カウンタ

2628679(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2016/09/05

東京都立青山高等学校第70回外苑祭雑感(1)

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

9月3日(土)、4日(日)に行われた東京都立青山高等学校の第70回外苑祭は、第1日目に3596名、第2日目に4565名が来場し、来場者の合計は8161名となりました。


外苑祭の来場者数が初めて7000名を超えたのは2014年の第68回であり、2015年の第69回では史上最多の8272名が来場しました(図1)。そして、今回は歴代2位となる8161名が来場しており、外苑祭はこの3年間で従来以上に多くの来場者を集めています。


図1 東京都立青山高等学校外苑祭の来場者数の推移(2002-2016年度)
図1 東京都立青山高等学校外苑祭の来場者数の推移(2002-2016年度)

それでは、なぜこの3年で来場者の「わずかな変化」が生じたのでしょうか。


第69回外苑祭の来場者が8000名を超えた際、本欄は以下の4つの原因を挙げました1


(1)1学年が1学級増加した。
(2)外苑祭の開催日が9月ではなく8月であることが来場者に周知された。
(3)他の高校の文化祭と重複しなかった。
(4)小雨が降っていたものの荒天になることはなかった。


このうち、今回も適用され得る原因は(1)と(4)です。すなわち、2015年度の入学生のみ1学級増となる8学級制となり、在校生の数も例年に比べて40人程度増加したことは、来場する家族や友人、知人の母数が増えたことを意味するとともに、当初の天気予報では2日目の9月4日(日)は午前中が降雨であったものの実際には朝方に雨が上がったため、外苑祭の鑑賞を予定していた人たちが計画通り来場することになったといえます。


これに対し、(2)と(3)については開催日が9月に戻ったこと、さらに東京都立国立高等学校の国高祭や東京都立新宿高等学校の朝陽祭など他校の文化祭と開催日が重複したことで、今回の来場者数を説明する理由とはなりません。従って、他の何らかの原因があることが推測されます。


そして、種々の原因のうちの一つとして挙げられるのが、入学試験の受検者数との関係です。


青山高校は、2015年2月に実施された一般入試には東京都立日比谷高等学校の722名に次ぐ644名が、2016年2月の一般入試でも日比谷高校の605名に次ぐ597名が応募、2年連続で都立高校普通科の中で2番目に多い受検者が志望しました2, 3


2014年2月は志望者が485名で第10位の志願者数でしたから4、青山高校を志望する受検者の数が過去2年間で他の都立高校に比べて増加していることが分かります。


受検者数の変化の主たる背景としては、2015年4月入学生のみ1学級が増設されたという青山高校のみに当てはまる理由と、所得の減少や家計の困窮などにより、かつては私立の高等学校に進学し、あるいは中学校から私学に通っていた家庭の子女が公立の中高一貫校や高校に通うようになる傾向が生じるという、公立高校にある程度まで妥当する理由とが挙げられるでしょう。


このとき、受検者数と外苑祭の来場者数との関係に注目すると、中学生が志望校を選択する際に対象となる学校の雰囲気を直接知るために文化祭を見学しようとして外苑祭に来場したことが推察されます。


実際、644名が応募した2015年4月入学生については、皆さんが中学3年生であった2014年度に外苑祭の来場者が初めて7000名に達していますし、597名が願書を提出した2016年4月入学生についても2015年度の外苑祭に8272名が来場したことは、中学生が志望校を見学するための機会の一つとして外苑祭を参観した可能性を示唆します。


ただし、過去の外苑祭の来場者数と受検者数との間にはある程度の相関関係は認められる程度のため、2年連続で来場者が8000名を超えたからといって2017年2月の入学試験の志願者数が多くなると断定することは出来ませんし、第70回外苑祭の8161名の来場者のうち、中学生の占める割合が他の年に比べて突出しているとも限りません。


また、外苑祭だけでなく、外苑祭と同じ日に開催された他校の文化祭の来場者数の動向や、天候、昨年度の来場者数の多さが今年度にも影響を与えた可能性、あるいは、外苑祭そのものの認知の程度の高低なども視野に入れなければならないことは、論を俟ちません。


何より、在校生の皆さんの一人ひとりが外苑祭に対して真摯な努力を行うというあり方が衰退すれば、外苑祭そのものの魅力が低下し、多くの来場者が青山高校に足を運ぶことはありません。


それ故に、来場者の数が来年度以降も継続して8000名以上を記録する否かという点は大いに興味深い事項ではあるものの、在校生の皆さんがこれからも外苑祭に対して正面から向き合い、自らの務めを果たすことこそが外苑祭の声価を高め、より多くの人が青山高校に訪れる最良の方法であるということが出来るのです。


1 鈴村裕輔, 東京都立青山高等学校第69回外苑祭雑感(1) . 2015年8月31日, http://researchmap.jp/joaocad0d-18602/.
2 平成27年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況(最終応募状況). 東京都教育庁, 2015年2月16日, http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2015/pr150216/27futsu.pdf (2016年9月5日閲覧).
3 平成28年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況(最終応募状況). 東京都教育庁, 2016年2月16日, http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2016/pr160216a/28futsu.pdf (2016年9月5日閲覧).
4 平成26年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況(最終応募状況). 東京都教育庁, 2014年2月14日, http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2014/pr140214d/26futuu.pdf (2016年9月5日閲覧).


<Executive Summary>
Miscellaneous Impressions of the 70th Gaien Festival of Tokyo Metropolitan Aoyama High School (I) (Yusuke Suzumura)


The 70th Gaien Festival of Tokyo Metropolitan Aoyama High School was held 3rd and 4th September 2016. In this article I wrote about my miscellaneous impressions of Gaien Festival.


トラックバックURLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=55611
17:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々の出来事