比較研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 横井 敏郎
  • ,
  • 高橋 寛人
  • ,
  • 辻村 貴洋
  • ,
  • 安宅 仁人
  • ,
  • 篠原 岳司
  • ,
  • 荒井 文昭
  • ,
  • 坪井 由実
  • ,
  • 西村 貴之
  • ,
  • 平塚 眞樹
  • ,
  • 岡部 敦
  • ,
  • 伊藤 健治
  • ,
  • 明田川 知美
  • ,
  • 宋 美蘭
  • ,
  • 横関 理恵
  • ,
  • 高嶋 真之
  • ,
  • 宮井 真由

課題番号
26285169
配分額
(総額)
16,900,000円
(直接経費)
13,000,000円
(間接経費)
3,900,000円

グローバル化する現代においては、日本でも海外でも早期離学が大きな問題となっている。本研究では子ども・若者の教育機会を保障する教育制度・行政の構築について、日本、韓国、フィンランド、デンマーク、カナダを主な対象国として国際比較調査を行った。日本やデンマーク・フィンランドの調査では、教育支援とともに福祉・ユースワーク等の支援が教育保障に重要であることが観察された。またフィンランドのJOPO、デンマークのコペンハーゲン市立青年学校、韓国の代案学校、日本の夜間中学校など、既存学校とは別の学びの場が発達しつつあった。総合的な支援行政の構築と代替的・補償的な学びの場の拡充が共通する動向として確認された。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-26285169/26285169seika.pdf