津森 登志子

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/03 13:11
 
アバター
研究者氏名
津森 登志子
 
ツモリ トシコ
通称等の別名
Ishibasi Toshiko
eメール
t-tsumoripu-hiroshima.ac.jp
所属
県立広島大学
部署
保健福祉学部
職名
教授
学位
修士(農学)(九州大学), 博士(医学)(和歌山県立医科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
県立広島大学保健福祉学部看護学科 教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
島根大学医学部医学科 解剖学講座神経形態学 准教授
 
2003年10月
 - 
2007年3月
島根大学医学部医学科 解剖学講座神経形態学 学内講師
 
1996年1月
 - 
2003年9月
島根医科大学 第2解剖学教室 学内講師
 
1989年5月
 - 
1995年12月
島根医科大学 第2解剖学教室 助手
 
1988年11月
 - 
1989年4月
和歌山県立医科大学 第1解剖学教室 研究生
 
1985年5月
 - 
1988年10月
和歌山県立医科大学 第1解剖学教室 助手
 

論文

 
Tsumori T, Tsumiyama W
Anatomical record (Hoboken, N.J. : 2007)      2017年7月   [査読有り]
Hein KZ, Takahashi H, Tsumori T, Yasui Y, Nanjoh Y, Toga T, Wu Z, Grötzinger J, Jung S, Wehkamp J, Schroeder BO, Schroeder JM, Morita E
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(42) 13039-13044   2015年10月   [査読有り]
津森登志子
人間と科学:県立広島大学保健福祉学部誌   15(1) 57-66   2015年3月   [査読有り]
Liaury K, Miyaoka T, Tsumori T, Furuya M, Hashioka S, Wake R, Tsuchie K, Fukushima M, Limoa E, Tanra AJ, Horiguchi J
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   50 184-190   2014年1月   [査読有り]
Furuya M, Miyaoka T, Tsumori T, Liaury K, Hashioka S, Wake R, Tsuchie K, Fukushima M, Ezoe S, Horiguchi J
Journal of neuroinflammation   10 145-153   2013年12月   [査読有り]
Tsumori T, Oka T, Yokota S, Niu JG, Yasui Y
Brain research   1537 132-142   2013年11月   [査読有り]
外部資金獲得を機に開始された島根大学での女性研究者・医療職支援 事業の紹介
津森 登志子
解剖学雑誌   88(4) 61-66   2013年9月   [査読有り][招待有り]
Oka T, Yokota S, Tsumori T, Niu JG, Yasui Y
Neuroscience Research   74 106-115   2012年10月   [査読有り]
Liaury K, Miyaoka T, Tsumori T, Furuya M, Wake R, Ieda M, Tsuchie K, Taki M, Ishihara K, Tanra AJ, Horiguchi J
Journal of Neuroinflammation   9 56-66   2012年3月   [査読有り]

Misc

 
IT機器使用による新しいコ・メディカル解剖学教育プログラムの開発
津森登志子, 加藤洋司, 武本秀徳, 積山和加子, 高宮尚美, 金指美帆, 森大志
県立広島大学総合教育センター紀要   (2) 87-90   2017年3月

講演・口頭発表等

 
オスラット外尿道括約筋はアンドロゲン受容体を発現する
津森登志子, 積山和加子
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年3月28日   
双方向型授業支援システムの活用は医療系学生の解剖学の自主学修モチベーション向上に有効か
津森登志子, 積山和加子
日本解剖学会第72回中国・四国支部学術集会   2017年10月28日   
ラットを用いた実験形態学的観点から尿漏れを考える [招待有り]
津森 登志子
平成29年度九州看護福祉大学研究講演会   2017年7月13日   
Expression of myosin heavy chain isoform in the external urethral sphincter in a rat model of simulated birth trauma
Toshiko Tsumori, Wakako Tsumiyama, Kiko Miyahara, Hiroko Wakatsuki
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年3月29日   
タブレット端末で操作する3D解剖アトラスを用いた理学・作業療法学科解剖学実習の試み
津森登志子, 加藤洋司, 武本秀徳, 積山和加子, 高宮尚美, 金指美帆
第70回解剖学会中国四国支部学術集会   2015年10月24日   
尿失禁モデルラットにおける筋損傷が尿道閉鎖不全を惹起する
津森登志子, 積山和加子
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会   2015年3月21日   
理学および作業療法学科学生への効果的な人体解剖見学実習の試み
津森 登志子
第69回解剖学会中国四国支部学術集会   2014年10月25日   
理学・作業療法学科学生における解剖実習 ー効果的な人体解剖見学実習を行うためにー
津森 登志子
コ・メディカル形態機能学会 第13回学術集会   2014年9月20日   
免疫電子顕微鏡法による内在化μオピオイド受容体の細胞内局在の検討
Ryosuke Ishida, Toshiko Tsumori, Tetsuro Nikai, Yukiko Katsube, Mai Takahashi, Youji Saito
第37回日本神経科学学会   2014年9月12日   
Melanocortin-4 receptor expressing neurons in the geniculate and petrosal ganglia send their fibers to the tongue taste bud cells
津森登志子, 岡 達郎, 横田成文, 安井幸彦
第119回日本解剖学会総会・全国学術集会   2014年3月28日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
レプチン・メラノコルチン系摂食調節回路と迷走神経の連関を形態学的に解析する
文部科学省: 科学研究費補助金(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 津森登志子
オレキシンニューロンへの侵害性入力を実験形態学的に視る
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 安井幸彦
視床下部レプチン・メラノコルチン系摂食回路への内臓感覚入力を実験形態学的に視る
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 安井幸彦

特許

 
津森登志子, 内田伸恵
特願 2011-119862