研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2014/06/24

科学史・科学哲学・医学史関連のワークショップのご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by handle0145051
みなさま

このたび、ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの医学史研究所(旧ウェルカム財団医学史研究所)にて長らく教鞭をとられてきたロジャー・クーター(Roger Cooter)教授をお招きし、下記の要領でワークショップを開催させて頂きます。日本学術振興会外国人研究者招へい事業の下、慶応義塾大学の鈴木晃仁先生が招聘されたものです。

 ロジャー・クーター教授 Prof. Roger Cooter

クーター教授は、1948年カナダ出身。サイモン・フレーザー大学(BA)、ダラム大学(MA)を経て、1978年にケンブリッジ大学にてPh.D.を取得されました。その後、マンチェスター大学、イースト・アングリア大学のウェルカム財団医学史研究ユニットにて研究に従事され、2013年12月までロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの医学史センター教授をお勤めになりました。研究テーマは幅広く、骨相学、整形外科、非正規医療、小児科医療、戦争と医学等に関する単著や論文集があります。近年は、医学史に関する叙述方法論、生命倫理学の歴史などに関心を広げています。

今回は、クーター教授の近著Writing History in the Age of Biomedicine(Yale University Press, July 2013)をもとに、バイオメディシン全盛の今日、いかにして批判的な科学史・医学史・科学哲学の研究が可能なのかをテーマとし、東京(2箇所)、京都(1箇所)でワークショップを予定しております。いずれも登録不要、入場無料となります。ぜひふるってご参加ください。

◆ワークショップ1◆
「バイオメディシン時代の科学史と医学史-神経学的転回以後の歴史叙述をめぐって」
日時:2014年6月22日(日) 14~17時
場所:東京大学駒場キャンパス14号館308教室
講師/タイトル:
 ①ロジャー・クーター/「バイオメディシン時代における歴史叙述-「神経学的転回」をめぐって」
 ②伊藤憲二(総合研究大学院大学先導科学研究科准教授)/「『グローバル化』時代に日本で科学史を
  書くこと-知識の歴史叙述の複数性と社会文化的基盤-」
 ③金森修(東京大学教育学研究科教授)/「現代日本における科学の公共性と客観性-ポスト3.11
  時代の科学哲学に向けて-」
主催:日本学術振興会外国人研究者招へい事業
備考:英語での講演・質疑応答になります。講演内容の詳細は下記URLを参照ください(ポスターのPDFが開きます)。
http://researchmap.jp/mu96x8znw-1881973/?action=multidatabase_action_main_filedownload&download_flag=1&upload_id=64848&metadata_id=89728
連絡先:高林陽展(清泉女子大学)/takabayashi@seisen-u.ac.jp

◆ワークショップ2◆
「医学史研究の過去・現在・将来-医学・医療の社会史は過去のものとなったのか-」
日時:2014年6月25日(水) 17~20時
場所:慶應義塾大学三田キャンパス研究棟1階会議室B
講師/タイトル:
 ①ロジャー・クーター/「欧米医学史のヒストリオグラフィ-医療の社会史の後-」
 ②鈴木晃仁(慶應義塾大学経済学部教授)/「医療の社会史は終わったのか-アジア医学史から見つめ
  直す-」
主催:日本学術振興会外国人研究者招へい事業
備考:英語での講演・質疑応答になります。講演内容の詳細は下記URLを参照ください(ポスターのPDFが開きます)。
http://researchmap.jp/mud0reum2-1881973/?action=multidatabase_action_main_filedownload&download_flag=1&upload_id=64849&metadata_id=89728
連絡先:高林陽展(清泉女子大学)/takabayashi@seisen-u.ac.jp

◆ワークショップ3◆
「生命倫理学の歴史を語ること、その陥穽」
日時:2014年6月28日(土) 14~17時
場所:立命館大学衣笠キャンパス創思館1F カンファレンスルーム
講師/タイトル:
 ①ロジャー・クーター/「生命倫理学の歴史を語ること、その陥穽」
 ②松原洋子(立命館大学大学院・先端総合学術研究科教授)/「生命倫理学と科学史-日本優生学史の
  自律性と批判性をめぐって-」
コメンテーター:瀬戸口明久(京都大学人文科学研究所准教授)
通訳:児玉聡(京都大学)
備考:英語-日本語の通訳があります。講演内容の詳細は下記URLを参照ください(ポスターのPDFが開きます)。
http://researchmap.jp/mur6ssn0k-1881973/?action=multidatabase_action_main_filedownload&download_flag=1&upload_id=64850&metadata_id=89728
主催:日本学術振興会外国人研究者招へい事業、立命館大学生存学研究センター
連絡先:立命館大学生存学研究センター事務局/TEL: 075-465-8475/E-mail: ars-vive@st.ritsumei.ac.jp

クーター先生の近著
Writing History in the Age of Biomedicine(Yale University Press, July 2013)
Writing History in the Age of Biomedicine

お買い求めの際には下記のリンクをご利用ください。在庫の補充を出版社にお願いしておりますので、もし在庫切れの際には少しお時間をおいてお試しください。
http://www.amazon.co.jp/Writing-History-Biomedicine-Roger-Cooter/dp/0300186630


23:00 | Impressed! | Voted(2) | Comment(0) | イベント