カウンタ

COUNTER from 2016051516826

日誌

万葉植物歌会 >> Article details

2016/05/24

萬葉の散歩道 名古屋市東山植物園(地下鉄星ヶ丘)

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
萬葉集 の植物が楽しめる散歩道。約百種の万葉集の歌碑(石または木)と植物があるらしい(確認作業中)。名古屋市東山植物園内(地下鉄星ヶ丘駅下車)窓口で万葉の散歩道の資料くださいと声をかける。2016年6月に新しい資料ができる予定らしい。(東山公園駅で下車した場合は動物園を抜けて、植物園の入り口から入り直す。資料は植物園の入り口にしか資料はおいていないので注意)
#万葉植物歌会企画中




一度に百入らないので四分割しています。
万葉の散歩道
(1)名古屋東山植物園万葉の散歩道
2)名古屋東山植物園万葉の散歩道
(3)名古屋東山植物園万葉の散歩道
(4)名古屋東山植物園

なお、下記の植物の写真はWikiへの参照です。東山植物園の現物ではありません。ごめんなさい。


1154坂門人足
巨勢山乃列々椿都良々々尓見乍思奈許湍乃春野乎
巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲はな巨勢の春野を
こせやまのつらつらつばきつらつらにみつつしのはなこせのはるのを
椿やぶつばき
2290衣通王磐姫皇后
君之行氣長久成奴山多豆乃迎乎将徃待尓者不待
君が行き日長くなりぬ山たづの迎へを行かむ待つには待たじ
きみがゆきけながくなりぬやまたづのむかへをゆかむまつにはまたじ
山たづにわとこ
3173921大伴家持
加吉都播多衣尓須里都氣麻須良雄乃服曽比猟須流月者伎尓家里
杜若衣に摺り付け大夫のきそひ猟する月は来にけり
かきつばたきぬにすりつけますらをのきそひかりするつきはきにけり
杜若かきつばた
4204458薩妙觀命婦
麻須良乎等於毛敝流母能乎多知波吉弖可尓波乃多為尓世理曽都美家流
大夫と思へるものを太刀佩きてかにはの田居に芹子ぞ摘みける
ますらをとおもへるものをたちはきてかにはのたゐにせりぞつみける
せり
571360作者不詳
氣緒尓念有吾乎山治左能花尓香公之移奴良武
息の緒に思へるわれを山ぢさの花にか君がうつろひぬらむ
いきのをにおもへるわれをやまぢさのはなにかきみがうつろひぬらむ
ぢさえごのき
6112475柿本人麻呂歌集
原文]我屋戸甍子太草雖生戀忘草見未生
我が宿の軒にしだ草生ひたれど恋忘れ草見れどいまだ生ひず
わがやどはのきにしだくさおひたれどこひわすれくさみれどいまだおひず
しだ草のきしのぶ
74712丹波大女娘子
味酒呼三輪之祝我忌杉手觸之罪歟君二遇難寸
味酒を三輪の祝がいはふ杉手触れし罪か君に逢ひかたき
うまさけをみわのはふりがいはふすぎてふれしつみかきみにあひかたき
すぎ
881623大伴田村大嬢
吾屋戸尓黄變蝦手毎見妹乎懸管不戀日者無
我が屋戸に黄変つ鶏冠木見るごとに妹を懸けつつ恋ひぬ日は無し
わがやどにもみつかへるてみるごとにいもをかけつつこひぬひはなし
鶏冠木かえで
981490大伴家持
霍公鳥雖待不来喧菖蒲草玉尓貫日乎未遠美香
霍公鳥待てど来鳴かず菖蒲草玉に貫く日をいまだ遠みか
ほととぎすまてどきなかずあやめぐさたまにぬくひをいまだとほみか
菖蒲草しょうぶ
104675中臣女郎
娘子部四咲澤二生流花勝見都毛不知戀裳摺可聞
をみなへし佐紀沢に生ふる花かつみかつても知らぬ恋もするかも
をみなへしさきさはにおふるはなかつみかつてもしらぬこひもするかも
花かつみまこも
1171359作者不詳
向岳之若楓木下枝取花待伊間尓嘆鶴鴨
向つ峰の若楓の木下枝取り花待つい間に嘆きつるかも
むかつをのわかかつらのきしづえとりはなまついまになげきつるかも
かつら
12163832忌部首
枳蕀原苅除曽氣倉将立屎遠麻礼櫛造刀自
枳と蕀原刈り除け倉立てむ屎遠くまれ櫛造る刀自
からたちとうばらかりそけくらたてむくそとほくまれくしつくるとじ
からたち
1361009聖武天皇
橘者實左倍花左倍其葉左倍枝尓霜雖降益常葉之樹
橘は実さへ花さへその葉さへ枝に霜降れどいや常葉の木
たちばなはみさへはなさへそのはさへえにしもふれどいやとこはのき
みかん
14112750作者不詳
吾妹子不相久馬下乃阿倍橘乃蘿生左右
我妹子に逢はず久しもうましもの阿倍橘の苔生すまでに
わぎもこにあはずひさしもうましものあへたちばなのこけむすまでに
阿倍橘くねんぼ(うんしゅうみかんよりやや皮があつい)
15194159大伴家持
礒上之都萬麻乎見者根乎延而年深有之神左備尓家里
礒の上の都萬麻を見れば根を延へて年深からし神さびにけり
いそのうへのつままをみればねをはへてとしふかからしかむさびにけり
都萬麻たぶのき
164496柿本人麿柿本人麻呂
三熊野之浦乃濱木綿百重成心者雖念直不相鴨
み熊野の浦の濱木綿百重なす心は思へど直に逢はぬかも
みくまののうらのはまゆふももへなすこころはもへどただにあはぬかも
濱木綿はまゆう
17143446作者不詳東歌
伊毛奈呂我都可布河泊豆乃佐左良乎疑安志等比登其等加多理与良斯毛
妹なろが使ふ川津のささら荻あしと人言語りよらしも
いもなろがつかふかはづのささらをぎあしとひとごとかたりよらしも
おぎ
1891723
河蝦鳴六田乃河之川楊乃根毛居侶雖見不飽<河>鴨
河蝦鳴く六田の川の川楊のねもころ見れど飽かぬ川かも
かはづなくむつたのかはのかはやぎのねもころみれどあかぬかはかも
ねこやなぎ
192142有間皇子
家有者笥尓盛飯乎草枕旅尓之有者椎之葉尓盛
家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る
いへにあればけにもるいひをくさまくらたびにしあればしひのはにもる
しい
202141有間皇子
磐白乃濱松之枝乎引結真幸有者亦還見武
磐白の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた還り見む
いはしろのはままつがえをひきむすびまさきくあらばまたかへりみむ
まつ
2181418志貴皇子
石激垂見之上乃左和良妣乃毛要出春尓成来鴨
石ばしる垂水の上のさ蕨の萌え出づる春になりにけるかも
いはばしるたるみのうへのさわらびのもえいづるはるになりにけるかも
わらび
2291777播磨娘子
君無者奈何身将装餝匣有黄楊之小梳毛将取跡毛不念
君なくは何ぞ身装餝はむ匣なる黄楊の小梳も取らむとも思はず
きみなくはなぞみよそはむくしげなるつげのをぐしもとらむともおもはず
黄楊つげ
23157長奥麿長忌寸意吉麻呂
引馬野尓仁保布榛原入乱衣尓保波勢多鼻能知師尓
引間野ににほふ榛原入り乱れ衣にほはせ旅のしるしに
ひくまのににほふはりはらいりみだれころもにほはせたびのしるしに
はんのき
24101879作者不詳
春日野尓煙立所見嬬等四春野之菟芽子採而煮良思文
春日野に煙立つ見ゆ少女らし春野のうはぎ採みて煮らしも
かすがのにけぶりたつみゆをとめらしはるののうはぎつみてにらしも
うはぎよめな
25102314柿本人麿歌集
巻向之桧原毛未雲居者子松之末由沫雪流
巻向の檜原もいまだ雲居ねば小松が末ゆ沫雪流る
まきむくのひはらもいまだくもゐねばこまつがうれゆあわゆきながる
ひのき

万葉の散歩道(1)名古屋東山植物園

万葉の散歩道(2)名古屋東山植物園

万葉の散歩道(3)名古屋東山植物園

万葉の散歩道(4)名古屋東山植物園

http://b.hatena.ne.jp/guide/bbutton


このエントリーをはてなブックマークに追加

<この稿は書きかけです。順次追記しています。>

twitter:@kaizen_nagoya
改善の本棚(booklog)
改善の本棚(読書メーター)
改善日誌(researcmap)
改善日誌(ameba)


Researchmap
「researchmapサービスは、国立研究開発法人科学技術振興機構知識基盤情報部が提供しています。」
「researchmapシステムは、国立情報学研究所社会共有知研究センターにおいて研究開発・提供しています。」

著作権法 第三十二条  
「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 
 2  国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」

https://researchmap.jp/kaizen/
小川清は、名古屋市工業研究所研究員で、著作権法第三十二条に基づいて、「研究」目的で、学術雑誌等で良俗となっている引用形式(書名、著者名、出版社名、ISBNまたはISSN、発行年、ページ等)をできるだけ踏襲するようにしています。
 ただし、kindleで購入した電子書籍には紙のページの記載がないものがあり、必ずしもページを特定できないことがあります。章節番号を記載するか、なるべく情報を補充するようにしています。紙でのページが確認できれば、紙のページを追記することがあります。
 引用の分量は、分野によって妥当な範囲が異なるかもしれません。それぞれの学術分野の引用における制約の範囲に止めるように努力しています。例えば、2割から3割り程度以内のように。引用で、逐条解説的な全部を引用した解説は、事前または事後において著者または著作権者の許諾を得るようにしています。
 研究範囲は、通信規約、言語(自然言語、人工言語)、自動制御(ソフトウェアの自動生成を含む)、工業標準(国際規格、JIS、業界団体規格等)。例えば、言語処理は、言語、自動制御、工業標準を含み、通信規約の一部でもあり、総合的に取り扱っています。文字フォントの今昔文字鏡、日本語語彙体系、多言語処理などの具体的なシステムやサービスを支える技術的な課題に取り組んでいます。短歌形式の言語解析、言語学習、自動生成などは、現在の研究対象の一つです。

なお、他の著作物からの引用は、それぞれの著作者の著作物で、引用に関する部分は、著作権法第三十二条2項の範囲外です。商用利用の場合には、それぞれの著作者にご確認ください。


21:12 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)