土居裕和

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/02 18:58
 
アバター
研究者氏名
土居裕和
 
ドイ ヒロカズ
eメール
doi-hnagasaki-u.ac.jp
URL
http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/physlgy2/member5.html
所属
長崎大学
部署
医歯薬学総合研究科
職名
講師

プロフィール

1980年徳島県生まれ。心理物理学実験・脳機能計測を併用して、社会性認知のメカニズム及びその発達過程を検証しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 講師
 
2006年4月
 - 
2011年
長崎大学 医歯薬学総合研究科 助教
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2006年3月
東京大学大学院総合文化研究科  
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東京大学大学院情報学環・学際情報学府  
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京大学理学部生物科学科(人類学講座)  
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京大学理科Ⅰ類  
 

受賞

 
2013年6月
11th World Congress of Biological Psychiatry WFSBP 2013 Young Investigator Award for Best Poster
 
2012年5月
公益財団法人 発達科学研究教育センター 平成24年度 発達科学研究教育奨励賞
 

論文

 
2nd to 4th digit ratio (2D:4D) but not salivary testosterone concentration is associated with the overall pattern of color preference in females
Doi H, Shinohara K
Personality and Individual Differences   135 45-50   2018年7月   [査読有り]
fNIRS reveals enhanced brain activation to female (versus male) infant directed speech (relative to adult directed speech) in Young Human Infants
Sulpizio S, Doi H, Bornstein MH, Cui J, Esposito G, Shinohara K.
Infant Behavior and Development   52 89-96   2018年6月   [査読有り]
Association between single nucleotide polymorphisms in Estrogen Receptor 1/2 genes and Symptomatic Severity of Autism Spectrum Disorder.
Doi H, Fujisawa T, Iwanaga R, Matsuzaki J, Kawasaki C, Tochigi M, Sasaki T, Kato M, Shinohara K
Research in Developmental Disabilities      2018年3月   [査読有り]
Negative correlation between salivary testosterone concentration and preference for sophisticated music in males.
Doi, H, Basadonne I, Venuti P, Shinohara K
Personality and Individual Differences      2018年1月   [査読有り]
Discriminating between Mothers’ Infant- and Adult-Directed Speech: Cross-Linguistic Generalizability from Japanese to Italian and German
Sulpizio S, Kuroda K, Dalsasso D, Asakawa T, Bornstein MH, Doi H, Esposito G, Shinohara K
Neuroscience Research      2017年11月   [査読有り]
恋愛・結婚の心理・神経生物学
土居裕和、篠原一之
映像情報メディア学会誌   71(5) 630-633   2017年9月   [招待有り]
注意の生理学的指標とその社会性認知研究への 応用
土居裕和、篠原一之
Clinical Neuroscience   35 971-975   2017年8月   [招待有り]
Biological Responsiveness in Observing Sexual Attractiveness of Woman
Yonezawa, T., Yamamoto, S., Doi, H., Shinohara, K., Tsumura, N.
IEEE 3rd International Conference on Multimedia Big Data, BigMM 2017   7966748 226-231   2017年4月   [査読有り]
Biological Principles of Human Attractiveness Perception
Doi H
Proceedings - 2017 IEEE 3rd International Conference on Multimedia Big Data, BigMM 2017   7966746 217-219   2017年4月   [査読有り]
Association between COMT Val158Met polymorphism and competition results of competitive swimmers
Abe Y, Doi H, Asai T, Kimura M, Wada T, Takahashi Y, Matsumoto T, Shinohara K.
Journal of Sports Sciences      2017年3月   [査読有り]

Misc

 
The higher your testosterone levels, the more you love soft rock
Jessica Hamzelou
New Scientist DAILY NEWS 18 January 2018      2018年1月
2017 Publons Peer Review Awards
土居裕和
   2018年1月
Paradoxical relationship between salivary oxytocin concentration and aesthetic preference for drawings-A preliminary study
Doi H, Shinohara K
Conference Proceedings The 33rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2017)   280-282   2017年10月   [査読有り]
肌質感に基づく魅力認知の神経基盤
土居裕和、津村徳道、篠原一之
日本顔学会誌   17(1) 30-30   2017年9月
Men with high salivary testosterone level show decreased preference for sophisticated music
Hirokazu Doi, Ilaria Basadonne, Paola Venuti, Kazuyuki Shinohara
Proceedings of the 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music   172-172   2017年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
『専門医のための精神科リュミエール』4巻・精神疾患における睡眠障害の対応と治療
土居裕和、篠原一之 (担当:共著, 範囲:女性の睡眠と概日リズム)
2009年   

講演・口頭発表等

 
Temporal Course of Neural Processing during Skin Color Perception: An Event-related Potential Study
Doi H, Tsumura N, Shinohara K.
ACM International Conference on Multimedia Retrieval - ICMR 2018 INTERNATIONAL JOINT WORKSHOP ON MULTIMEDIA ARTWORKS ANALYSIS AND ATTRACTIVENESS COMPUTING IN MULTIMEDIA 2018   2018年6月11日   
非接触感情・情動データ計測は社会性研究に 何をもたらすか? (感情・情動イメージングの革新と応用) [招待有り]
土居裕和
Optics & Photonics in Japan (日本光学会年次学術講演会)   2017年11月1日   
Paradoxical relationship between salivary oxytocin concentration and aesthetic preference for drawings-A preliminary study
Doi H, Shinohara K
The 33rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2017)   2017年10月24日   
行動科学における情動・感情ビッグデータの重要性 [招待有り]
土居裕和
滋賀大学データサイエンスセミナ―   2017年10月20日   
Association between single nucleotide polymorphisms in estrogen receptor genes and severity of autism spectrum disorder
Doi H, Fujisawa T, Iwanaga R, Matsuzaki J, Kawasaki C, Tochigi M, Sasaki T, Kato M, Shinohara K
International Autism Conference Tokyo 2017   2017年10月15日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
情動と資産価格の短期変動:セロトニントランスポーター遺伝子の分布特性に着目して
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤B)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 須齋 正幸
生体・表現情報に基づく青年期発達指数の定量化及び区分化
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 山本昇志
神経生物学的アプローチによる「自己顔認知能力」発達過程の包括的解明
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤(C)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 土居裕和
非接触情動計測による個性創発イメージングとそのASD医療支援システムへの応用
公益財団法人 ファイザーヘルスリサーチ振興財団: 国内共同研究助成
研究期間: 2017年12月 - 2018年11月    代表者: 津村徳道
国際級スポーツ選手の心理的能力を規定する生物学的基盤の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 松本高明
オキシトシンと恐怖症重症度との関連性についての行動遺伝学的研究
公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団: 第31回基礎医学医療研究助成金
研究期間: 2016年10月 - 2017年9月    代表者: 土居裕和
音楽の「好み」の個人差に関する行動遺伝学的研究
花王 芸術・科学財団: 音楽の研究 平成28年度助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 土居裕和
ASD社会性機能障害発症機序における「環境x遺伝子相互作用」の解明
科学技術振興機構: 科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 土居裕和
肌質感処理に基づく異性魅力評価メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 土居裕和
医師-患者間「感性コミュニケーション」支援による歯科恐怖軽減法の開発
長崎大学: 平成25年度 医歯薬学総合研究科 融合型研究促進事業
研究期間: 2013年11月 - 2014年3月    代表者: 土居裕和