研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/09/28

劇団昴『君恋し ハナの咲かなかった男』@東京芸術劇場シアターウエスト

Tweet ThisSend to Facebook | by Boccaccio '15
東京芸術劇場シアターウエスト
2019年9月19日~26日
作:中島淳彦
演出:黒岩亮

公演終盤の25日の上演を見た。浅草で客が呼べなくなったかつてのスター・二村定一(白倉裕人)と、これから中央劇界を目指す井上ひさし(永井誠)と渥美清(矢崎和哉[崎はたつさき])が、戦後間もない千葉の芝居小屋で出会っていた、という設定の作品。「そうだったらいいのにな」と素直に思える、芝居への愛に根ざしたファンタジーである。テンポの良いセリフで随所で笑いを取る一方、しんみりするところもあり、昭和戦前期の主に二村のヒット曲も多数挿入されていて、脚本はよくまとまっている。

ただ、物語の落とし所がそれで良かったのかはよく分からない。作中では、かつての持ち歌をかつてと同様にアップテンポで演奏することにこだわり続けてきた二村が、ゲスト出演先の一座の座長・香代子(磯辺万沙子)と、井上ひさしとに再三提案されて、ついには自らと向き合い万感の思いを込めて、スローテンポで「君恋し」を歌う、というところが、最大の聴かせどころとなっている。駆け出し台本作家の井上が、ドラマ重視でスローテンポでの演奏を主張するのは理解できるんだけど、二村の全盛期を知っていて、その声の軽さ、テンポの速さの魅力を充分に理解していて、二村のエノケンへのわだかまりも承知していたはずの香代子まで、二村にスローテンポでの演奏を直接提案するのは、どういう理由なのかよく分からなかった。

最後のスローな歌唱によって、二村の到達した境地を象徴的に示そうとしている、という意図はもちろん分かるんだけど、結局わたしが見たいのはそういう二村像じゃなかった。最終場で伝聞によって伝えられる、血を吐いてなおヘラヘラしていた、という姿のほうが、わたしには二村らしいと感じられる。それはきっと「人が信じたがる明るい伝説の部分」にすぎないのだけど。

あと、歌唱表現のみで心境の変化を表すには(そしてそれまでの場面で落魄ぶりを表すのにも)、二村役の白倉裕人の歌は、やや不充分だったと思う。実在人物をモデルとする3つの役柄はいずれも、見た目は本人に似せて作り込んでいたので、だったら歌唱の発声ももう少し実際の二村に寄せる努力をしても良かったんじゃないか、とも思うけど、まあ、どうやってもモノマネの域を出ない気もする。

二村を含めた多くの登場人物が、しっかりと奥行きを持って、「ダメなところもあるけれど愛すべき人物」として描かれている。それだけに、「ハナの咲かなかった男」という副題はいかにも残酷だ。芸人たちにこれほど温かなまなざしを向けた台本なのだから、その温かさのままで副題つけても良かったんじゃないの?

作品冒頭、若手たちが「私の青空」を演奏していると、スローすぎる、エノケンの影響だと香代子がばっさり切り捨てる、という箇所がある。けれど劇中の二村は最後まで、この曲を歌わない。で、カーテンコールで初めて、実際の二村による演奏が流れる、という形になる(開演の直前に劇場に着いたので確かなことは言えないけれど、開演前の客入れにも二村の録音を使ってはいたけど、「私の青空」を含め、劇中に登場する曲はすべて避けられていたように思う)。二村版未体験の観客にとっては、ここでようやく、二村の演奏がどれだけ速かったのかを知ることになるわけで、これだけ溜めてから聴くとさぞかし新鮮に聞こえただろうと思う。ちょっとうらやましい。

帰ってきた街のSOS! 二村定一コレクション1926-1934
二村定一
ぐらもくらぶ(2016/05/15)
値段:¥ 3,456

沙漠に日が落ちて─二村定一伝
毛利 眞人
講談社(2012/01/27)



00:04 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 音楽・舞台

カウンタ

COUNTER671541Since Sep. 1, 2011