研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/08/20

旧姓併記パスポート

Tweet ThisSend to Facebook | by ch_matsui
多くの人が結婚後に改姓手続きを取ることになると思いますが、それにまつわる事を少し記しておきます。実は、私の周りには同業者かどうかに関わらず、男性が改姓したケースも少なからずあったので、これからは男性も結婚の際には改姓手続きについて(するにせよしないにせよ)意識しておくのがいいと思います。
私は結婚前、改姓は手続きが面倒そうだなぁとなんとなく思っていたのですが、いざ結婚するときに、「姓は変えたくないとか、そういうことはある?」と聞かれ、あまり自分の姓にこだわりがないことに気付きました。職場では当たり前のように旧姓使用が認められていたこともあり、改姓することにしました。手続きはそれなりに面倒でしたが、特殊な手続きが必要なのはおそらく「パスポートの旧姓併記」くらいだと思います。

そういえば、少し前に旅券への旧姓併記の拡大が検討されているというニュースがありました(http://www.gender.go.jp/kaigi/senmon/jyuuten_houshin/sidai/pdf/jyu10-shiryo10.pdf)。たぶん、私が申請したときはまだ拡大されていないときだったと思いますが(ひょっとしたら今もまだ?)、旧姓である程度の業績を挙げている人なら問題なく発行してもらうことができます。具体的には、「改姓後に旧姓で国際的に活動した証拠」を提出できればいいです。たとえば、国際ジャーナルから出版された論文や、国際会議のプラグラムなどです。これらに旧姓と新姓を併記してしまった場合については、経験がないのでわかりません。
「例外的措置」なんて書かれているため構えていましたが、旧姓併記はメリットこそあれデメリットは見当たらないので、面倒でも申請したほうがいい!という先輩既婚者のアドバイスに従って損はなかった、というのが今のところの印象です。
20:45 | Impressed! | Voted(1) | Comment(0)