實木 亨

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/05 17:05
 
アバター
研究者氏名
實木 亨
URL
http://neurosci.med.yokohama-cu.ac.jp/2.html
所属
横浜市立大学
部署
医学部 生理学
職名
助教
学位
博士(医学)(横浜市立大学)

プロフィール

私はこれまでに中枢神経において失われた機能を代償する機構について着目をし、研究を行ってきました。脳は加齢に伴った生理的萎縮による神経細胞の脱落、または認知症や脳梗塞などの脳・神経疾患における神経細胞の脱落が観察されます。どちらも共通するイベントとしては神経細胞の脱落が起こりますが、一方は残存する神経細胞が新たな役割を担うことで機能を補い、もう一方ではそのような代償機能が働かないまま疾患へと繋がっていきます。この違いには様々な要因が示唆されますが、未だにその機構は明らかではありません。そこで、私は脳の代償機能を解明する上で神経シナプス伝達の中心的な役割を果たすグルタミン酸型受容体であるAMPA型受容体の動態に着目しています。
また、このような状況に応じて書き換わる脳機能の書き換えのメカニズムについて解明できればと考えております。

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2009年3月
横浜市立大学大学院 医学研究科 
 
 
 - 
2003年3月
北里大学 医療衛生学部 
 

受賞

 
2012年5月
横浜市立大学医学会 医学研究奨励賞
 
2011年8月
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 若手優秀発表賞
 

論文

 
Hiroki Abe#, Susumu Jitsuki#, Waki Nakajima#, Yumi Murata#, Aoi Jitsuki-Takahashi, Yuki Katsuno, Hirobumi Tada, Akane Sano, Kumiko Suyama, Nobuyuki Mochizuki, Takashi Komori, Hitoshi Masuyama, Tomohiro Okuda, Yoshio Goshima, Noriyuki Higo, Takuya Takahashi. (#equal contribution)
Science   360(6384) 50-57   2018年4月   [査読有り]
Tada H, Miyazaki T, Takemoto K, Jitsuki S, Nakajima W, Koide M, Yamamoto N, Taguchi A, Kawai H, Komiya K, Suyama K, Abe H, Sano A, Takahashi T
Scientific reports   7(1) 8471   2017年8月   [査読有り]
Tada H, Miyazaki T, Takemoto K, Takase K, Jitsuki S, Nakajima W, Koide M, Yamamoto N, Komiya K, Suyama K, Sano A, Taguchi A, Takahashi T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America      2016年10月   [査読有り]
Nakajima W#, Jitsuki S#, Sano A, Takahashi T (#equal contribution) 
PLoS ONE   11(2)    2016年   [査読有り]
Jitsuki S, Nakajima W, Takemoto K, Sano A, Tada H, Takahashi-Jitsuki A, Takahashi T
Cerebral Cortex   26(1) 427-439   2016年1月   [査読有り]

担当経験のある科目