トランブレイ ジャサント

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/19 06:59
 
アバター
研究者氏名
トランブレイ ジャサント
eメール
jacynthe1616gmail.com
所属
南山大学
部署
南山宗教文化研究所

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
南山大学 宗教文化研究所 研究員
 
2005年
 - 
2006年
南山大学 宗教文化研究所 共同研究員
 
2004年
 - 
2006年
モントリオール大学 東アジア研究センター 共同研究員
 
1997年1月
 - 
1997年3月
東京大学 大学院文学研究科 研究員
 
1996年9月
 - 
1996年12月
EHESS (School of advanced studies in the social sciences at Prof. Augustin Berque’s invitation 研究者
 
1996年2月
 - 
1996年2月
東京大学 大学院文学研究科 研究員
 
1995年2月
 - 
1995年2月
東京大学 大学院文学研究科 研究員
 

学歴

 
1990年9月
 - 
1992年3月
東京大学 文学部哲学科 研究生 指導教官:坂部恵教授
 
1986年9月
 - 
1990年5月
モントリオール大学 神学部 院修士課程, Ph.D (宗教哲学)取得
 
1984年9月
 - 
1986年5月
モントリオール大学 神学部 院修士課程 神学修士取得
 
1981年9月
 - 
1984年5月
モントリオール大学  神学部 神学士取得
 

受賞

 
2018年10月
カナダ国芸術評議会 日本ーカナダ文学賞 書籍「私は場所である」
 
https://canadacouncil.ca/funding/prizes/canada-japan-literary-awards?_ga=2.214198487.114411364.1542913194-1614992662.1538269846
2016年10月
カナダ国研究評議会 学術出版物著者賞 書籍「私は場所である」
 
1990年6月
モントリオール大学神学部 最優秀論文賞(Ph.D) 百年記念
 
1986年6月
モントリオール大学神学部 最優秀論文賞(修士) 百年記念
 

論文

 
Karl Rahnerと西田幾多郎の一致:死の神学と歴史的身体
トランブレイ ジャサント
Tetsugaku   3    2019年   [査読有り]
トランブレイ ジャサント
European Journal of Japanese Philosophy   3 113-133   2018年   [査読有り]
西田の「一般者の自覚的体系」の翻訳-西田哲学の言語学的潜在性
トランブレイ ジャサント
西田哲学会年報   14 145-171   2017年   [査読有り]
トランブレイ ジャサント
Théologiques   23(1) 135-161   2015年   [査読有り][招待有り]
西田幾多郎 トランブレイ ジャサント訳
20(1-2) 105-148   2012年   [査読有り][招待有り]
トランブレイ ジャサント
12(1-2) 85-104   2012年   [査読有り][招待有り]
フランス語の題名:
トランブレイ ジャサント
12(1-2) 7-37   2012年   [査読有り][招待有り]
トランブレイ ジャサント
12(1-2) 365-383   2012年   [査読有り][招待有り]
トランブレイ ジャサント
17(2) 245-263   2009年   [査読有り]
トランブレイ ジャサント
17(1) 203-228   2009年   [査読有り]
トランブレイ ジャサント
64(2) 397-403   2008年6月   [査読有り][招待有り]
西田幾多郎 トランブレジャサント訳
64(2) 245-276   2008年6月   [査読有り][招待有り]
トランブレイ ジャサント
Laval Théologique et Philosophique   64(2) 405-454   2008年6月   [査読有り][招待有り]
トランブレイ ジャサント
Laval Théologique et Philosophique   64(2) 237-243   2008年6月   [査読有り][招待有り]
トランブレイ ジャサント
29 117-151   2004年   [査読有り]
西田幾多郎 トランブレイ ジャサント訳
97(1) 59-95   1999年   [査読有り][招待有り]
トランブレイ ジャサント
Revue Philosophique de Louvain   97(1) 30-56   1999年   [査読有り][招待有り]
トランブレイ ジャサント
Revue Philosophique de Louvain   97(1) 57-58   1999年   [査読有り][招待有り]
自覚の深化としての場所的論理
トランブレイ ジャサント
Études Phénoménologiques   (29-30) 161-186   1999年   [査読有り][招待有り]
soi
西田幾多郎 トランブレイ ジャサント訳
Ebisu   (18) 107-146   1998年   [査読有り]
西田幾多郎 トランブレイ ジャサント訳
(17) 129-140   1998年   [査読有り]
トランブレイ ジャサント
Ebisu   (18) 75-106   1998年   [査読有り][招待有り]
トランブレイ ジャサント
(17) 65-127   1998年   [査読有り][招待有り]
トランブレイ ジャサント
26(2) 1-12   1997年   [査読有り]
トランブレイ ジャサント
4(2) 63-82   1996年   [査読有り]
トランブレイ ジャサント
33(4) 595-610   1994年   [査読有り]
トランブレイ ジャサント
(56) 4-6   1992年   [査読有り][招待有り]
フランス語の題名: Le dialogue interreligieux : quelles logiques ?
Karl Rahnerにおける個物の問題
トランブレイ ジャサント
(17) 29-36   1990年   [査読有り]
先験主義の問題ープトレマイオスの世界観からコペルニクスの世界観まで
トランブレイ ジャサント
(12) 39-47   1989年   [査読有り]
考える手ー有の統一
トランブレイ ジャサント
(10) 63-71   1988年   [査読有り]

Misc

 
トランブレイ ジャサント
   2004年   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
一般者の自覚的体系
西田幾多郎 トランブレイ ジャサント訳 (担当:単訳, 範囲:哲学、認識学)
2017年   ISBN:978-1544788173
「ベルギーとカナダとフランスにおける現代日本哲学の講義と研究」, in (CHEUNG Ching yuen and LAM Kevin (eds.), Globalizing Japanese Philosophy as an Academic Discipline
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:哲学、西田研究)
2017年   ISBN:978-3847106906
私は場所である 単著
トランブレイ ジャサント
モントリオール大学出版社   2016年   ISBN:978-2-7606-3672-9
西田に於ける相互関係の場所としての環境, in Jacynthe TREMBLAY and Marie-Hélène Parizeau (dir.), Milieux modernes et reflets japonais. Chemins philosophiques
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:主観と世界との関係)
2015年   
現代環境と日本的映像
トランブレイ ジャサント (担当:共編者, 範囲:日本哲学、国際化)
2015年   ISBN:978-2-7637-2757-8
働くものから見るものへ
西田幾多郎 トランブレイ ジャサント訳 (担当:単訳, 範囲:哲学、認識論)
2015年   ISBN:978-2-7606-3458-9
フランス語の題名: De ce qui agit à ce qui voit
神学:京都学派の哲学者と神学
トランブレイ ジャサント (担当:編者, 範囲:哲学、京都学派)
2012年   ISBN:1188-7109
フランス語の題名: Les philosophes de l'École de Kyôto et la théologie
西田幾多郎の「場所的論理」と時間性における「包含的」言語の可能性 , in NOE Keiichi, LAM Wing-keung and CHEUNG Ching-yuen (eds.), 『日本哲学の多様性.21世紀の新たな対話をめざして』
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:場所的論理、時間性)
世界思想社   2012年   ISBN:978-4-7907-1579-5
本論文は、西田の場所的論理、および時間性の概念における彼の包含的言語について解析する。場所的論理は「包含的」構造を有する。最も簡潔な形にすると、より理解しやすくなる。それは、プラトンが着想した次の基本的言明から始まる:“「すべて 『有るもの』は何かに於てある」。プラトンの影響は、アウグスチヌスの現在と自己の準空間的性質のそれと同様、西田に彼自身の場所の概念を更に深く掘り下げ、時間に関する有名で古来のアポリアを独自の方法で再解釈することを可能にした。確かに、西田の時間性の概念は、場所的論理と...
西田の哲学的言語の自在性, in Agustin JACINTO-ZAVALA (ed.), Alternativas Filosoficas: Investigaciones recientes sobre Nishida Kitarō fundador de la Escuala de Kioto
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:西田の文体)
Morevallado Editores   2012年   ISBN:978- 607-424-258-4
スペン語の題名:La flexibilidad de la lengua filosófica de Nishida. Verbos envolventes y locuciones de lugar en la lógica del basho
Introduction, in Jacynthe TREMBLAY (ed.), Philosophes japonais contemporains
トランブレイ ジャサント (担当:編者, 範囲:現代日本哲学)
2010年   
同時代の日本の哲学者
トランブレイ ジャサント (担当:編者, 範囲:京都学派の哲学者)
2010年   ISBN:978-2-7606-2195-4
自己の時間性と時間化, in Jacynthe TREMBLAY (ed.), Philosophes japonais contemporains
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:場所的論理、時間性)
2010年   
場所の論理における西田幾多郎の言語と思考構造, in Raquel BOUSO GARCIA and James W. HEISIG (ed.), Frontiers of Japanese Philosophy 6. Confluences and Cross-Currents
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:西田の文体)
南山宗教文化研究所   2009年   ISBN:978-4-99044248-3-1
西田幾多郎の「包含的」言語のポテンシャル, in LAM Wing-keung and CHEUNG Ching-yuen (ed.), Frontiers of Japanese Philosophy 4. Facing the 21st Century
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:西田の文体)
南山宗教文化研究所   2009年   ISBN:B00O0FVNDO
時間性の隠れた側面ー西田から和辻まで, in Victor HORI and Melissa Anne-Marie CURLEY (ed.), Frontiers of Japanese Philosophy 2. Neglected Themes and Hidden Variations
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:京都学派の哲学、時間性)
南山宗教文化研究所   2008年   ISBN:978-4-99044248
無の哲学者
2008年   ISBN:978-2-204-08706-3
20世紀の日本の哲学
トランブレイ ジャサント (担当:編者, 範囲:日本哲学、国際化)
2008年   ISBN:0023-9054
西田哲学における哲学的手段としての自覚 単著
トランブレイ ジャサント
ハルマッタン   2007年   ISBN:978-2-296-03871-4
自覚と時間性:西田哲学による挑戦的な概念 単著
トランブレイ ジャサント
ハルマッタン   2007年   ISBN:978-2-296-03872-1
西田哲学入門 単著
トランブレイ ジャサント
ハルマッタン   2007年   ISBN:978-2-296-03873-8
フランス語圏における西田幾多郎研究―アプロ―チと展望, in James W. HEISIG (ed.), 『日本哲学の国際性―海外における受容と展望』
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:西田にかんする研究)
世界思想社   2006年   ISBN:4-7907-1179-X
ヨーロッパおよび北米のフランス語圏における西田幾多郎に関する研究は、そのアプロ-チの多様性によって特徴づけることができる。西田研究は80年代の終りまで殆どフランス語圏に存在しなかったが、その後徐々に、西田哲学は論文や仏訳を通じて研究対象となりつつある。小論は、その中から幾つかのアプロ-チを紹介することを目的とするが、フランス語圏の研究者たち による西田哲学に対する様々なアプロ-チを分類する試みと言うこともできる。
現在のアプローチと今後の研究, in James W. HEISIG (ed.), Japanese Philosophy Abroad
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:西田に関する研究)
南山宗教文化研究所   2004年   ISBN:978-1530164103
ヨーロッパおよび北米のフランス語圏における西田幾多郎に関する研究は、そのアプロ-チの多様性によって特徴づけることができる。西田研究は80年代の終りまで殆どフランス語圏に存在しなかったが、その後徐々に、西田哲学は論文や仏訳を通じて研究対象となりつつある。小論は、その中から幾つかのアプロ-チを紹介することを目的とするが、フランス語圏の研究者たち による西田哲学に対する様々なアプロ-チを分類する試みと言うこともできる。
Introduction de la traductrice, in NISHIDA Kitarō, L’Éveil à soi
トランブレイ ジャサント
2003年   
自覚
西田幾多郎 トランブレイ ジャサント訳 (担当:単訳, 範囲:翻訳した論文:「時間的なるもの及び、非時間的なるもの」、「自愛と他愛及び弁証法」、「私と汝」、「絶対矛盾的自己同一」、「自覚について」、「デカルト哲学について」)
2003年   ISBN:2-271-06185-7
場所的論理における自己の無化
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:場所的論理、主観性)
Ousia   2000年   ISBN:2-87-060-076-3
西田幾多郎-個物と一般者との関係 (単著と単訳)
トランブレイ ジャサント
2000年   ISBN:2-271-05705-1
場所の多様性ージェームス、漱石、西田, in Augustin BERQUE (ed.), Logique du lieu et dépassement de la modernité, volume 1: Nishida : la mouvance philosophique
嘉指信雄トランブレイ ジャサント訳 (担当:単訳, 範囲:哲学)
2000年   
関係性と場所:西田の関係性の哲学への入門 単著
トランブレイ ジャサント
2000年   ISBN:978-2921912594
西田の論理, in LE BLANC Charles and ROCHER Alain (ed.), Tradition et innovation en Chine et au Japon. Regards sur l’histoire intellectuelle
トランブレイ ジャサント (担当:共著, 範囲:西田の論理)
1996年   ISBN:2-7606-1677-0
有限性と生成ーKarl Rahnerにおける啓示の概念の哲学的基礎 単著
トランブレイ ジャサント
1992年   ISBN:2-7621-1579-5

講演・口頭発表等

 
トランブレイ ジャサント
2019年1月   
https://tvrogers.com/show?lid=12&rid=4&sid=2733&gid=306607
スピーチ・2018年の日本ーカナダ文学賞 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Ambassy of Japan, Ottawa   2018年12月14日   
トランブレイ ジャサント
Université libre de Bruxelles (grande bibliothèque du CIERL)   2018年12月7日   
西田幾多郎に於ける言語学的選択の哲学的結果 「である」という繋辞の事例 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
京都、フランス翻訳学学会(SoFT)、シンポジウム「日仏翻訳学研究」第4回研究会「文学における『生命感』をいかに翻訳すべきか」   2018年11月15日   
術の中に道を見出し―西田の迷へる自己 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
北海道夕張稽古会   2018年4月14日   
西田中期哲学の構造ー相補的記述の方法 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
日本思想史勉強会   2018年1月24日   
西田と量子物理学ー即と補足性
トランブレイ ジャサント
European Network of Japanese Philosophy, Paris   2017年11月4日   
近代物理学の観点から西田の基本的な概念 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
日本哲学研究会, Inalco, Paris   2017年10月28日   
西田哲学の核心を理解する-三つのアプローチ [招待有り]
トランブレイ ジャサント
宗教文化研究所、南山大学   2017年10月2日   
Karl Rahnerと西田幾多郎との一致―死の哲学と歴史的身体 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
CFP: Between the Visible and the Invisible,Tōkyō Institute for Advanced Studies on Asia, University of Tōkyō   2017年7月3日   
西田哲学に近代物理学が及ぼした影響 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
元始会、北海道大学   2017年6月7日   
世界の中の意識ー西田と真の自己 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
2017年5月13日   
相互補足性―心身問題における西田幾多郎とニールス・ボーア [招待有り]
トランブレイ ジャサント
2017年1月23日   
『一般者の自覚的体系』西田が利用した言文一致 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
九州大学   2016年10月7日   
西田の『一般者の自覚的体系』の翻訳ー構文解析
トランブレイ ジャサント
西田哲学会 第14回年次大会、明治大学   2016年7月24日   
動物性と人間性ー西田における動物論理の基礎 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
北海道大学   2015年12月17日   
絶対他者としての動物 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
モントリオール大学   2015年11月31日   
明治時代の代表知人としての西田 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
北海道国際学校   2015年4月29日   
人間存在の重心としての身体ー個人とその環境 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
北海道大学   2014年12月19日   
西田の生涯と根本的な概念 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Curitiba, Universidade Federal do Parana   2014年11月14日   
西田の哲学思想と文体との関係 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Londrina, Universidade Estadual de Londrina   2014年11月12日   
西田哲学における科学の影響ー数学と物理学 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Londrina, Universidade Estadual de Londrina   2014年11月11日   
西田の生涯と根本的な概念 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Londrina, Universidade Estadual de Londrina   2014年11月10日   
西田に於ける矛盾的自己同一の概念 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Campinas, UNICAMP – Universidade Estadual de Campinas   2014年11月7日   
西田に於ける関係性の論理 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Campinas, UNICAMP – Universidade Estadual de Campinas   2014年11月6日   
西田哲学における科学の影響ー数学と物理学 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Campinas, UNICAMP – Universidade Estadual de Campinas   2014年11月5日   
西田に於ける時間性の分析 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Campinas, UNICAMP – Universidade Estadual de Campinas   2014年11月4日   
西田の生涯と根本的な概念 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Campinas, UNICAMP – Universidade Estadual de Campinas   2014年11月3日   
西田の彼自身の論理に関する散乱した言葉
トランブレイ ジャサント
西田哲学会 第12回年次大会   2014年7月20日   
西田における相互関係の場所としての環境 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
ㇻバル大学, Québec, Canada   2012年10月12日   
場所の論理における西田幾多郎の言語と思考構造 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Barcelona, Universitat Pompeu Fabra   2009年6月3日   
西田幾多郎の「包含的」言語のポテンシャル [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Hong Kong, Institute of Education   2008年12月13日   
アジア太平洋ネットワークの哲学的ワークショップについて [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Paris, Maison des Sciences de l’Homme   2008年6月26日   
インターフェイス [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Paris, Third Congress of Asia and Pacific Network   2007年9月27日   
西田と音楽的美術 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Paris, Third Congress of Asia and Pacific Network   2007年9月27日   
時間性の隠れた側面ー西田から和辻まで [招待有り]
トランブレイ ジャサント
McGill University   2007年3月9日   
コギトから自覚までーアウグスティヌスとデカルトとの西田の対話 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
University of Montreal, Symposium “Philosophie japonaise moderne   2005年10月15日   
近代日本の哲学者ー西洋哲学との出会い [招待有り]
トランブレイ ジャサント
University of Montreal, Symposium “Philosophie japonaise moderne”   2005年10月14日   
西田幾多郎の最後の哲学的論文 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Paris, Second Congress of Réseau Asie   2005年9月28日   
フランス語での西田 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Nanzan Symposium 12: “Redefining Philosophy   2004年6月7日   
ケベックにおける社会の未来 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Daitō Bunka University   2004年1月20日   
時間性と自己の時間化―西田とアウグスチヌスとの対話 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
第13回研究会, Center of Excellence, 京都大学, http://www.hmn.bun.kyoto-u.ac.jp/dialog/act13_tremblay.html   2004年   
他者との関係から学ぶ―ケベックと日本との異文化性 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Meiji University   2003年10月10日   
場所的論理における自己の無化 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Paris, symposium “Logique du lieu et dépassement de la modernité   1997年10月24日   
西田における人間関係の概念 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Paris, EHESS   1996年12月   
西田における個物と一般者との関係 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
Paris, EHESS   1996年10月   
絶対矛盾的自己同一の論理 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
University of Quebec in Rimouski   1994年6月   
西田の論理 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
University of Montreal   1992年9月   
異文化の問題 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
University of Sherbrooke   1992年5月   
Rahnerの遺産 [招待有り]
トランブレイ ジャサント
University of Montreal   1990年2月   

競争的資金等の研究課題

 
科研費 
Scientific Research Grant from the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS): 
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: トランブレイ ジャサント
Subvention obtained for the realization of the symposium “From Nature to Technology: Aspects of Contemporary Japanese Thought and Philosophy” (Quebec, Laval University)
Japan Foundation: Grant Program for Intellectual Exchange Conferences
研究期間: 2012年10月 - 2012年10月    代表者: トランブレイ ジャサント
Subvention obtained for the realization of the symposium “Envisioning Japanese and Chinese Philosophical Potentials in the 21st Century” (Hong Kong, Institute of Education)
Japan Foundation: Grant Program for Intellectual Exchange Conferences
研究期間: 2008年12月 - 2008年12月    代表者: トランブレイ ジャサント
Grant for the Project "Contemporary Japanese Philosophy"
Centre national du livre (CNL) (France): 
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: トランブレイ ジャサント
Subvention obtained for the realization of the symposium “Modern Japanese Philosophy” (University of Montreal
Japan Foundation: Grant Program for Intellectual Exchange Conferences
研究期間: 2005年10月 - 2005年10月    代表者: トランブレイ ジャサント
Research Grant
外務省: 
研究期間: 1997年1月 - 1997年3月    代表者: トランブレイ ジャサント
Research Grant
Franco-Quebec Interuniversity Cooperation Center: 
研究期間: 1996年9月 - 1996年12月    代表者: トランブレイ ジャサント
CNRS National Center for Scientific Research (France): 
研究期間: 1996年9月 - 1996年12月    代表者: トランブレイ ジャサント
Post-doctoral Research Grant
文部省: 
研究期間: 1990年6月 - 1992年3月    代表者: トランブレイ ジャサント
研究期間: 1986年9月 - 1990年5月    代表者: トランブレイ ジャサント
FCAR (FQRNT): 
研究期間: 1984年9月 - 1986年5月    代表者: トランブレイ ジャサント