宋財泫

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/11 16:01
 
アバター
研究者氏名
宋財泫
 
ソン ジェヒョン
ハンドル
Song Jaehyun
eメール
tintstylegmail.com
URL
http://www.jaysong.net
所属
早稲田大学
部署
高等研究所
職名
講師
学位
学士(法学)(慶應義塾大学), 修士(政治学)(神戸大学), 博士(政治学)(神戸大学)
科研費研究者番号
70822617

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
早稲田大学 高等研究所 講師
 
2019年4月
 - 
現在
早稲田大学 データ科学総合研究教育センター 兼任センター員
 
2019年4月
 - 
現在
関西大学 経済・政治研究所 委嘱研究員
 
2018年10月
 - 
2019年3月
関西大学 法学部 非常勤講師
 
2018年10月
 - 
2019年3月
関西大学 政策創造学部 非常勤講師
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
神戸大学 法学研究科 
 
2012年4月
 - 
2015年3月
神戸大学 法学研究科 
 
2006年4月
 - 
2012年3月
慶應義塾大学 法学部 政治学科
 

委員歴

 
2019年6月
 - 
現在
日本政治学会  年報編集委員 (2020-I号)
 
2016年1月
 - 
2016年12月
神戸大学政治学研究会  幹事
 
2015年6月
 - 
2017年6月
神戸大学大学院法学研究会  六甲台論集 編集委員長
 
2008年1月
 - 
2008年12月
慶應義塾大学第73代韓国人留学生会  会長
 

受賞

 
2019年7月
日本選挙学会 優秀ポスター発表賞 伸縮争点空間と争点投票モデルの統合
 

論文

 
Sohei Shigemura, Jaehyun Song, Keisuke Tani, and Yuki Yanai
Japanese Political Science Review   4 117-143   2018年10月   [査読有り]
In this paper we propose a new role-playing game to teach the effects of electoral systems on politicians’ preferences and behavior. Because the electoral system is of great importance as a cause of various political outcomes, we political scienti...
争点空間の歪みと有権者の選択: 伸縮近接性モデルによる争点投票理論の統合
宋財泫
神戸大学      2018年3月   [査読有り]
宋財泫
エストレーラ   278 10-17   2017年5月   [招待有り]
宋財泫・品田裕
選挙時報   64(11) 31-39   2016年11月   [招待有り]
宋財泫・品田裕
選挙時報   64(10) 40-50   2016年10月   [招待有り]

書籍等出版物

 
たのしいベイズモデリング2: 事例で拓く研究のフロンティア
宋財泫・矢内勇生 (担当:分担執筆, 範囲:え!そっちに入れるんですか?ー伸縮する政策空間における有権者の投票行動モデリング)
北大路書房   2019年11月   ISBN:9784762830839
Reconstruction of the Public Sphere in the Socially Mediated Age
Masaki Hata, Jaehyun Song, and Yutaka Shinada (担当:分担執筆, 範囲:Has the 3.11 Disaster Brought About Conservatism in Japan?)
Springer   2017年11月   ISBN:9789811061370

講演・口頭発表等

 
争点を束ねれば「イデオロギー」になる?:サーベイ実験とテキスト分析の融合を通じて
秦正樹・Song Jaehyun
日本政治学会   2019年10月6日   
Multi-Level Electoral Systems and Pork-barrel politics: The Case of Japan’s LDP Politicians [招待有り]
Daisuke Hakiai and Jaehyun Song
Workshop on “Multifaceted Values in Multilevel Contexts”   2019年9月20日   
Buying Votes across Borders? A Survey Experiment on Mexican Immigrants in the US
Yuriko Takahashi, Takeshi Iida, Jaehyun Song, and Jesus Tovar
American Political Science Association Annual Meeting   2019年8月30日   
定量的選挙研究における結果の解釈をめぐる問題
矢内勇生・Song Jaehyun
日本選挙学会   2019年7月13日   
Multi-Level Electoral Systems and Porkbarrel politics: The Case of Japan’s LDP Politicians
Daisuke Hakiai and Jaehyun Song
Conference for ”Values in European and Japanese politics”   2019年2月   

担当経験のある科目

 

Works

 
宋財泫   コンピュータソフト   2019年5月
宋財泫   コンピュータソフト   2019年1月
宋財泫   コンピュータソフト   2015年4月 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
争点空間の認知における歪みがもたらす政治的帰結と歪みの是正に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費(若手研究)
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 宋財泫
日本における選挙研究の統合:メタ分析による研究成果の統一とデータベースの構築
日本学術振興会: 科学研究費(挑戦的研究 (萌芽))
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 矢内勇生
有権者の認知レベルにおける争点空間の歪みがもたらす政治的帰結に関する研究
ヒロセ国際奨学財団: 研究助成
研究期間: 2018年12月 - 2021年3月    代表者: 宋財泫
争点空間の認知における歪みがもたらす政治的帰結の研究
早稲田大学: 特定課題(新任の教員等)
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 宋財泫
政策中心型民主主義における選挙公約の役割:有権者の政治リテラシー向上へ向けて
日本学術振興会: 科学研究費(特別研究員奨励費)
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 宋財泫