小川 純

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/22 12:45
 
アバター
研究者氏名
小川 純
 
オガワジュン
URL
http://www.junogawa.com/
所属
会津大学
部署
復興支援センター
職名
准教授
学位
博士(情報科学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年2月
 - 
現在
会津大学 復興支援センター 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年1月
北海道大学 大学院情報科学研究科 日本学術振興会 特別研究員PD
 
2015年9月
 - 
2016年8月
コロンビア大学 機械工学科 ポストドクトラル研究員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
北海道大学 大学院情報科学研究科 日本学術振興会 特別研究員DC1
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2015年3月
北海道大学 大学院情報科学研究科 情報理工学専攻 博士後期課程
 
2012年4月
 - 
2014年3月
北海道大学 大学院情報科学研究科 複合情報工学専攻 博士前期課程
 
2008年4月
 - 
2012年3月
北海道大学 工学部 情報エレクトロニクス学科情報工学コース
 

委員歴

 
2018年7月
 - 
2018年12月
The 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems 2018  ORGANIZING COMMITTEE / PROGRAM COMMITTEE
 
2018年4月
 - 
2019年3月
計測自動制御学会スワーム部門  運営委員会
 
2017年4月
 - 
2018年3月
計測自動制御学会スワーム部門  運営委員会
 
2016年2月
 - 
2017年9月
一般社団法人 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門  実行委員(企業展示)
 
2017年
 - 
2018年
サステナブル/ロボティックシステムデザイン研究会  運営委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
ロボコン in あいず  実行委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
ロボコン in あいず  実行委員
 

受賞

 
2018年10月
WRS2018 Tunnel Disaster Response and Recovery Challenge 優勝 経済産業大臣賞
受賞者: REL/UoA (F. Abe, S. Kaminokado, J. Ogawa)
 
2017年3月
公益社団法人精密工学会 ベストプレゼンテーション賞 パレート最適化戦略に基づくソフトロボットの多目的形状設計
 
2013年10月
一般社団法人情報処理学会 優秀ポスター賞 群移動シミュレーションにおける相互作用の解析支援システム -柔軟構造体群の移動時に発生する絡みの評価指標設計とその特徴解析-
 
2011年10月
一般社団法人情報処理学会 研究奨励賞 仮想水中環境における海藻モデルの絡み現象の開発
 

論文

 
A Study of Robotic Cooperation in Cloud Robotics: Architecture and Challenges
Wuhui Chen , Yuichi Yaguchi, Keitaro Naruse, Yutaka Watanabe, Keita Nakamura, Jun Ogawa
IEEE Access   6(1) 36662-36682   2018年   [査読有り]
Mechanism of generating drawbar pull of rod wheel on loose soil
Taku Matsumoto, Yoshiaki Oyama, Jun Ogawa, Keita Nakamura and Keitaro Naruse
Artificial Life and Robotics   22 503-508   2017年   [査読有り]
Jun Ogawa, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto and Masashi Furukawa
Journal of Robotics and Mechatronics   28(1) 40-49   2016年2月   [査読有り]
Estimation of Seaweed Twist Based on Diffusion Kernels in Physical Simulation
Jun Ogawa, Masahito Yamamoto and Masashi Furukawa
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   18(5) 823-829   2014年9月   [査読有り]
Jun Ogawa, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto and Masashi Furukawa
Journal of Artificial Life and Robotics   17(3-4) 383-387   2013年2月   [査読有り]

Misc

 
Water Flow Control for Inhibiting Seaweed Twist in Real Environment and Physical Simulation
Jun Ogawa, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, and Masashi Furukawa
Proceedings of the twentieth International Symposium on Artificial Life and Robotics      2015年1月   [査読有り]
Twist-state Classifier for Floating Marine Biomass based on Physical Simulation
Jun Ogawa, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, and Masashi Furukawa
Proceedings of the 13th International Conference on Intelligent Autonomous Systems 13      2014年7月   [査読有り]
Estimation of Twist Phenomenon in Seaweed Population based on Diffusion Kernels
Jun Ogawa, Masahito Yamamoto, and Masashi Furukawa
Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems      2013年11月   [査読有り]
DYNAMIC MODELING AND SIMULATION OF MOVING MARINE PLANT POPULATION
Jun Ogawa, Masahito Yamamoto, and Masashi Furukawa
Proceedings of Computer Graphics, Visualization, Computer Vision, Image Processing      2013年7月   [査読有り]
Study on Twining of Virtual Seaweed in Fluid Environment
Jun Ogawa, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, and Masashi Furukawa
Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent Autonomous Systems 12      2012年6月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
パレート最適化戦略に基づくソフトロボットの多目的形状設計
小川 純, 飯塚博幸, 山本 雅人
2017年度精密工学会春季大会学術講演会   2017年3月   
海洋バイオマスの運動制御に向けた絡み状態評価指標の設計
小川 純, 飯塚博幸, 山本 雅人, 古川 正志
ロボティクス・メカトロ ニクス講演会2014   2014年5月   
群移動シミュレーションにおける相互作用の解析支援システム-柔軟構造体群の移動時に 発生する絡みの評価指標設計とその特徴解析-
小川 純, 山本 雅人, 古川 正志
情報処理学会北海道シンポジウム 2013   2013年10月   
撹拌シミュレーションに基づく海藻群の移動解析
小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志
ロボティクス・メカトロニクス講演会 2013   2013年5月   
高密度状態における海藻個体群の移動シミュレーションとその力学的解析
小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志
2013 年度精 密工学会春季大会学術講演会   2013年3月   

競争的資金等の研究課題

 
災害現場における効率的な不整地踏破ロボットの開発に向けた進化ソフトロボティクス
日本学術振興会: 科研費・若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 小川 純
海藻培養最適化に向けた海藻群の挙動解析シミュレータの開発と水流制御技術の構築
日本学術振興会: 科研費・特別研究員奨励費
研究期間: 2014年4月 - 2017年1月    代表者: 小川 純