カウンタ

2690548(Since 21st May 2010)

研究ブログ

研究ブログ >> Article details

2019/02/08

【評伝】フランク・ロビンソンさん--稀有な成功を収めた偉大な選手

Tweet ThisSend to Facebook | by suzumura

現地時間の2月7日(木)、元大リーグ選手で監督のフランク・ロビンソンさんが死去しました。享年83歳でした。


1956年にシンシナティ・レッズに昇格して152試合に出場し、打率.290、38本塁打、83打点、122得点で新人王を獲得すると、ロビンソンさんは強打の外野手としてレッズ打線の主力として活躍しました。


その後、1961年にMVPに選出され、1966年にボルティモア・オリオールズに移籍して三冠王となって再びMVPを獲得し、大リーグ史上初めてナショナル・リーグとアメリカン・リーグのMVPとなりました。


さらに、1975年には選手兼任監督としてクリーブランド・インディアンズを指揮し、大リーグ史上初のアフリカ系アメリカ人の監督となりました。


1976年に現役を引退したロビンソンさんは、21年間の現役生活で打率.294、586本塁打、1812打点を記録したロビンソンさんは1950年代から1970年代の大リーグを代表する選手でした。


そして、監督に専念するようになった1977年からはインディアンズ、サンフランシスコ・ジャイアンツ(1981-1984年)、ボルティモア・オリオールズ(1988-1991年)、モントリオール・エクスポズとその後身のワシントン・ナショナルズ(2002-2006年)と、通算16年間で2241試合を指揮し、1065勝1176敗を記録しています。


選手としても監督としても大成し、1982年に野球殿堂に選出され、2000年には大リーグ機構の副会長に選ばれたことが示すように、ロビンソンさんは、文字通り球史に燦然と輝く偉大な選手でした。


また、公民権運動に参画し、オリオールズ時代には全米黒人地位向上協会にも加入したロビンソンさんは、選手としては練習と節制に努め、監督としては選手の反抗的な態度や奔放な行動を戒め、監督の権威を侵害する者は中心選手であっても容赦なく対処するなど、禁欲的で厳格な人物でもありました。


1947年にジャッキー・ロビンソンが人種の壁を超えて大リーグに画期をもたらした後、様々な「大リーグ初」の道を開拓したのがフランク・ロビンソンさんでした。


「大リーグ最初の黒人選手」であるジャッキー・ロビンソンが引退した1956年、大リーグにおけるアフリカ系米国人選手の割合は6.7パーセントでした。その後も1981年に大リーグ選手の18.7パーセントがアフリカ系米国人選手になるなど、「黒人選手」は大リーグに不可欠な存在になったかのようです。


しかし、1993年に初めて大リーグにおける選手の割合が中南米系選手を下回ると、その後もアフリカ系米国人選手の数は減り続け、2017年時点での割合は7.7パーセントと、60年前とほぼ同じ水準となっています[1]。


さらに、守備位置別で見ると、アフリカ系米国人の選手は内野手と外野手で一定の割合でいるものの、投手になると選手の数が減り、捕手に至っては皆無に近く、2018年の開幕戦では、捕手として出場したのは、全員が白人か中南米系の選手でした。


これに加えて、球団職員についてもアフリカ系アメリカ人の割合は改善の傾向を示しているものの、依然として「白人優位」の状況が続いています[2]。


こうした情報からは、今後、第二、第三のロビンソンさんが登場する可能性が決して高くはないという見通しが成り立ちます。


その意味でも、ロビンソンさんは選手、監督、そして機構幹部としても成功を収めた、稀有な存在であったということが出来るのです。


[1]鈴村裕輔, 映画「ブラックパンサー」と「黒人捕手」. 2018年4月23日, https://researchmap.jp/jo27axr0y-18602/.
[2]Report gives MLB higher grades for racial, gender hiring efforts. Sport Business Journal, 23rd April 2018, https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/04/23/Research-and-Ratings/MLB-report-card.aspx (accessed on 8th February 2019).


<Executive Summary>
Critical Biography: Mr. Frank Robinson, An African-American Baseball Player Who Achieved a Remarkable Success (Yusuke Suzumura)


Mr. Frank Robison, a MLB player, manager and a hall of famer, had passed away at the age of 83 on 7th February 2019. Mr. Robinson is one of the most remarkable African-American MLB players, since he achived success as a player, manager, and executive.


Trackback URLhttps://researchmap.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=72056
18:20 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | Trackbacks(0) | 評伝