研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2011/01/23

禊教(坂田安儀教主)の現況

Tweet ThisSend to Facebook | by 育行

 最近になって、身曽岐神社から少し離れた形で、坂田安儀氏が、「禊教」としての活動を再興しているという話を聞いていたが、このたび復刊した「みそぎ」第4号までを入手できた。この「みそぎ」誌は、第4次といえるだろう。
 最新号の第4号(平成23年1月)には、年賀広告があり、所属の教会が掲載されている。それには、「三宅島分院教会」(東京都三宅村伊ケ谷)、「伊勢分院教会」(三重県松阪市松名瀬町)、「巨摩分院教会」(山梨県北杜市小淵沢町)、「小南分院教会」(千葉県東庄町小南)、「遠江教会」(静岡県浜松市中区西浅田)、「深津分院教会」(群馬県前橋市粕川村深津)、「美濃分院教会」(岐阜県岐阜市梅林西町)、「八知分院教会」(三重県津市美杉町八知)、「八ヶ岳分院教会」(山梨県北杜市小淵沢町上笹尾)、「伯家神道仙台分祠」(宮城県仙台市若林区清水小路)、「伯家神道諏訪分祠」(長野県諏訪市上川)がある。明治以来の古い門中の「教会」と近年に設立されたと思われる「分祠」があるが、法人、非法人や、法的な包括関係などは、ここではひとまずおいたとしても、影響関係ははっきりと読み取れよう。 近いうちに、「禊教」の昭和末期の「みそぎ」(第2次)や、分派した「禊教真派・神道禊教」の「みちづけ」誌などの記事をもとに、各教会の状況を整理しておきたいと思っている。
20:55 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)