カウンタ

compteur (depuis le 25eme julie 2014)26676

道具箱

電設設定 >> 記事詳細

2014/04/01

Mathematicaで描くKronig-Penneyバンドギャップ

Tweet ThisSend to Facebook | by T_Zen

Mathematica のプログラム例を書くので、取り敢えず真似をして、同じ物を作ってください。vvを色々変えてバンド領域とギャップ領域がどう出てくるか、見てください。
*「Mathematica」を立ち上げる
*(バージョンによって「新規ノートを開く」をクリック)
*次のようなコマンドを打ち込む
(Mathematicaで「実行」はただの「Shift-Return」ではなく「Shift-Return」です)


13:50 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 教育