Jun Kako

J-GLOBAL         Last updated: Oct 16, 2019 at 12:10
 
Avatar
Name
Jun Kako
Affiliation
Hiroshima University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kako J, Kajiwara K, Kobayashi M, Oosono Y
Journal of pain and symptom management      Oct 2019   [Refereed]
Kajiwara K, Kako J, Yamanaka M, Miyashita M
Geriatrics & gerontology international   19(10) 1069-1071   Oct 2019   [Refereed]
Kajiwara K, Kako J, Miyashita M
Journal of pain and symptom management   58(3) e3   Jun 2019   [Refereed]
Kajiwara K, Kako J, Noto H, Oosono Y, Kobayashi M
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer      Sep 2019   [Refereed]
Kako J, Kajiwara K, Miyashita M
Journal of pain and symptom management   58(2) e1-e2   Mar 2019   [Refereed]
Kajiwara K, Kako J, Noto H, Oosono Y, Kobayashi M
International psychogeriatrics   1-2   Aug 2019   [Refereed]
Kako J, Kobayashi M, Kanno Y, Ogawa A, Miura T, Matsumoto Y
The American journal of hospice & palliative care   35(11) 1390-1393   Nov 2018   [Refereed]
Kako J, Oosono Y, Kajiwara K, Kobayashi M, Noto H
Cancer      Aug 2019   [Refereed]
Kako J, Morita T, Yamaguchi T, Kobayashi M, Sekimoto A, Kinoshita H, Ogawa A, Zenda S, Uchitomi Y, Inoguchi H, Matsushima E
Journal of pain and symptom management   56(4) 493-500   Oct 2018   [Refereed]
Kajiwara K, Kako J, Noto H, Oosono Y, Kobayashi M
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer      Aug 2019   [Refereed]
Kajiwara K, Kako J, Noto H
International journal of geriatric psychiatry      Aug 2019   [Refereed]
Kako J, Kobayashi M, Kanno Y, Tagami K
Journal of pain and symptom management   54(2) e2-e4   Apr 2017   [Refereed]
Kako J, Kajiwara K, Noto H, Oosono Y, Kobayashi M
Journal of pain and symptom management      Jul 2019   [Refereed]
Kako J, Morita T, Yamaguchi T, Sekimoto A, Kobayashi M, Kinoshita H, Ogawa A, Zenda S, Uchitomi Y, Inoguchi H, Matsushima E
The American journal of hospice & palliative care   35(2) 1049909117707905-296   Jan 2017   [Refereed]
Kako J, Kajiwara K, Kobayashi M, Oosono Y, Noto H
BMJ supportive & palliative care      Jul 2019   [Refereed]
がん専門病院の緩和ケア病棟で行われているデスカンファレンスの内容分析
角甲 純, 大園 康文, 小林 成光, 關本 翌子
Palliative Care Research   13(1) 115-120   Mar 2018
【目的】デスカンファレンスで話し合われた内容を明らかにする。【方法】2012年5月〜2014年11月までの期間に、国立がん研究センター東病院の緩和ケア病棟で行われたデスカンファレンス60件について、診療録およびデスカンファレンス実施時の記録用紙を後ろ向きに調査し、内容分析を行った。【結果】期間中に行われたデスカンファレンスから、170単位のデータを抽出した。最終的に5つのカテゴリーに分類し、[ケア対象としての家族を支える][患者の思いを汲み取り大切にする][症状を緩和し苦痛を取り除く][医...
がん専門病院の緩和ケア病棟における死亡退院患者を対象としたデスカンファレンス開催の要否に対する関連要因の検討
角甲 純, 小林 成光, 關本 翌子
Palliative Care Research   12(4) 929-935   Oct 2017
【目的】デスカンファレンス開催の要否に対する関連要因を明らかにする。【方法】2013年8月〜2015年2月までの期間に、国立がん研究センター東病院の緩和ケア病棟で亡くなったがん患者416名の診療録およびデスカンファレンスの記録用紙を用いて調査を行い、デスカンファレンス開催の要否に対する関連要因を分析した。【結果】デスカンファレンスの開催が必要だと判断された患者は107名(25.7%)であった。多変量解析の結果、年齢が50歳未満、PCU入院日数が20日以上、硬膜外鎮痛法を実施、失声あり、腹部...
Kajiwara K, Kako J, Noto H, Oosono Y, Kobayashi M
Journal of Geriatric Oncology   in press    Jul 2019   [Refereed]
Kajiwara K, Kako J, Miyashita M
Supportive Care in Cancer   in press    Jul 2019   [Refereed]
Kako Jun, Sekimoto Asuko, Ogawa Asao, Miyashita Mitsunori
Palliat Care Res   10(1) 147-152   2015
The effects of a fan to reduce dyspnea have been evaluated in several trials worldwide, however, there has been no clinical report in terminal cancer patients in Japan. We conducted a retrospective chart review to examine whether a fan is useful f...

Misc

 
河俣 あゆみ, 野村 美紀, 早瀬 麻観子, 角甲 純, 木口 綾子, 寺岡 征太郎, 藤田 冬子, 山内 文, 田川 由香, 長富 美惠子, 熊谷 靖代, 玉田 田夜子, 相墨 生恵, 曽我 智子, 髙橋 奈美
Journal of Japanese Association of Certified Nurse Specialist   5(0) 301-304   2019
看護ケアの最新エビデンスUp To Date 疼痛以外の身体症状に対する看護ケアのup to date
角甲 純
Palliative Care Research   12(Suppl.) S226-S226   Jun 2017
エビデンスにもとづいたせん妄ケア JASCC・JPOSガイドライングループから 「終末期せん妄に対する支援/家族が医療者に望む支援」について
角甲 純
Palliative Care Research   12(Suppl.) S205-S205   Jun 2017
角甲純
緩和ケア   26(6) 453‐454-454   Nov 2016
【上手な予測と現場ですぐできる予防策で快適な治療を実現しよう 先回り式抗がん薬副作用対策トリビア】日常生活で困ること 「止まらない吃逆」への対応
角甲 純
Cancer Board Square   4(2) 304-306   Jul 2018
看護ケアの最新エビデンスUp To Date 疼痛以外の身体症状に対する看護ケアのUp To Date
角甲 純
Palliative Care Research   13(Suppl.) S145-S145   Jun 2018
【重要テーマ別!緩和ケアの最新エビデンス】 呼吸困難
角甲 純
Oncology Nurse   9(5) 59-64   May 2016
呼吸困難緩和のための実践〜他施設での実践から学ぶ〜 呼吸困難に対する送風支援についての臨床実践
角甲 純
Palliative Care Research   13(Suppl.) S201-S201   Jun 2018
KADOKO JUN
日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集   28th 51   2015
【ナースが行うがんの症状緩和 根拠があるケアとワザは?】 薬剤コントロールに"+α"できる手技
角甲 純
Expert Nurse   27(2) 60-61   Jan 2011
【呼吸困難 エビデンスはそうだけど、実際はこれもいいよね】 扇風機は効果ある?
角甲 純
緩和ケア   27(6) 402-404   Nov 2017
角甲純
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   22nd S226   2017
角甲純
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   22nd S205   2017
平井 和恵, 神田 清子, 飯野 京子, 狩野 太郎, 市川 智里, 岩本 寿美代, 角甲 純, 風間 郁子, 小松 浩子
日本がん看護学会誌 = Journal of Japanese Society of Cancer Nursing   30(2) 110-114   Sep 2016
看護ケアの最新エビデンスup to date 痛み以外の身体症状に対する看護ケアのup to date
角甲 純
Palliative Care Research   11(Suppl.) S153-S153   Jun 2016
日本がん看護学会ガイドライン委員会発足後4年間の活動
神田 清子, 飯野 京子, 狩野 太郎, 平井 和恵, 市川 智里, 岩本 寿美代, 角甲 純, 風間 郁子, 日本がん看護学会ガイドライン委員会
日本がん看護学会誌   30(Suppl.) 299-299   Jan 2016
飯野 京子, 神田 清子, 平井 和恵, 狩野 太郎, 市川 智里, 岩本 寿美代, 渡邉 眞理, 那須 和子, 藤井 恵美, 角甲 純, 風間 郁子, 小松 浩子, 平成24〜27年度日本がん看護学会ガイドライン委員会
日本がん看護学会誌   29(3) 79-84   Dec 2015
看護ケアの最新エビデンス 呼吸困難に対する看護ケアのup to date
角甲 純
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   20回 127-127   Jun 2015

Conference Activities & Talks

 
EFFECTS OF COGNITIVE FUNCTION AS A MEDIATOR ON QUALITY OF LIFE IN POST-OPERATIVE ELDERLY PATIENTS WITH BREAST CANCER
Miyashita Mika, Yamaguchi Mayumi, Tenda Yasuko, Kako Jun, Kajiwara Kohei, Kadoya Takayuki
ONCOLOGY NURSING FORUM   Mar 2019   
FAN THERAPY FOR THE RELIEF OF DYSPNEA IN MALIGNANT AND NON-MALIGNANT DISEASES
Kako Jun, Kobayashi Masamitsu, Oosono Yasufumi, Kajiwara Kohei, Miyashita Mika
ONCOLOGY NURSING FORUM   Mar 2019   
緩和ケアに携わる栄養士が患者対応の際に認識した困難場面および管理栄養士に必要な教育、姿勢、体制の検討
腰本 さおり, 山口 ひとみ, 牧田 明有美, 市倉 加奈子, 小林 成光, 角甲 純, 松島 英介, 本間 健
日本病態栄養学会誌   Jan 2019   
終末期がん患者が体験する呼吸困難に対する送風支援の無作為化比較試験後の後治療の効果について
角甲 純, 小林 成光, 關本 翌子
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2018   
意思決定支援における協働への示唆 看護師が面談に同席するメリット・デメリット
菅澤 勝幸, 栗山 尚子, 東樹 京子, 小林 直子, 市川 智里, 上杉 英生, 田中 優子, 平野 勇太, 前川 智子, 角甲 純, 小林 成光, 關本 翌子
日本癌治療学会学術集会抄録集   Oct 2018   
意思決定支援における協働への示唆 面談に同席する看護師に対する医師の要望
平野 勇太, 田中 優子, 角甲 純, 市川 智里, 上杉 英生, 東樹 京子, 小林 直子, 栗山 尚子, 前川 智子, 菅澤 勝幸, 小林 成光, 關本 翌子
日本癌治療学会学術集会抄録集   Oct 2018   
がん患者の治療開始時からの看護師主導型オリエンテーションプログラムの開発と実施可能性の検討 プログラム開発報告
上杉 英生, 小林 直子, 佐々木 千幸, 角甲 純, 佐藤 恭子, 金子 菜穂子, 角 諒子, 村田 長子, 松田 いずみ, 椎名 保恵, 松橋 久恵, 田中 まり, 菅野 雄介, 關本 翌子, 小川 朝生
日本がん看護学会誌   Jan 2018   
がん専門病院の緩和ケア病棟で行われているデスカンファレンスで話し合われている内容
小林 成光, 角甲 純, 大園 康文, 關本 翌子
日本がん看護学会誌   Jan 2018   
呼吸困難に対する送風の有効性についての文献検討
角甲 純, 小林 成光
日本がん看護学会誌   Jan 2018   
竹内麻理, 竹内麻理, 藤澤大介, 藤澤大介, 角甲純, 角甲純
日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集   2018   
角甲純, 角甲純, 森田達也, 山口拓洋, 關本翌子, 小林成光, 木下寛也, 小川朝生, 全田貞幹, 内富庸介, 猪口浩伸, 松島英介
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   Jun 2017   
緩和ケア病棟で行われているデスカンファレンスのテーマに関する分析
角甲 純, 大園 康文, 小林 成光, 關本 翌子
日本がん看護学会誌   Jan 2017   
松田いずみ, 椎名保恵, 小林成光, 角甲純
日本がん看護学会誌   Jan 2017   
看護師のがん薬物療法における曝露対策に関する実態調査 がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン発行前調査
飯野 京子, 神田 清子, 平井 和恵, 市川 智里, 岩本 寿美代, 狩野 太郎, 渡邉 眞理, 那須 和子, 藤井 恵美, 角甲 純, 風間 郁子
日本がん看護学会誌   Jan 2016   
緩和ケア病棟入院時の症状と転帰の関係について
小林 成光, 角甲 純, 木下 寛也, 小川 朝生
日本がん看護学会誌   Jan 2016   
進行がん患者の呼吸困難と疼痛の有無におけるESAS-r-Jとの関係
角甲 純, 小林 成光, 木下 寛也, 小川 朝生
日本がん看護学会誌   Jan 2016   
緩和ケア病棟入院時の呼吸困難と関連要因
角甲 純, 小林 成光, 木下 寛也, 小川 朝生
日本がん看護学会誌   Jan 2016   
頭頸部癌患者の術後せん妄の関連要因についての文献検討
小田部 達彦, 関口 亮, 角甲 純
日本がん看護学会誌   Jan 2016   
小林成光, 角甲純, 菅野雄介, 菅野雄介, 木下寛也, 小川朝生
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   Jun 2016   
角甲純
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   2016   
角甲純, 永井千恵, 木村芳子, 小林成光, 小林成光, 三浦智史, 木下寛也, 木下寛也, 齋藤智恵美, 關本翌子
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   Jun 2016   
KAKO JUN, KIMURA YOSHIKO, KOBAYASHI SHIGEMITSU
日本がん看護学会誌   Jan 2015   
SATO SACHIYO, KAKO JUN, IWAMOTO YOSHIKO, SAITO CHIEMI
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   Jun 2015   
KAKO JUN
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   2015   
北脇なつき, 中島美文, 北村朋代, 角甲純
日本じょくそう学会誌   20 Jul 2014   
北村朋代, 中島美文, 北脇なつき, 角甲純
日本じょくそう学会誌   20 Jul 2014   
中島美文, 北村朋代, 北脇なつき, 角甲純
日本じょくそう学会誌   20 Jul 2014   
当院における多職種での論文抄読会の現状と課題
角甲 純, 元永 伸也, 上野 順也, 田中 優子, 市川 智里, 佐々木 千幸, 石井 宏明, 岩爪 美穂, 小林 直子, 佐藤 佳奈絵, 千葉 育子
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   Jun 2014   
上野順也, 角甲純, 松本禎久, 山口洋, 木下寛也, 林隆一
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   Jun 2014   
角甲純, 關本翌子, 小川朝生, 宮下光令
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   Jun 2014   
木村芳子, 角甲純, 齋藤智恵美, 關本翌子, 三浦智史
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   Jun 2014