カウンタ

COUNTER27098

日誌

未来日誌 >> Article details

2017/01/28

未来短歌会 歌誌未来  月と鏡集(佐伯裕子 選) 小川清

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

未来の写真をクリックすると、researchmapの各月の頁または読書メーターに飛びます。


「小川清」の行をクリックすると、小川清が各月で詠った短歌一覧に飛びます。

名前の前に題を書いています。2016年8月号までは題はありません。その代わり、内容を名前の後に記載しました。


 未来短歌会 未来2016年4月号小川集(非公認) by 小川清5人9記事

2 歌誌 未来2016年4月号 月と鏡集(佐伯裕子 選) 小川清   クリスマス・正月の食べ物・発表会

3  未来 2016年4月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)


未来 2016年4月号 と 推敲方法の覚え


1 来短歌会 未来2016年5月号小川集(非公認) by 小川清6人9記事

2 歌誌 未来2016年5月号 月と鏡集(佐伯裕子 選) 小川清 不忍歌会(初歌会)

3  未来 2016年5月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)


1 未来短歌会 未来2016年6月号小川集(非公認) by 小川清6人9記事

2 歌誌 未来2016年6月号 月と鏡集(佐伯裕子 選) 小川清 植物・本川克幸未来2016年1月号への返歌

3  未来 2016年6月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)



1 未来短歌会 未来2016年7月号小川集(非公認) by 小川清6人8記事

2 歌誌 未来2016年7月号 月と鏡集(佐伯裕子 選) 小川清 追悼本川克幸

3  未来 2016年7月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)


1 未来短歌会 未来2016年8月号小川集(非公認) by 小川清6人7記事

2 歌誌 未来2016年8月号  月と鏡集(佐伯裕子 選) 小川清 植物

3  未来 2016年8月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)



1 未来短歌会 未来2016年9月号小川集(非公認) by 小川清6人10記事

2 歌誌 未来2016年9月号 萬葉の散歩道(東山植物園)  小川清 月と鏡集(佐伯裕子 選)

3  未来 2016年9月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)


1 未来短歌会 未来2016年10月号小川集(非公認) by 小川清6人9記事

2 歌誌 未来 2016年10月号 帽子 小川清 月と鏡集(佐伯裕子 選)

3  未来 2016年10月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)



1 未来短歌会 未来2016年11月号小川集(非公認)  by 小川清 6人8記事

2 歌誌 未来 2016年11月号 東山植物園 雨上り(東山植物園) 小川清 月と鏡集(佐伯裕子 選)

3  未来 2016年11月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)



1 未来短歌会 未来2016年12月号小川集(非公認)  by 小川清 7人8記事

2 歌誌 未来2016年12月号 現代女性歌人展(土屋文明記念館) 小川清 月と鏡集(佐伯裕子 選)

3  未来 2016年12月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)



1 未来短歌会 未来2017年1月号小川集(非公認)by 小川清7人8記事

2 歌誌 未来2017年1月号 万葉公園(湯河原)小川清 月と鏡集(佐伯裕子 選)

3  未来 2017年1月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)



未来短歌会 未来2017年2月号小川集(非公認) by 小川清7人10記事

2 歌誌 未来 2017年2月号 書 小川清 月と鏡集(佐伯裕子 選)

3  未来 2017年2月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)



1 未来短歌会 未来2017年3月号小川集(非公認) by 小川清7人10記事

2 歌誌 未来 2017年3月号 山の背の道(東山植物園) 小川清 月と鏡集(佐伯裕子 選)

3  未来 2017年3月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)


ps.
東山植物園の写真は商業利用でなければ利用して良いとのことです。
学術ネットワークであるresearcmap.jpへの掲載は、学術目的であれば問題ないとのことです。そのため、商業利用、商業サイトへの転載の際は、ご連絡ください。



1 未来短歌会 未来2017年4月号小川集(非公認) by 小川清7人13記事
2 未来 2017年4月号 クリスマスのおもてなし展  小川清
 月と鏡集(佐伯裕子 選) 
3  未来 2017年4月号 月と鏡集 佐伯裕子 選・不忍歌会(現在一時的に非公開)

未来短歌会 歌誌 未来  2017年5月号 ポエトリースラム名古屋大会 小川清(月と鏡集 佐伯裕子 選)



未来短歌会 歌誌 未来  2017年6月号 不忍歌会 小川清(月と鏡集 佐伯裕子 選)


未来短歌会 歌誌 未来  2017年7月号 feel9 春日井 小川清

「Feel9(フィールナイン)」亀山ののこ写真展下北沢の農民カフェで
「未来」歌人四人の言葉がささやいた写真に寄せる思いのしらべ
Twitterブロックしたりされたりと笑顔で交わすネットのことを
憲法の九条かたどる「9」の字が写真にしるしとして佇んで
マシュマロのような君らと歩いたら草原を超え未来に着くね
写真集バッチ印刷物小物しるしるけんぽうオリジナルティー
憲法の条文の意味王縛る法律しくみ権利への闘争



未来短歌会 歌誌 未来  2017年8月号 月と鏡集 佐伯裕子 選 小川清 p,88



月と鏡集 佐伯裕子 選 p,78

未来短歌会 歌誌 未来  2017年9月号「ニベア」「森緑」検索 小川清





月と鏡集 佐伯裕子 選 p,70

未来短歌会 歌誌 未来  2017年10月号 U-12 サッカー 小川清



月と鏡集 佐伯裕子 選 p,75

未来短歌会 歌誌 未来  2017年11月号 タイ 米菓   春日井 小川清



月と鏡集 佐伯裕子 選

未来短歌会 歌誌 未来  2017年12月号 スタバde朝活読書会  名古屋久屋大通 小川清



月と鏡集 佐伯裕子 選 p,86

未来短歌会 歌誌 未来  2018年1月号 あられ(米菓) 春日井 小川清



未来短歌会 歌誌 未来  2018年3月号  月と鏡集 佐伯裕子 選 p,73 STAMP Workshop & WOCS2 



未来短歌会 歌誌 未来2018年4月号 月と鏡集 月と鏡集 佐伯裕子 選 p82
クリスマスおもてなし展 陶器  



未来短歌会 歌誌 未来  2018年5月号 月と鏡集 佐伯裕子 選 p82 短歌な新年会@名古屋





未来短歌会 未来 2018年6月号 月と鏡集 佐伯裕子 選 p,72 Qiita.com


未来短歌会 歌誌 未来  2018年8月号  月と鏡集 佐伯裕子 選 p.81  C言語C++とC#




未来短歌会 歌誌 未来2018年9月号 月と鏡集 小川清



未来短歌会 歌誌 未来2018年11月号 月と鏡集 佐伯裕子 選 p.69
歌人のふんどし 



未来短歌会 歌誌 未来2018年12月号 月と鏡集 佐伯裕子 選 p.78

ポエトリースラムジャパン 名古屋 



未来短歌会 歌誌 未来2019年1月号


<この稿は書きかけです。順次追記しています。>


「小川集」の行をクリックすると、未来短歌会の「小川集(仮想)」が各月で詠った短歌一覧に飛びます。小川集(仮想)の一覧はこちらhttps://researchmap.jp/jopxxglrz-2075951/#_2075951



twitter:@kaizen_nagoya
改善日誌(researcmap)
改善の本棚(読書メーター)
改善(booklog)
改善日誌(ameba)
改善の本棚(amazon.co.jp)

Researchmap
「researchmapサービスは、国立研究開発法人科学技術振興機構知識基盤情報部が提供しています。」
「researchmapシステムは、国立情報学研究所社会共有知研究センターにおいて研究開発・提供しています。」

著作権法 第三十二条  
「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 
 2  国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」

https://researchmap.jp/kaizen/
小川清は、名古屋市工業研究所研究員で、著作権法第三十二条に基づいて、「研究」目的で、学術雑誌等で良俗となっている引用形式(書名、著者名、出版社名、ISBNまたはISSN、発行年、ページ等)をできるだけ踏襲するようにしています。
 ただし、kindleで購入した電子書籍には紙のページの記載がないものがあり、必ずしもページを特定できないことがあります。章節番号を記載するか、なるべく情報を補充するようにしています。紙でのページが確認できれば、紙のページを追記することがあります。
 引用の分量は、分野によって妥当な範囲が異なるかもしれません。それぞれの学術分野の引用における制約の範囲に止めるように努力しています。例えば、2割から3割り程度以内のように。引用で、逐条解説的な全部を引用した解説は、事前または事後において著者または著作権者の許諾を得るようにしています。
 研究範囲は、通信規約、言語(自然言語、人工言語)、自動制御(ソフトウェアの自動生成を含む)、工業標準(国際規格、JIS、業界団体規格等)。例えば、言語処理は、言語、自動制御、工業標準を含み、通信規約の一部でもあり、総合的に取り扱っています。文字フォントの今昔文字鏡、日本語語彙体系、多言語処理などの具体的なシステムやサービスを支える技術的な課題に取り組んでいます。短歌形式の言語解析、言語学習、自動生成などは、現在の研究対象の一つです。

なお、他の著作物からの引用は、それぞれの著作者の著作物で、引用に関する部分は、著作権法第三十二条2項の範囲外です。商用利用の場合には、それぞれの著作者にご確認ください。




10:36 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)