成本迅

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/01 23:15
 
アバター
研究者氏名
成本迅
所属
京都府立医科大学
職名
教授

プロフィール

精神疾患の脳画像研究と認知症の臨床研究を行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年7月
 - 
現在
京都府立医科大学大学院医学研究科 精神機能病態学 教授
 

論文

 
Takagi Y, Sakai Y, Abe Y, Nishida S, Harrison BJ, Martínez-Zalacaín I, Soriano-Mas C, Narumoto J, Tanaka SC
NeuroImage   172 506-516   2018年5月   [査読有り]
Oba H, Matsuoka T, Kato Y, Narumoto J
Journal of advanced nursing      2018年5月   [査読有り]
Oba H, Matsuoka T, Imai A, Fujimoto H, Kato Y, Shibata K, Nakamura K, Narumoto J
Aging & mental health   1-7   2018年3月   [査読有り]
de Vries HT, Nakamae T, Fukui K, Denys D, Narumoto J
BMC psychiatry   18(1) 9   2018年1月   [査読有り]
Matsuoka T, Kato Y, Imai A, Fujimoto H, Shibata K, Nakamura K, Yamada K, Narumoto J
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   18(1) 42-48   2018年1月   [査読有り]
Matsuoka T, Imai A, Fujimoto H, Kato Y, Shibata K, Nakamura K, Yokota H, Yamada K, Narumoto J
Journal of Alzheimer's disease : JAD   63(3) 957-964   2018年   [査読有り]
Watanabe A, Nakamae T, Sakai Y, Nishida S, Abe Y, Yamada K, Yokota I, Narumoto J
Neuropsychiatric disease and treatment   14 1635-1643   2018年   [査読有り]
Komeda H, Eguchi Y, Kusumi T, Kato Y, Narumoto J, Mimura M
Frontiers in psychology   9 1412   2018年   [査読有り]
Yoshii T, Oishi N, Ikoma K, Nishimura I, Sakai Y, Matsuda K, Yamada S, Tanaka M, Kawata M, Narumoto J, Fukui K
Scientific reports   7(1) 12731   2017年10月   [査読有り]
Taniguchi S, Matsuoka T, Hikawa T, Machihara A, Shibata K, Miki H, Shimizu H, Narumoto J
Dementia (London, England)   1471301217730213   2017年1月   [査読有り]

Misc

 
若年性アルツハイマー型認知症と診断されたA氏への心理的支援 カウンセリングと事前指示書作成の取り組み
永山 唯, 加藤 佑佳, 大庭 輝, 成本 迅
認知症ケア事例ジャーナル   11(1) 3-12   2018年6月
若年性認知症への罹患により反応性に抑うつを呈していた患者へ、短期療法を応用したカウンセリングによる介入を試みた。患者の疾病受容が進み、抑うつが改善した。また、残存能力を活用した生活の工夫に積極的に取り組むようになった。カウンセリング過程で、本人の希望に沿って医療に関する事前指示書の作成を支援した。言語化能力が保たれた若年性認知症患者に対して、カウンセリングは有効な介入方法であることが示唆された。(著者抄録)
【認知症の人の終末期について考究する】 認知症の人の医療選択と意思決定支援 同意能力評価と支援プロセスについて
成本 迅
認知症ケア事例ジャーナル   11(1) 24-28   2018年6月
認知症の人に対して治療を行う際に、治療内容の説明が十分理解されているかが分からなかったり、本人の意向が確認できなかったりして、治療方針の決定に難渋することがある。決定にあたっては、できる限り本人の意思を反映させるよう努めることが必要である。本稿では、認知症の人の同意の妥当性の検証に必要な医療同意能力評価と、本人の意向をくみ取ったり、推定したりして治療方針を決定していくための方法について述べる。医療同意能力評価については、理解、認識、論理的思考、選択の表明の4つの要素からなるとする4要素モデ...
ゴミ屋敷の問題を認め診断と介入に苦慮した一症例
松岡 照之, 加藤 佑佳, 永山 唯, 柴田 敬祐, 中村 佳永子, 西村 幸秀, 成本 迅
老年精神医学雑誌   29(増刊II) 172-172   2018年6月
周術期における精神医学的介入の現状と課題 認知症患者における周術期の問題
成本 迅
精神神経学雑誌   (2018特別号) S641-S641   2018年6月
医療上の意思決定支援(実践と課題)
成本 迅
日本小児科学会雑誌   122(5) 974-974   2018年5月
【後見人制度の現状と課題】 成年後見用診断書の問題点(全国調査から)
成本 迅
Dementia Japan   32(2) 242-249   2018年4月
「高齢社会における救急医療」 高齢者の医療同意能力と意思決定支援
成本 迅
京都医学会雑誌   65(1) 29-36   2018年4月
認知症を持つ人に対する説明と同意、治療方針決定プロセスについて
成本 迅
日本認知症ケア学会誌   17(1) 34-34   2018年4月
認知症在宅介護における家族介護者への心理的支援 短期療法を用いた介護者カウンセリング
永山 唯, 成本 迅
日本認知症ケア学会誌   17(1) 222-222   2018年4月
【診断と治療のABC[132]老年精神医学】 高齢者の医療同意能力評価
成本 迅
最新医学   別冊(老年精神医学) 67-67   2018年3月

書籍等出版物

 
新興医学出版社   2011年7月   ISBN:4880027251
永井 良三 (担当:共著)
診断と治療社   2011年6月   ISBN:4787817825
シナジー   2011年3月   ISBN:4916166329
金芳堂   2009年7月   ISBN:4765313867
村上 元庸 (担当:共著)
金芳堂   2007年10月   ISBN:476531314X
Joaqu´in M. Fuster (担当:共訳)
新興医学出版社   2006年12月   ISBN:4880024910
Kenneth I. Shulman, Anthony Feinstein (担当:共訳)
新興医学出版社   2006年12月   ISBN:4880024929

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 成本 迅
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 成本迅