共同研究・競争的資金等の研究課題

2014年4月 - 2016年3月

戦争と教科書―朝鮮戦争期における『戦時教材』シリーズを中心に―

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 朴 貞蘭

課題番号
26780487
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
1,560,000円
(直接経費)
1,200,000円
(間接経費)
360,000円

本研究は、朝鮮戦争期韓国の『戦時教材』シリーズを発掘したものである。
『戦時教材』シリーズは、避難地学生に無償に供給することで国家主義を貫徹させる主要な読本であったが、敵と同士という二分法に頼り、冷戦的反共主義を全面的に拡大させ、これを通してアメリカで代表される自由民主主義陣営に対する過度なる憧れを内面化させる戦略的出版の一つであった。また、大人に比べ比較的に特定なイデオロギーに偏りやすい子どもを対象に、戦後国民成形を目標とした国家主導の媒体であったことがわかる。当時、戦時教育が目指していた国家主義の実像と志向を具体的に把握できる有効なテキストがまさに戦時教材である。

リンク情報
論文
建国期韓国における教科書研究 : 国語科教科書・戦時教材を中心に
講演・口頭発表等
朝鮮戦争期における戦時教材研究―初等学校の『戦時生活』シリーズを中心に―
講演・口頭発表等
朝鮮戦争期における戦時教材研究―初等学校の『戦時生活』シリーズを中心に―
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-26780487/26780487seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 26780487
  • 論文の業績ID : 32421524
  • 講演・口頭発表等の業績ID : 32423130
  • 講演・口頭発表等の業績ID : 32423142