Jo Hirotaka

J-GLOBAL         Last updated: May 29, 2019 at 15:19
 
Avatar
Name
Jo Hirotaka
E-mail
h-jossu.ac.jp
Affiliation
Shizuoka Sangyo University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
徐 広孝, 大澤 啓亮, 千葉 洋平, 小澤 治夫
スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Sport and human beings : journal of Shizuoka Sangyo University   3(2) 149-156   Mar 2019
中西 健一郎, 浅羽 浩, 藤原 岳彦, 佐藤 知条, 徐 広孝
スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Sport and human beings : journal of Shizuoka Sangyo University   3(1) 67-73   Dec 2018
横尾 智治, 徐 広孝, 館 俊樹, 中西 健一郎, 小澤 治夫
スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Sport and human beings : journal of Shizuoka Sangyo University   3(1) 155-162   Dec 2018
中西 健一郎, 館 俊樹, 小澤 治夫, 髙橋 和子, 福田 哲, 坂本 慎, 徐 広孝
スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Sport and human beings : journal of Shizuoka Sangyo University   3(1) 149-154   Dec 2018
徐 広孝, 大澤 啓亮, 千葉 洋平, 小澤 治夫
スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Sport and human beings : journal of Shizuoka Sangyo University   3(1) 141-148   Dec 2018
横尾 智治, 合田 浩二, 徐 広孝, 登坂 太樹, 山合 洋人
筑波大学附属駒場論集 = Bulletin of Junior & Senior High School at Komaba, University of Tsukuba   (57) 69-72   Mar 2018
ジュニア期(中学生、高校生)のスポーツ選手は、トレーニングを終えて帰宅し、夕食を食べた後に自主学習をすること、学校での授業に集中することなど、勉学期の生き方の基本をきちんと実行できるように、スポーツライフを組み立てることが大切である。日本体育協会のガイドブック『ジュニア期のスポーツライフマネジメント』ではジュニア選手の生活上の問題としていくつか取り上げられている。そこで挙げられる問題点は本校の生徒にも当てはまるのか検討し現状を把握しより良いスポーツライフを送ることができる環境を整えたい。日...
徐 広孝, 中西 健一郎, 和田 雅史, 小澤 治夫
スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Sport and human beings : journal of shizuoka Sangyo University   2(2) 61-67   Jan 2018
徐 広孝, 大澤 啓亮, 小澤 治夫
スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Sport and human beings : journal of shizuoka Sangyo University   2(2) 23-33   Jan 2018
徐 広孝, 大澤 啓亮, 見汐 翔太, 安藤 梢, 鈴木 宏哉, 西嶋 尚彦
統計数理 = Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics   65(2) 309-321   Dec 2017
小澤 治夫, 桜田 和樹, 村松 大介, 奥薗 雄基, 中西 健一郎, 徐 広孝
環境と経営 : 静岡産業大学論集   23(2) 47-64   Dec 2017
小澤 治夫, 館 俊樹, 村松 大介, 桜田 和樹, 小林 寛道, 高橋 和子, 徐 広孝, 中西 健一郎
スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Environment and management : journal of Shizuoka Sangyo University   2(1) 49-57   Oct 2017
横尾 智治, 入江 友生, 合田 浩二, 徐 広孝, 登坂 太樹, 森 裕紀, 須釜 洋勝
筑波大学附属駒場論集 = Bulletin of Junior & Senior High School at Komaba, University of Tsukuba   (56) 61-67   Mar 2017
ICTを授業で活用することにより生徒の学びを深める可能性がある。この報告では教育研究会での授業実践をまとめた。授業実践のポイントは次の通りである。学修ノートを用いることで学習の目標を明確にし、生徒に技能をイメージさせ、想像力を補助して活動させること。タブレットを用いることでイメージをさらに具体的にして、生徒の学習意欲を引き出すこと。かつタブレットの活用によりスキルテストの学習活動が効率的になること。準備運動は音楽を用いたダンスを行うことで授業への気分を盛り上げ、かつ運動量を調節することがで...
徐 広孝, 入江 友生, 合田 浩二, 登坂 太樹, 横尾 智治
筑波大学附属駒場論集 = Bulletin of Junior & Senior High School at Komaba, University of Tsukuba   (55) 59-64   Mar 2016
本校の保健体育科では、学習指導要領に示される体育科の目標を達成するための六か年カリキュラムの検討を行っている。本研究は、その検討事項のひとつとして、生徒の体力・運動能力の実態と成長過程を把握することを目的とした。本校の生徒は、新体力テストの種目のうち、握力、50m走、ハンドボール投げが目立って低く、20mシャトルランと自給層が高かった。体力・運動能力の向上のピークは中3から高1にかけてであった。低水準の生徒の体力・運動能力向上が鈍かったため、そうした生徒への働きかけを工夫する必要性が示唆された。
鈴木 清夫, 入江 友生, 宇田川 真由, 小佐野 浅子, 登坂 大樹, 早貸 千代子, 宮崎 大輔, 徐 広孝, 高橋 宏和, 関口 隆一
筑波大学附属駒場論集 = Bulletin of Junior & Senior High School at Komaba, University of Tsukuba   (55) 113-119   Mar 2016
スマートフォンの急速な普及により、学校に限らず電車やバスの中でもスマホ・タブレットに見入る人を多く見かける。加えてLINE, Twitter, Facebook, mixiなどのSNSも爆発的に広まり、これらにより日常の学校生活に問題を生じている生徒や、個人間あるいはインターネットを通した多人数間で、様々なトラブルを抱える者も出てきている。そこで本校生徒に生じている問題を把握し、使用に当たっての課題を検討するために、アンケート調査を実施した。その結果、総務省の調査(H26年1月実施、都立1...
早貸 千代子, 横尾 智治, 小澤 富士男, 菱山 玲子, 徐 広孝, 鈴木 清夫, 関口 隆一, 高橋 宏和, 千野 浩一, 土井 宏之, 早川 和彦, 山本 智也, 小塩 靖崇, 佐々木 司, 小宮 一浩
筑波大学附属駒場論集 = Bulletin of Junior & Senior High School at Komaba, University of Tsukuba   (55) 159-169   Mar 2016
心も体も大きな変化をもたらす10代は、精神疾患の好発時期といわれている。その要員として、夜更かし・睡眠不足等の生活習慣の乱れや、悩みや心配事を相談せず(できず)一人で抱え込む(援助希求をしない)等が指摘されている。現在の教育課程では、精神疾患とその対処に対する正しい知識を学ぶ機会がないために、本人も周囲も不調になったことに気付きにくく、本格的な病気の進行・長期化といった状態を招いている可能性が高い。そこで、本校の成長過程プロジェクト研究(以下、PI)では中学2年生を対象に、保健の授業の中で...
横尾 智治, 徐 広孝, 登坂 太樹, 入江 友生, 合田 浩二, 加藤 勇之助
筑波大学附属駒場論集 = Bulletin of Junior & Senior High School at Komaba, University of Tsukuba   (55) 171-177   Mar 2016
2013年度高校2年生の保健の授業で以下の実践を行った。①超音波画像診断装置HS-2100を用いて大腿前部の筋厚と脂肪厚を測定した。②コンビ社製パワーマックスVを用いて10秒間ペダリングによる最大パワーを測定した。③大腿部の周囲径、体重を測定し、筋厚と脂肪厚、10秒間ペダリングによる最大パワーと体重、大腿部の周囲径の相関関係を調べた。その結果、体重と最大パワーの相関係数は0.723、大腿部周囲径と最大パワーの相関係数は0.7000、最大パワーと大腿部筋厚の相関関数は0.493、脂肪厚と最大...
加藤 勇之助, 楠本 繁生, 小林 博隆, 中西 健一郎, 徐 広孝, 横尾 智治
大阪体育大学紀要 = Bulletin of Osaka University of Health and Sport Sciences   47 119-127   Mar 2016
小澤 治夫, 寺尾 保, 岡崎 勝博, 藤井 壮浩, 中西 健一郎, 加藤 勇之助, 小林 博隆, 鈴木 和弘, 若杉 雅代, 田中 昇, 忽滑谷 祐介, 武富 正治, 国崎 淳, 井出 治男, 森 美穂, 鷲野 昭久, 徐 広孝, 小柳 洸
東海大学スポーツ医科学雑誌   (28) 75-86   2016
Daiki Iwata, Naohumi Koreishi, Haruo Ozawa, Toshiyuki Tomaru, Hirotaka Jo, Yunosuke Kato
Memoirs of Shonan Institute of Technology   49(1) 129-136   Mar 2015
Recently, the physical fitness of children has been decreasing. It is recognized that it is "exercise frequency" that has caused strong influence to this decline by a survey of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. Regard...
横尾 智治, 入江 友生, 合田 浩二, 徐 広孝, 登坂 太樹, 宮田 絋平, 工藤 和俊
筑波大学附属駒場論集   (54) 71-80   Mar 2015
仲里 友一, 早貸 千代子, 亀村 ひかり, 菱山 玲子, 小澤 富士男, 徐 広孝, 髙橋 深美, 登坂 太樹, 山田 耕太
筑波大学附属駒場論集   (54) 121-128   Mar 2015
ONO Masahiro, JO Hirotaka, Byun OHYAMA Keigo, NISHIJIMA Takahiko
Japan Journal of Test and Measurement in Health and Physical Education   14(0) 1-10   2015
The purpose of this study was to create an achievement evaluation standard for men's discus throwing. Subjects were 96 male discus thrower. The six trials of the discus throwing movement were recorded by camera, and the best record was used for an...
Influence of Intermittent Endurance on Individual Playing Time in Games for U-18 Soccer Players
Kentaro Chuman、Hirotaka Jo、Daisuke Yamada、Shota Mishio、Kozue Ando、Takahiko Nishijima
11 59-64   Mar 2014   [Refereed]
久保田 哲司, 藤井 陽樹, 徐 広孝
Bulletin,school of physical education   (40) 57-65   2010
徐 広孝, 小澤 治夫, 山下 大輔
Bulletin,school of physical education   (39) 19-27   2009