カウンタ

COUNTER184893FROM 2012.12.05

技術士日誌(professional engineer diary)


2018/12/12

技術士の発言と責任

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
原子力発電に関して、過去の文献の記述について、疑問点を整理する。

特に、「原子力」という専門部門を持つ資格である技術士の記述について考察する。

月刊技術士は、職業倫理とか、技術倫理という記事を毎月のように掲載している。

しかし、過去の原子力に対する技術的な根拠のない記事に対する取り扱いは不十分であろう。

過去の記事、全部を洗い出し、技術的な根拠のない記述について、著者等に訂正を求めるのはどうだろう。

この取り組みができれば、技術士の面目躍如かもしれない。

それ以上に、原子力事故の調査報告に、原子力設計では用いるHAZOPという手法をもちいていないという実情からすれば、こちらの方が優先かもしれない。

いえ、被災地の人にとっては、現状の改善の方が最優先だろう。

1 震災・原子力発電所事故事後処理

2 原子力発電所事故分析

3 技術士倫理ふりかえり
20:21 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)