研究ブログ

2016/01/23

【刊行】圧力団体としての農協

Tweet ThisSend to Facebook | by johshitak

 今回、「農協の政治運動と政界再編・構造改革・自由化 1980年代以後の農協農政運動団体の活動分析」を、宮本太郎、山口二郎編(2015)『リアル・デモクラシー ポスト「日本型利益政治」の構想』岩波書店にて寄稿させていただきました。 


出版社書籍案内

# 目次・序章(一部)



 本章は、農協が圧力団体としての政治的影響力をどの程度保持してきたか、影響力保持のためにどのような方法が取られてきたか、その試みのなかでどのような課題を抱えているかについて検討したものです。現在の農協の政治的影響力はTPP交渉過程で改めて注目され先行研究も多くありますが、それらに対し、農政運動の組織(農政連)や選挙の結果等の変遷を跡付けた点で新しさ・面白さを目指しました。とはいえ、どこまで成功しているか、特に現代に関する単著論文は初めてのことでもありますので、ご高覧いただければありがたい限りです。


23:25 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告
2013/12/18

出版『比較福祉国家』

Tweet ThisSend to Facebook | by handle0146721
 一章を分担で書かせていただいた書籍が、この度出版されました(出版社による紹介)。このテーマに関して(類書と異なり)かなりカバー範囲の広い教科書になっていると思います。

比較福祉国家: 理論・計量・各国事例
鎮目 真人, 近藤 正基
ミネルヴァ書房(2013/12/20)
値段:¥ 3,780


 なお、私は、日本福祉国家の歴史と現状に関する章を分担しております。御高覧いただけますようお願いします。

//
はしがき
 序 章  福祉国家を比較するために(鎮目真人・近藤正基)
第Ⅰ部  福祉国家の理論
 第1章  福祉国家の産業化理論・収斂理論(下平好博)
 第2章  福祉政治の理論(加藤雅俊)
 第3章  福祉制度変化の理論(安 周永)
第Ⅱ部  福祉国家の計量分析
 第4章  回帰分析(稗田健志)
 第5章  マルチレベル分析(筒井淳也)
 第6章  イベントヒストリー分析(柴田 悠)
 第7章  ファジィ・セット分析(鎮目真人)
第Ⅲ部  福祉国家の事例
 第8章  スウェーデン(渡辺博明)
 第9章  ドイツ(近藤正基)
 第10章  イギリス(大村和正)
 第11章  スペイン(中島晶子)
 第12章  アメリカ(西山隆行)
 第13章  韓 国(相馬直子)
 第14章  日 本(北山俊哉・城下賢一)
 索 引
//

(追記:2014/2/3)
 おかげさまで早速重版が決定しました。ありがたい限りです。

20:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告