研究ブログ

研究ブログ >> 記事詳細

2012/03/19

人文系若手研究者のための奨学金・助成金リスト

Tweet ThisSend to Facebook | by Sayaka M

あくまで自分が使うために集めた情報なので、偏りがあります。

また、情報は古い可能性があるので、ご利用の際はちゃんとHP等をチェックしてください。


★総合サイト

  • 日本学生支援機構:http://www.jasso.go.jp/study_a/scholarships.html
  • ICC World:http://www.iccworld.co.jp/scholarship/list.shtml
  • 助成財団センター:http://www.jfc.or.jp/main.html

 

★奨学金(主に留学用)
 海外留学は、まずは各国政府奨学金に当たるのが無難です。それが使えないときのために。

  •  伊藤国際教育交流財団:http://www.itofound.or.jp/

出願:6月~8月

支給:月額12‐16万円+授業料実費+往復渡航費

応募資格:海外の大学等の大学院修士課程に正規生として入学を予定している者

 

  • 大学婦人協会(一般奨学生):http://www.jauw.org/

出願:6月に要項発表/9月に出願

支給:20万

応募資格:大学院に在籍1年以上の女子学生のみ。所属大学を通して出願。

 

  • 平和中島財団(日本人留学生奨学金):http://heiwanakajimazaidan.jp/

出願:9月〜10月

支給:月額20万(大学院)+往復渡航費

最長2年。他の奨学金・助成金との併給は認めない。 パチンコメーカー「平和」創業者中島建吉さんの財団。

 

  • 本庄国際奨学財団奨学金:http://www.hisf.or.jp/

出願:2月~4月

支給:月額20万円

応募資格:主として博士号取得を目的として、日本以外の海外の大学院に留学中または留学予定の日本国籍を有する学生。重複受給は×。4月に面接(電話も可)。

※日本国内の日本人大学院生(博士課程が主)向けの奨学金もあります。受付:9‐11月。

 

  • 吉田育英会:http://www.ysf.or.jp/

出願:9月〜10月

支給: 月額15万円+交通費+授業料

2年間、大学院留学。応募時においてすでに留学中の方、過去に学部又は大学院で1年を超える留学経験を有する方は対象になりません。

 

  •  CWAJ海外留学女子奨学生:http://www.cwaj.org/

出願:11月初

支給:年間約300万円

応募資格:国内の4年制大学を卒業し、日本国内に在住する日本国籍又は永住権を有する女性で、大学院・研究機関へ留学する者。ただし、すでに海外で勉学中の者、また海外在住中の者は応募できません。

※TOEFL600 (CBT  250, IBT  98)点以上が必要(→自分はこれで諦めました)

※2年を超えて滞在したことのある国はダメ。

 

  • 学生支援機構(短期:3ヶ月〜1年以内)

支給:月額8万円

国内大学在籍のまま派遣/派遣協定大学のみ

http://www.jasso.go.jp/scholarship/short_term_h.html

 

  • 学生支援機構(長期)

出願:10月頃〜留学年度の1月初(大学経由)

 

 

★貸与

  •  山口育英奨学金奨学生

出願:5月初

貸与額:月額8万(無利子)/大学院生は修士まで。4月分から交付。

 

  • 学生支援機構・第二種奨学金(有利子)

出願:6月下旬(募集期限は各学校で設定、学校の担当窓口で確認)

月額5万円・8万円・10万円・13万円・15万円の選択制。期間は3ヶ月以上1年以内。

 

 

★研究助成

  • 笹川科学研究助成:http://www.jss.or.jp/sasagawa/index.html

出願:10月上旬

支給:上限100万

応募資格:大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事、35歳以下。研究期間(4/1〜2/10)中の在日が条件。

 

  • スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団:http://www.sjsf.se/

出願:実施年度の1月15日

支給:上限100万

研究助成申請については、研究機関先からの招聘状、又は、受入れ書を必ず添付。重複受給可。
北欧関連研究、会議、イベント補助。

 

  • 旅の文化研究所:http://www.tabinobunka.com/

出願:9月〜10月

支給:上限60万円/1年間

応募資格:申請時ならびに研究期間中において日本の大学の大学院に在学する学生、日本の大学または大学院に籍を置く研究生(留学生を含む・海外からの出願も可とする)。
旅や移動に関する研究。

  • 松下国際財団 松下幸之助記念財団(2016/02/15修正):http://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/works/research/promotion_research_01.html

出願:3月に要項、4月〜 5月

支給:上限50万/1年間

応募資格:博士後期課程の学生/卒業後5年以内。重複受給可。
「人文科学・社会科学の領域において「国際相互理解の促進・わが国と諸外国との間に介在する諸問題の解決」「自然と人間との共生」に関する世界的な視野に立った社会的・学術的に要請の高い諸施策の提案、調査研究」

 

  • 三島海雲記念財団:http://www.mishima-kaiun.or.jp/

出願:1〜2月

支給:70万円/1年間(人文科学)

人文科学はアジア地域対象の研究のみ。若手研究者および女性研究者の積極的応募を期待。

 

  • 三菱財団:http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/cultural.html

出願:12月〜1月

支給:上限500万/1年間

日本に居住し、国内に研究拠点を有する必要。9月に贈呈式。樺山紘一氏が選考委員の一員。


16:36 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)