論文

2019年3月20日

かぜに対する認識と受診信念に関連する要因の探索 ~健診受診者を対象にしたアンケート調査より~

日本プライマリ・ケア連合学会誌
  • 阪本直人
  • ,
  • 堤円
  • ,
  • 釋文雄
  • ,
  • 春田淳志
  • ,
  • 後藤亮平
  • ,
  • 前野哲博

42
1
開始ページ
2
終了ページ
8
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
出版者・発行元
(一社)日本プライマリ・ケア連合学会

目的:健診受診者を対象に、かぜに対する認識の現状と受診信念との関連を明らかにすべく調査した。方法:2012年8月〜9月、茨城県X市健診受診者に対し、かぜに対する認識や対処行動について無記名自記式質問紙で調査した。結果:1079名(有効回答率74.5%)が調査対象となり、かぜをひいたら「点滴や注射を受けると早く治る」に75.9%が賛成し、42.0%が「ウイルスが原因のかぜは抗生物質が効かない」に反対した。また、同項目で28.6%が「分からない」と回答。また「かぜ薬を早めに飲むと早く治る(OR:1.61)と「点滴や注射を受けると早く治る(OR:1.86)」が受診信念に関連する要因であった。結論:かぜに対する認識、そして、抗生物質の効果や医療機関で行われる治療に対する理解が不十分なことが分かった。また、かぜ薬や点滴・注射が治癒期間を短縮するという認識が、受診信念と関連することが示された。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS