Profile Information

Affiliation
Okayama University Graduate School of Natural Science and Technology Senior Assistant Professor
(Concurrent) Department of Computer Science, Division of Industrial Innovation Sciences, Graduate School of Natural Science and Technology, Okayama University Senior Assistant Professor
Degree
Doctor of Engineering(Tohoku University)
東北大学大学院情報工学修士(東北大学)
東北大学理学士(東北大学)

Other name(s) (e.g. nickname)
jimbo-s
J-GLOBAL ID
200901076773440411

External link

下記のような研究に取り組んでいます。

(基礎研究) オイラー・グラフのオイラー回帰長に関する研究。グラフのオイラー回路とは,すべての辺を丁度1 回ずつ通る閉じた歩道のことであり,オイラー回路をもつグラフをオイラー・グラフと呼ぶ.オイラー・グラフに対して,オイラー回路の中で最短部分閉路の長さが最大となるものの最短部分閉路の長さをそのオイラー・グラフのオイラー回帰長と呼ぶ.完全グラフや完全2部グラフのような特定のグラフのクラスに対するオイラー回帰長の評価,および,一般的なグラフのクラスについてオイラー回帰長を求める問題の計算量の解析についての研究に取り組んできたが、現在完全グラフのオイラー回帰長の決定問題に特に興味をもっている。

(応用研究) ペンタゴは,商品として販売されている二人零和有限確定完全情報ゲームであり,正方形のマスが 6 x 6 に配置された盤を使う五目並べを拡張したものである。ペンタゴは,Geoffrey Irving 氏により2014年に完全解析が完了し,解析結果のデータの一部が公開されている。本研究は,完全解析結果を訓練データとしたニューラルネットワークを使った機械学習により AI にペンタゴの局面の高い形勢判断能力を獲得させる試みを通して,より複雑なゲームAIの能力向上の可能性と限界を見積ることを目標としている。

Research Areas

  1

Papers

  13

Misc.

  161

Books and Other Publications

  1

Presentations

  39

Research Projects

  2