カウンタ

COUNTER36418since 2013.7.9

日誌

ブログ >> 記事詳細

2013/04/14

(21)長崎広島原子爆弾放射能恐怖トラウマPTSDの5症例

| by サイコドクターS
「広島長崎原子爆弾放射能トラウマPTSDの5症例とラポール・新規向精神薬治療について」
2012年第一回日本精神科医学会学術大会:大阪

 これまでに演者が発表してきた「東京大空襲被災と広島原子爆弾被爆の両方を経験し複雑性PTSDを呈した一例」(廣島医学2006年11月号)・「児童期に広島市北西山間部で原爆による黒い雨を浴びた複雑性PTSD患者にタンドスピロンとSDAが著効した一例」(2010年106回日本精神神経学会総会:広島平和記念公園内広島国際会議場)・「発癌への恐怖を抱く長崎原子爆弾被爆二世に解離症状と自殺企図を認めた一例」(2010年51回中国四国精神神経学会:米子)・「広島原子爆弾三歳時被爆者が原因不明の肝炎発病後にパニック症状を呈しタンドスピロン単剤が著効した一例~放射能への間接的恐怖がPTSD発病に与える影響について」(2011年107回日本精神神経学会総会:東京)・「長期治療患者がパロキセチン服用後に広島市北西山間部で原子爆弾による黒い雨を浴びたトラウマを想起した複雑性PTSDの一例」(2012年108回日本精神神経学会総会:札幌)の原爆PTSDの5症例の治療からわかることは、PTSDの本質は「解離」を主要な心理的機制とした複雑性PTSDであること。患者との親密な関係(ラポール)形成後に新規向精神薬は「無意識」に抑圧・解離された
トラウマ(病原外傷記憶)を催眠状態によらない覚醒状態で想起させ、「意識」レベルで受容させることで多様な表層症状を改善・消失させる働きを示すということである。
PTSD薬物治療機序については演者が既に発表した「元帝国陸軍兵士が複雑性PTSDを呈した一例」(廣島医学2007年3月号)が最も参考となる。被爆者のトラウマは深刻な放射能恐怖と個人的な外傷記憶の複合体であり、前者の恐怖感の治療上必要な表出はより困難であった。放射能被ばく恐怖という点では、今後さらなる増加が認められるだろう福島原発放射能トラウマPTSDの病態と治療について共通点が多いと思われる。十分な検討がなされていない東海村JCO臨界事故放射能トラウマPTSDの再考も必要である

原爆放射能トラウマPTSD発表して初めて拍手がもらえました。精神科医が少なくて精神科病院の看護師さんや薬剤師さんが多かったせいでしょう。

東海村JCO臨界事故放射能トラウマPTSDに触れることができた二回目です。

「ラポール・新薬単剤トラウマ強化受容療法」について簡潔にまとめてあります。
12:27 | 報告