村上二朗

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/09 19:18
 
アバター
研究者氏名
村上二朗
eメール
jmurakiui.ac.jp
所属
吉備国際大学
部署
地域創成農学部
職名
講師
学位
博士(農学)(神戸大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
吉備国際大学 地域創成農学部 講師
 
2010年10月
 - 
2012年3月
鳥取大学 農学部 プロジェクト研究員
 
2008年1月
 - 
2010年3月
国際トウモロコシ・小麦改良センター(CIMMYT) Global Wheat Program Associate Scientist
 
2005年2月
 - 
2007年12月
国際トウモロコシ・小麦改良センター(CIMMYT) Global Wheat Program Postdoctoral Fellow
 
2003年4月
 - 
2005年1月
神戸大学 農学部 特別研究員
 
1998年7月
 - 
2000年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2003年3月
神戸大学大学院 自然科学研究科 博士後期課程 資源生物科学専攻
 
1995年4月
 - 
1997年3月
神戸大学大学院 自然科学研究科 博士前期課程 生物環境制御学専攻
 
1991年4月
 - 
1995年3月
神戸大学 農学部 植物防疫学科
 

論文

 
Ortiz, R., Braun, H.J., Crossa, J., Crouch, J. H., Davenport, G., Dixon, J., Dreisigacker, S., Duveiller, E., He, Z., Huerta, J., Joshi, A.K., Kishii, M., Kosina, P., Manes, Y., Mezzalama, M., Morgounov, A., Murakami, J., Nicol, J., Ortiz Ferrara, G., Ortiz-Monasterio, J.I., Payne, T.S., Pena, R.J., Reynolds, M.P., Sayre, K.D., Sharma, R.C., Singh, R.P., Wang, J., Warburton, M., Wu, H., and Iwanaga, M.
Genetic Resources and Crop Evolution   55 1095-1140   2008年   [査読有り]
Duveiller, E., Mezzalama, M., Murakami, J., Lewis, J., and Ban, T.
Cereal Research Communications   36 11-19   2008年   [招待有り]
Mezzalama, M., Duveiller, E., Murakami, J., and Dreisigacker, S.
Cereal Research Communications   36 143-145   2008年
Murakami, J., Lewis, J., Egusa, M., Gargouri, S., Kodama, M., Duveiller, E., and Ban, T.
Cereal Research Communications   36 147-148   2008年
Schlang, N., Mezzalama, M., Duveiller, E., Lewis, J., Lozano, N., Segura, J., Lopez, F., and Murakami, J.
Cereal Research Communications   36 163-165   2008年
Schlang, N., Steiner, U., Dehne, HW., Murakami, J., Duveiller, E., and Oerke, EC.
Cereal Research Communications   36 573-577   2008年
Hau, V.T.B., Hirata, K., Murakami, J., Nakayashiki, H., Mayama, S., and Tosa, Y.
J. Gen. Plant Pathol.   73 22-28   2007年   [査読有り]
Murakami, J., Hau, V.T.B., Mayama, S., and Tosa, Y.
J. Gen. Plant Pathol.   72 284-291   2006年   [査読有り]
Tsurushima, T., Don, L.D., Kawashima, K., Murakami, J., Nakayashiki, H., Tosa, Y., and Mayama, S.
Mol. Plant Pathol.   6 605-613   2005年   [査読有り]
Murakami, J., Tomita, R., Kataoka, T., Nakayashiki, H., Tosa, Y., and Mayama, S.
Phytopathology   93 42-45   2003年   [査読有り]
Kimura, Y., Tosa, Y., Betsuyaku, S., Sasabe, Y., Tomita, R., Murakami, J., Nakayashiki, H., and Mayama, S.
J. Gen. Plant Pathol.   68 8-14   2002年   [査読有り]
Murakami, J., Tosa, Y., Kataoka, T., Tomita, R., Kawasaki, J., Chuma, I., Sesumi, Y., Kusaba, M., Nakayashiki, H., and Mayama, S.
Phytopathology   90 1060-1067   2000年   [査読有り]

Misc

 
Detection of Fusarium species from rice seeds in the southern part of Awaji Island, Japan
Murakami, J., Miyashita, K., Masaike, A., and Mayama, S.
Translation from Genomes to Disease Management (Proceedings of 2017 Asian Conference on Plant Pathology)   203-203   2017年

書籍等出版物

 
Mycotoxins; detection methods, management, public health and agricultural trade.
Ortiz, R., Ban, T., Bandyopadhyay, R., Bergvinson, D., Hell, K., James, B., Jaffers, D., Mankir, A., Murakami, J., Kumar, L., Nigam, SN., Upadhyaya, HD., and Waliyar, F. (担当:共著, 範囲:CGIAR research-for-development program on mycotoxins. Pages 415-424)
CABI Publishing, UK.   2008年   
Molecular Genetics of Host-Specific Toxins in Plant Diseases.
Mayama, S., Tosa, Y., Nakayashiki, H., Kusaba, M., Kataoka, T., Kishimoto,W., Murakami, J., Kawashima, K., Sesumi, Y., Kikuchi, N., Don, L. D., Ikeda, K., and Tsurushima, T. (担当:共著, 範囲:Genetical and physiological studies on the species-specific parasitism of Magnaporthe grisea in gramineous plants with a special reference to a cross between the Triticum isolate and the Setaria isolate. Pages 211-221)
Kulwer Academic Publishers, Dordrecht, the Netherlands.   1998年   

講演・口頭発表等

 
地域農産物の病害防除に向けた5年間の取組み
村上二朗、阿部大雅
第5回 吉備国際大学地(知)の拠点シンポジウム   2018年2月16日   
Detection of Fusarium species from rice seeds in the southern part of Awaji Island, Japan.
Murakami, J., Miyashita, k., Masaike, A., and Mayama, S.
Asian Conference on Plant Pathology   2017年9月13日   
イネにおける赤かび病の感染リスクについて
村上二朗
第5回 吉備国際大学植物保護シンポジウム   2017年7月20日   
タマネギベと病菌及びレタスべと病菌からのチトクロームb遺伝子の検出法
山邊周平、村上二朗、石井英夫
日本植物病理学会関西部会   2016年9月29日   
タマネギの腐敗鱗茎より分離されたMucor circinelloidesほかの特性
川﨑智典、村上二朗、石井英夫
日本植物病理学会関西部会   2016年9月29日   
各地から分離されたボスカリド耐性キュウリ褐斑病菌のフルオピラム感受性
佐野永暁、清水麻衣、村上二朗、石井英夫
日本植物病理学会関西部会   2016年9月29日   
遺伝子診断によるレタスビッグベイン病汚染レベルマップの発生リスク評価
村上二朗
第4回 吉備国際大学植物保護シンポジウム   2016年7月21日   
地域の廃棄物を、地域で有効利用する -キノコ廃菌床を用いた、地域特産農産物の病害防除-
村上二朗、河野壮太
第3回 吉備国際大学地(知)の拠点シンポジウム   2016年2月19日   
キノコ由来の天然成分で、農作物の病害を防ぐ
村上二朗
OUSフォーラム2015   2015年11月11日   
メキシコで分離したコムギおよびトウモロコシ由来の⾚かび病菌 (Fusarium graminearum)の多様性
村上二朗
第10回フザリウム研究会   2015年8月27日