宮崎 智之

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/16 11:03
 
アバター
研究者氏名
宮崎 智之
URL
http://neurosci.med.yokohama-cu.ac.jp/
所属
横浜市立大学
部署
医学部医学科 生理学
職名
准教授
学位
医学博士(横浜市立大学)
その他の所属
独立行政法人放射線医学総合研究所

プロフィール

これまで多くの蓄積があるAMPA受容体関連疾患に関する基礎的知見を臨床の現場に応用することを目的とし、AMPA受容体認識PET薬剤の開発を行っています。現在はfirst in human試験を成功させ、臨床開発の段階に移行しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
横浜市立大学医学部 生理学/麻酔科学 准教授
 
2012年5月
 - 
2016年3月
横浜市立大学医学部生 生理学/麻酔科学 助教
 

受賞

 
2018年3月
横浜市立大学 学長表彰
 

論文

 
Kubota T, Fukushima A, Hagiwara H, Kamiya Y, Furuta M, Miyazaki T, Fujioka H, Fujiwara SE, Funabashi T, Akema T
Neuroscience letters   671 70-75   2018年4月   [査読有り]
Sugawara Y, Miyashita T, Mizuno Y, Nagamine Y, Miyazaki T, Kobayashi A, Tojo K, Iketani Y, Takaki S, Goto T
Journal of healthcare engineering   2018 9615264   2018年   [査読有り]
Miyashita T, Mizuno Y, Sugawara Y, Nagamine Y, Koyama Y, Miyazaki T, Uchimoto K, Iketani Y, Tojo K, Goto T
Journal of telemedicine and telecare   21(2) 73-79   2015年3月   [査読有り]
Tada H, Miyazaki T, Takemoto K, Jitsuki S, Nakajima W, Koide M, Yamamoto N, Taguchi A, Kawai H, Komiya K, Suyama K, Abe H, Sano A, Takahashi T
Scientific reports   7(1) 8471   2017年8月   [査読有り]
Yonezaki K, Uchimoto K, Miyazaki T, Asakura A, Kobayashi A, Takase K, Goto T
PloS one   10(3) e0122118   2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Anesthesia and Neurotoxicology
宮崎 智之 (担当:共著, 範囲:POD and POCD)
Springer Japan   2017年   

講演・口頭発表等

 
Visualization of AMPA receptors in living human brain with positron emission tomography - the novel approach to delineate epileptic focus
宮崎 智之
WCP2018   2018年7月5日   
New Antidepressant Drug of AMPA positive allosteric modulators
宮崎 智之
WCP2018   2018年7月3日   
AMPA受容体をターゲットとした新規抗うつ薬の開発
宮崎 智之
第138回日本薬理学会関東部会   2018年3月10日   

競争的資金等の研究課題

 
AMPA受容体PETプローブを用いた精神神経疾患横断的研究
日本医療研究開発機構: 脳科学研究戦略推進プログラム
研究期間: 2016年5月 - 2021年3月    代表者: 高橋 琢哉
セボフルランによる抗不安効果発現の神経回路同定とその分子メカニズムの解明
文部科学省: 基盤研究B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 後藤 隆久
オピオイドの新規効能を応用したPTSD治療法の開発
文部科学省: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 宮崎 智之
新規AMPA受容体標識PET薬剤によるてんかん焦点同定の補助診断薬としての開発
日本医療研究開発機構: 橋渡し研究加速ネットワークプログラム
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 高橋 琢哉