吉川 次郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/14 14:51
 
アバター
研究者氏名
吉川 次郎
 
キッカワ ジロウ
ハンドル
jir_o
eメール
jiroslis.tsukuba.ac.jp
URL
http://26.hatenablog.jp/
所属
筑波大学
部署
図書館情報メディア研究科
職名
博士後期課程
学位
修士(図書館情報学)(筑波大学)
その他の所属
国立情報学研究所
ORCID ID
0000-0001-7258-7099

研究分野

 
 

経歴

 
2015年11月
 - 
現在
国立情報学研究所 特別共同利用研究員
 
2016年6月
 - 
2017年1月
筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 リサーチアシスタント (RA)
 
2016年11月
 - 
2016年12月
筑波大学 ティーチング・アシスタント (TA, 知識情報演習III)
 
2017年4月
 - 
2017年4月
筑波大学 ティーチング・フェロー (TF, ディジタルドキュメント)
 
2017年7月
 - 
2018年3月
筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 リサーチアシスタント (RA)
 

学歴

 
2016年4月
 - 
現在
筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 博士後期課程
 
2014年4月
 - 
2016年3月
筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 博士前期課程
 
2010年4月
 - 
2014年3月
静岡大学 情報学部 情報社会学科
 

委員歴

 
 
 - 
現在
Code4Lib JAPAN Conference  実行委員
 

論文

 
吉川次郎, 高久雅生, 芳鐘冬樹
Lecture Notes in Computer Science (LNCS)   10075 369-380   2016年   [査読有り]
In this paper, we analyzed Digital Object Identifier (DOI) links among English, Japanese, and Chinese Wikipedias (hereafter, enwiki, jawiki, and zhwiki, respectively), which possibly work as a bridge between the Web users and scholarly information...

Misc

 
吉川 次郎
カレントアウェアネス-E(E1721)   (290)    2015年10月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
吉川次郎, 高久雅生
第22回情報知識学フォーラム「オープンサイエンスの障壁への挑戦」   2017年12月2日   情報知識学会
(予稿掲載ページ数は、p.329-336)
本研究では,2015年,2016年,2017年3月時点の日本語版,英語版,中国語版WikipediaにおけるDOIリンクを対象に,経年変化に着目した分析を行なった.
結果,(1) 各言語版におけるDOIリンクの件数は経年的に増加していること,(2) 各言語版において独自に参照されているDOIリンクは経年的に増加していること, (3) 日本の学術情報の参照記述は,他の言語版に比べて,日本語版において多いこと,(4) 日本の学術情報の参照記述は,各言...
吉川 次郎
WikiCite 2017   2017年5月23日   
https://meta.wikimedia.org/wiki/WikiCite_2017
吉川 次郎
筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 大学院説明会(2017)   2017年4月1日   筑波大学大学院図書館情報メディア研究科
吉川 次郎
ジャパンリンクセンター「対話・共創の場(第3回)」(【第二部】DOI活用事例の紹介)   2017年3月27日   ジャパンリンクセンター(JapanLinkCenter)
ジャパンリンクセンターでは、これまで「対話・共創の場」を2回開催してまいりました。第1回は「機関リポジトリのコンテンツへのDOI登録」、第2回は「研究データへのDOI登録」をテーマに開催し、大きな成果を得ました。
今回の「対話・共創の場」(第3回)は、「DOIの活用 ~ストラテジーの実現に向けて~」をテーマに開催します。平成29年3月でJaLC設立から5年が経過し、DOIの登録は着実に進んでいるため、今後はDOI登録後の活用についても検討を進めていく必要があります。 このような状況下、今年...
吉川 次郎
図書館における識別子に関する現状調査に関する意見聴取会   2017年2月9日   国立国会図書館
吉川次郎, 高久雅生, 芳鐘冬樹
ICADL2016 (the 18th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries)   2016年12月9日   
吉川 次郎
筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 大学院説明会(2016)   2016年10月5日   筑波大学大学院図書館情報メディア研究科
Duplicates of DOI Links among English, Japanese and Chinese Wikipedia
吉川次郎, 高久雅生
Tsukuba Global Science Week(TGSW) 2016: International Conference on Media Usage and Cross-cultural Communication under the Digital Era   2016年9月19日   
We analyzed Digital Object Identifier (DOI) links among English, Japanese, and Chinese Wikipedia (hereafter, enwiki, jawiki, and zhwiki, respectively), that possibly work as a bridge between the web users and scholarly information. Most of DOI lin...
吉川次郎
Code4Lib JAPANカンファレンス2016   2016年9月11日   Code4Lib JAPAN
近年、論文や研究データなどの多様な学術情報を扱う上で、DOI(Digital Object Identifier、デジタルオブジェクト識別子)がますます重要なものとなっている。日本国内の動向として、JaLC(Japan Link Center)における「研究データ利活用協議会」の発足など、DOI登録のみならず、その利活用を志向する段階に移行しつつあると言える。
しかし、研究者や図書館関係者にとって、あるいは、学術情報流通やウェブに関心をもつ人々にとって、DOIは「謎のハイパーリンク(あるい...
常川真央, 吉川次郎
Code4Lib JAPANカンファレンス2016   2016年9月10日   Code4Lib JAPAN
本発表ではオンライン配信番組「図書館情報学チャンネル」の企画運営を通じて開発した番組プログラム編成支援システムを紹介する。図書館情報学チャンネルは、技術系の図書館情報学コミュニティ「Project Lie」が毎週1回配信しており、2010年から現在に至るまで6年間に及ぶ長寿オンライン配信番組である。内容としてはその週に起こった図書館情報学に関するニュースを紹介するという体裁をとっている。これまで番組プログラムはProject Lieメンバーの1人が作成する体制であったが、番組制作の負荷が集...
吉川次郎, 高久雅生, 加藤文彦, 大向一輝, 武田英明
第39回 人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会   2016年9月5日   人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会
In this paper, the authors have attempted to build a dataset of scholarly information on Wikipedia as Linked Open Data. As a data model, we refer to "DBpedia citations & references challenge", hereafter DBpedia method.
We extracted scholarly info...
2ちゃんねるにおけるスレッドの炎上の発生と収束
武田拓也, 山本通正, 吉川次郎, 芳鐘冬樹
FIT2016 第15回情報科学技術フォーラム   2016年9月   
吉川次郎, 高久雅生
情報メディア学会第15回研究大会   2016年6月25日   情報メディア学会
(予稿集掲載ページはp.39-42.)
あらまし: Wikipediaにおける日本国内の学術情報の参照について、研究分野および言語版ごとの特徴や差異を明らかにするため、日本語版、英語版、中国語版におけるJ-STAGEコンテンツの参照状況の分析を行った。結果、研究分野は生命科学分野の割合が共通して高く、日本語版は理学・工学分野の割合が他言語版に比べて高いこと、日本語版は和文誌や英和混在誌が多いのに対し、英語版および中国語版では英文誌が多いことが分かった。
吉川 次郎
筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 大学院説明会(2016)   2016年6月1日   筑波大学大学院図書館情報メディア研究科
吉川次郎, 高久雅生, 武田英明, 逸村裕
三田図書館・情報学会 2015年度研究大会   2015年11月14日   三田図書館・情報学会
掲載ページはp.17-20
吉川 次郎
筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 大学院説明会(2015)   2015年10月3日   筑波大学大学院図書館情報メディア研究科
吉川 次郎
Code4Lib JAPANカンファレンス2015   2015年9月6日   Code4Lib JAPAN
機関リポジトリは学術情報流通基盤として重要な存在である。特に、平成25年4月の学位規則改定による博士論文のインターネット公表を背景に、今後ますます重要性が拡大することが予想されるほか、朝日新聞社刊行の「大学ランキング」において機関リポジトリランキングが掲載されるなど、機関リポジトリに対する社会的な認知の広がりや、機関リポジトリを大学に対する評価に用いる動きが見られる。したがって、機関リポジトリは学術情報流通基盤であると同時に、社会への情報発信や宣伝としての機能を果たしうる存在であると言える...
吉川次郎, 佐藤翔, 高久雅生, 逸村裕
第14回情報メディア学会研究大会   2015年6月27日   情報メディア学会
日本語版WikipediaにおけるDOIリンクが記述された経緯を明らかにするため、英語版Wikipediaの翻訳項目の特定およびそこに含まれるDOIリンクの分析を行った。その結果、DOIリンクが記述されている日本語版の約94%の項目が言語間リンクをもっていること、また、それらの項目間での共通のDOIリンクは、英語版の翻訳を通じて日本語版に記述されたものが大部分を占めることを示唆する結果が得られた。
http://www.jsims.jp/kenkyu-taikai/yokoku/14.html
吉川次郎, 高久雅生, 逸村裕
第23回情報知識学会年次大会   2015年5月24日   情報知識学会
本研究では,日本語版Wikipediaに含まれるDOIリンクの予備的分析を行った.2015年3月時点での日本語版Wikipediaには28,546件のDOIリンクがあり,そのうち標準名前空間ページに含まれる27,201件について,DOI登録機関はCrossRefが97%,JaLCが2%であった.日本国外の大手出版社が多く,雑誌タイトルレベルでは,Nature,Science,PNASなどの自然科学分野の有力誌が多く含まれていた.また,日本国内の出版者のDOIリンクが含まれていた.
http...
吉川 次郎
筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 大学院説明会(2015)   2015年5月9日   筑波大学大学院図書館情報メディア研究科
吉川 次郎
筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 大学院説明会(2015)   2015年4月4日   筑波大学大学院図書館情報メディア研究科

社会貢献活動

 
【運営参加・支援】  2016年10月16日 - 2016年10月19日
The 15th International Semantic Web Conference (ISWC2016)のスタッフとして運営の補助業務を行った
【出演】  Project Lie  図書館情報学チャンネル  2016年7月19日
図書館情報学 (Library and Information Science) を工学的な領域 (Library and Information Engineering) へ変えることを目標としたプロジェクトのメンバーとして活動している。具体的には、図書館情報学チャンネル (http://lis-channel.hatenablog.com/) に(不定期的に)出演している。