共同研究・競争的資金等の研究課題

2011年 - 2013年

包摂的な教育制度・行政システム構築に関する実証的研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 横井 敏郎
  • ,
  • 宮崎 隆志
  • ,
  • 安宅 仁人
  • ,
  • 伊藤 健治
  • ,
  • 横関 理恵

課題番号
23531036
配分額
(総額)
5,070,000円
(直接経費)
3,900,000円
(間接経費)
1,170,000円

不登校や高校中退など、社会の不安定化を背景に浮上してきている就学困難について、当事者や支援団体、自治体・学校への調査を通して、排除のプロセス、行政の体制、学びと発達の場の実践を分析し、包摂的な教育制度・行政システム構築のための課題と方策を検討した。自治体の中には教育行政と福祉行政等を包括する体制を作り、効果を示している例が見られた。高校中退者等を多く受け入れている高校の調査からは、人格的発達を基底に置いた教育実践の意義が見出された。包摂的な制度・行政システム構築には、包括的な行政体制を作り出すこと、公教育制度の境界線の内外に人格的発達を可能とする場を用意することが必要な要素となる。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-23531036/23531036seika.pdf