接続数(counter)

1741856COUNTUP FROM 2011/04/06

研究日誌(study diary)

研究ブログ >> 記事詳細

2017/01/03

明治天皇御製

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
明治天皇御製の歌数を確認作業中。

1 出典確認
1.1 類纂新輯明治天皇御集」、明治神宮、1990年11月1日
 「序」には、「今日、明治天皇の御製およそ十万首」とあり、「後記」には「そもそも御製の総数は九萬三千三十二首 もとより数の上で和歌市場の記録であるが、その総てを収めたものを御全集と称し、そのうちから前記の如く撰出、公刊されたのである。」とある。

「御全集百五十七冊(昭憲皇后御歌集四十七冊を含む)は、宮内廳侍従職に、又一部は京都御所に保管されてゐた。」とある。明治天皇御製は百十冊。

1.2  明治神宮

「明治天皇さまは立派な御体格で、剛毅果断であらせられた反面、御仁徳高く博愛の心に富ませられ、またユーモアを解せられたお方であったと伝えられています。また天皇さまは、和歌をお好みになり、御一代にお詠みになった御製(ぎょせい)の数は9万3千余首に及んでおり、常に国家国民の繁栄と世界の平和を祈念された尊い大御心を拝することができます。」


出展 1.1を想定

1.3 宮内庁
宮内庁宮内公文書館・明治神宮共催展示「宮中の和歌-明治天皇の時代-」の開催について
「本展示では,ご生涯で約9万3千首余りの御製をお詠みになり和歌を大切にされた明治天皇が,伝統を踏まえ,また時代の変化に対応しどのように和歌を受け継がれたかを,明治神宮宝物殿と宮内庁宮内公文書館に所蔵されている資料でたどりました。」

出典 1.1を想定

1.4 宗教法人 東京都神社庁
生命の言葉 一月
明治天皇(めいじてんのう)
「また、和歌を好まれ、九万三千首の御製をお詠みになられた。」
www.tokyo-jinjacho.or.jp

出典(上記のURLで見当たらず)

1.5 文献 
明治天皇御製の公開と「聖蹟」 : 田中光顕・児玉四郎の活動を事例として,清水 裕介 ,パルテノン多摩博物館部門研究紀要
 
下表を例示している。合計すると九万四千を超える歌がある。
重複、旧歌の混入などがないか確かめたい。
また、拝見して検討したい事項がある。

M11以前465720
M126915
M138095
M14333
M15162311
M16387927
M17315626
M18431414
M19270119
M207997
M2161
M2221
M23685
M24232
M2511679
M269545
M2712767
M2881
M29483340
M30153217
M31462933
M32396225
M33287513
M34246621
M35425742
M36384178
M376482280
M384617197
M395841151
M406536191
M41301376
M424786104
M433611104
M44266856
M45197973
付載018
 940941687

出典 宮内庁。重複、他の作品が混じっていないか未確認。

明治天皇御製数調(宮内公文書館所蔵)
明治天皇御製(文部省, 1922)

1.6 西野神社 社務日誌 2006-12-25 大正天皇

「嘉仁親王に和歌を教えられたのは、本居宣長の曾孫に当たる本居豊頴で、大正天皇は生涯で2,600首の和歌を作られ、その作風は高く評価されています。しかしこの数は、93,032首も作られた明治天皇や、10,000首近く作られた昭和天皇と比べると遥かに少なく、むしろ嘉仁親王が得意とされていたのは和歌よりも漢詩の方で、大正天皇は歴代天皇の中では最も多い1,367首もの漢詩を作られています。」

出典
1.1を想定

1.7 田中久三 aka 田中紀峰のサイト

「明治天皇御製だが、93032首という全集は皇室に153冊の写本として残されているという。」

出典 1.1を想定

1.8 四方の海 hear44のブログ

「明治神宮のおみくじ、大御心は
明治天皇さまの和歌93032首、昭憲皇太后さまの和歌27825首より、
15首ずつ合計30首選び、それに解説文を付したものとなっています 。」

出典 明治神宮の大御心

1.9  [神社]日本人が初詣に訪れる神社NO.1! 明治神宮のパワーに癒されよう!!
「大御心は明治天皇と昭憲皇太后から15首ずつ計30首あり、解説文とともに記されているので分かりやすいのです。ちなみに明治天皇は93032首、昭憲皇太后は27825首と、大変多くの歌を作られています。」

出典 明治神宮 文献名なし、大御心の写真には記述なし。

1.10 大御心 アプリ

「現代の我々はあたかも天皇を物言わぬ存在と考えていますが、歴代の天皇も和歌という形で言葉を発し続け、民と温かい心の交流をして、民に寄り添って来ました。例えば、明治天皇は生涯で93032首の和歌を詠みました。」

出典1.1を想定

1.11 しきしまのみちと天皇 - 日本の感性をよみがえらせよう - Yahoo!ブログ
「明治天皇は歴代天皇の中でも群を抜いて膨大な数、何と93032首の歌を残されました。未発表のものを合わせればもっと多い数を詠まれたと考えられます。」

出典 1.1 を想定

1.12 御製にみる明治天皇の教育思想, 影山 昇, 東京水産大学論集,34巻, 1999-03-29

「明治天皇の御製は実に九万三〇三二首の膨大な数にのぼっているが、ここでは前掲「明治天皇御製集・全」中から謹抄して、明治天皇の御製について考察する。」

出典1.1 を想定

2 図書館所蔵確認
国立国会図書館

書名編集者出版社年月日形式
明治天皇御製集 趣味社大正1年 東京
明治天皇御製歌集手島益雄楽園社大正1年 東京
明治天皇御製集千葉胤明大阪毎日新聞社大正11年 東京
明治天皇御製 国民精神作振会昭和4年 デジタルデータ
明治天皇御製類纂星野武男明治会本部昭和5年 東京
類纂明治天皇御製全集星野武男交蘭社昭和7年 東京
明治天皇御製兼子三代吉兼子三代吉昭和9年 デジタルデータ
明治天皇御製小林万吉 小林万吉 昭和9年,12年 デジタルデータ
明治天皇御製集(抄)渡辺偉哉宇宙社昭和10年 デジタルデータ
明治天皇御製集愛之事業社愛之事業社昭和10年 関西
明治天皇御製集森内神竜竜墨書道会昭和12年 デジタルデータ
明治天皇御製集 順正会昭和13年 東京
明治天皇御製集 大日本修養聯盟昭和14年 デジタルデータ
明治天皇御製集岩淵神風詩吟神風会本部昭和15年 デジタルデータ
明治天皇御製謹抄花田大五郎子文書房昭和15年 デジタルデータ
明治天皇御製集宮内省文岳堂出版部昭和15年 東京
明治天皇御製集藤枝雅脩忠誠堂昭和16年 東京
明治天皇御製集宮瀬睦夫第一出版協会昭和19年 デジタルデータ


3 関連文献調査
国立国会図書館
書名・題名著者雑誌名出版社巻号・発行年所蔵
明治天皇御製の公開と「聖蹟」 : 田中光顕・児玉四郎の活動を事例として (1.5に既出)清水 裕介パルテノン多摩博物館部門研究紀要.多摩市文化振興財団(11):2013東京
明治天皇御製をめぐる昭和十年代--文部省『國體の本義』等と御歌所所員「明治天皇御製謹話」との対比田中 綾日本近代文学会北海道支部会報日本近代文学会北海道支部(通号 10) 2007.5東京
明治神宮叢書. 第7巻(御集編 1)明治神宮 国書刊行会2003.4東京
わが仰ぎまつる明治天皇御製明治神宮 明治神宮崇敬会1980.3東京
明治天皇御製・昭憲皇太后御歌について木俣 修短歌角川学芸出版14(9) 1967.09.00デジタルデータ
明治天皇御製謹解. 下巻三島吉太郎 教材社1944デジタルデータ
明治天皇御製分類謹輯 -- 改訂版.水谷実 国光社1943デジタルデータ

03:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)