カウンタ

compteur (depuis le 25eme julie 2014)26675

道具箱

電設設定 >> 記事詳細

2014/04/01

Mathematicaで描く水素の波動関数

Tweet ThisSend to Facebook | by T_Zen
(Mathematicaで「実行」はただの「Return」ではなく「Shift-Return」です)

まずMathematicaでの、関数のプロット法、関数を定義してのプロット法をこれを見て覚えて、それから先に進んでください



これを参考にせよ。クンマーの合流型超幾何級数と、球面調和関数をプロットした例である。

こっちは超幾何級数を含むクーロン場中の粒子の動径波動関数R_{n,l}の例である。




波動関数は一般に定数倍だけ不定だが、積分を1にするように選ぶと便利。動径波動関数R_{n,l}(x) は∫dr r^2 |R_{n,l}(x) |^2=1になるように選ぶと都合がいいので、そう選んだ例を示す。

14:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 教育