城潤一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/14 19:47
 
アバター
研究者氏名
城潤一郎
 
ジヨウ ジユンイチロウ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60511243.ja.html
所属
京都大学
部署
再生医科学研究所 生体組織工学研究部門 生体材料学分野
職名
助教
学位
工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
   
 
京都大学 再生医科学研究所 再生医科学研究所 研究員
 

論文

 
Masaki K, Sakai M, Kuroki S, Jo JI, Hoshina K, Fujimori Y, Oka K, Amano T, Yamanaka T, Tachibana M, Tabata Y, Shiozawa T, Ishizuka O, Hochi S, Takashima S
Stem cell reports   10(6) 1782-1792   2018年6月   [査読有り]
田畑 泰彦, 明石 祐典, 城 潤一郎
日本化学繊維研究所講演集 Annual report of the Research Institute for Chemical Fibers, Japan   75    2018年
Murata Y, Jo JI, Tabata Y
Journal of biomaterials science. Polymer edition   28(6) 555-568   2017年4月   [査読有り]
田畑泰彦, 吉本雄, 城潤一郎
日本化学繊維研究所講演集(CD-ROM)   74 ROMBUNNO.3.07   2017年3月
Zhang TY, Wu JH, Xu QH, Wang XR, Lu J, Hu Y, Jo JI, Yamamoto M, Ling D, Tabata Y, Gao JQ
International journal of pharmaceutics   520(1-2) 1-13   2017年3月   [査読有り]
城潤一郎, 田畑泰彦
Drug Delivery System   32(1) 50‐58-58   2017年1月
田畑 泰彦, 達冨 幹生, 城 潤一郎
日本化学繊維研究所講演集 Annual report of the Research Institute for Chemical Fibers, Japan   73 ROMBUNNO.3.08   2016年3月
Murayama S, Jo J, Arai K, Nishikido F, Bakalova R, Yamaya T, Saga T, Kato M, Aoki I
Analytical chemistry   87(23) 11625-11629   2015年12月   [査読有り]
青木伊知男, 城潤一郎, CABRAL Horacio, BAKALOVA Rumiana, BENNETT Kevin M.
Drug Deliv Syst   30(1) 47-53   2015年1月
Jo J, Tabata Y
Expert opinion on drug delivery   12(10) 1689-1701   2015年   [査読有り]
【細胞の3次元組織化-その最先端技術と材料技術 再生医療とその支援分野(細胞研究、創薬研究)への応用と発展のために】 (第1章)細胞3次元組織化のための材料 高分子 合成高分子(生体吸収性)
城 潤一郎, 田畑 泰彦
遺伝子医学MOOK   別冊(細胞の3次元組織化-その最先端技術と材料技術) 59-63   2014年2月
生体内で分解され,分解産物が代謝・排泄あるいは吸収される高分子は,生体吸収性高分子と呼ばれ,一時的に効果を発揮することが求められる薬剤担体や外科用材料のための素材として医療分野に多大な貢献をしてきた。本稿では,生体吸収性合成高分子の概要および代表的な生体吸収性合成高分子について紹介し,細胞3次元組織化のための生体吸収性合成高分子からなる足場の設計について概説する。(著者抄録)
Hiroshi Tanaka, Sho Yamaguchi, Jun Ichiro Jo, Ichio Aoki, Yasuhiko Tabata, Takashi Takahashi
RSC Advances   4 7561-7565   2014年1月   [査読有り]
Synthesis of dextran-based bone tracers for in vivo imaging from a dextran-template containing terminal acetylenes and amino groups though a diethylene glycol spacer is described. The tracer was used to visualize regenerated bone in a BMP-2 instal...
佐賀恒夫, 古川高子, 辻厚至, 青木伊知男, 長谷川純崇, AUNG U Winn, 金朝暉, 吉井幸恵, 須堯綾, 須藤仁美, 國領大介, 城潤一郎
放射線科学   56(3) 04-23   2013年10月
【分子イメージング技術によるがん等の病態診断研究】 最先端研究開発支援プログラムにおける「ナノ薬剤送達システムの創製」への取り組み ナノバイオ技術と分子イメージングとの融合へ
青木 伊知男, 國領 大介, 城 潤一郎, 辻 厚至, 佐賀 恒夫
放射線科学   56(3) 22-23   2013年10月
【分子イメージング技術によるがん等の病態診断研究】 放射線医学に貢献する放射線応答性バイオマテリアルの開発
城 潤一郎
放射線科学   56(3) 19-20   2013年10月
Shuhei Murayama, Shuhei Murayama, Jun Ichiro Jo, Yuka Shibata, Kun Liang, Tomofumi Santa, Tsuneo Saga, Ichio Aoki, Masaru Kato
Journal of Materials Chemistry B   1 4932-4938   2013年10月   [査読有り]
We developed a simple method to prepare PEG-based soft nanoparticles that encapsulate dual imaging probes. Because the probes could be encapsulated by either chemical or physical means, a variety of probe molecules were encapsulated within the nan...
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫
NIRS-M (Natl Inst Radiol Sci)   (260) 173-174   2013年8月
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫
放射線科学   56(2) 37-38   2013年6月
最近の成果 放射線応答性ハイドロゲルの開発 薬剤送達システムを活用した新しい放射線治療技術へ
城 潤一郎, 青木 伊知男, 佐賀 恒夫
放射線科学   56(2) 37-38   2013年6月
【ここまで広がるドラッグ徐放技術の最前線-古くて新しいドラッグデリバリーシステム(DDS)-】 (第2章)徐放技術の医療応用 新規治療 細胞-drugハイブリッド
城 潤一郎, 田畑 泰彦
遺伝子医学MOOK   別冊(ここまで広がるドラッグ徐放技術の最前線) 258-263   2013年3月
細胞-drugハイブリッドは,細胞とdrugとを組み合わせることにより,両者の特長を活かした医療を可能とする新規医療である。本稿では,細胞-drugハイブリッドに必要な技術および方法論ついて概説する。加えて,細胞-drugハイブリッドの医療応用の現状と具体例について紹介するとともに,細胞-drugハイブリッドの構築における徐放技術の有用性について言及する。(著者抄録)
【ここまで広がるドラッグ徐放技術の最前線-古くて新しいドラッグデリバリーシステム(DDS)-】 (第1章)徐放技術のための材料 高分子 天然高分子(多糖)
城 潤一郎, 田畑 泰彦
遺伝子医学MOOK   別冊(ここまで広がるドラッグ徐放技術の最前線) 52-57   2013年3月
多糖は,タンパク質,核酸,脂質と並び,生体を構成している天然高分子である。比較的大量に得ることが可能なため,多糖は古くから医薬品添加物,医用材料,食品,衣料品,紙など,広い分野を支える天然素材として利用されてきた。本稿では,まず多糖の基礎と生物医学研究および医療応用について概説し,続いて「徐放材料」としての多糖について,その研究動向を解説する。(著者抄録)
城潤一郎, 田畑泰彦
再生医療   12(1) 78-79   2013年2月
Jo JI, Lin X, Nakahara T, Aoki I, Saga T, Tabata Y
Tissue engineering. Part A   19(1-2) 30-39   2012年7月   [査読有り]
Sasaki N, Jo J, Aoki I, Sato K
Analytical biochemistry   458 72-74   2014年8月   [査読有り]
Liu J, Jo J, Kawai Y, Aoki I, Tanaka C, Yamamoto M, Tabata Y
Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society   157(3) 398-405   2012年2月   [査読有り]
Bennett KM, Jo J, Cabral H, Bakalova R, Aoki I
Advanced drug delivery reviews   74 75-94   2014年7月   [査読有り]
Shiraishi K, Endoh R, Furuhata H, Nishihara M, Suzuki R, Maruyama K, Oda Y, Jo J, Tabata Y, Yamamoto J, Yokoyama M
International journal of pharmaceutics   421(2) 379-387   2011年12月   [査読有り]
Miura N, Shimizu M, Shinoda W, Tsuno S, Sato R, Wang X, Jo J, Tabata Y, Hasegawa J
Nucleic acid therapeutics   23(5) 332-343   2013年10月   [査読有り]
Ishikawa H, Jo JI, Tabata Y
Journal of biomaterials science. Polymer edition      2011年12月   [査読有り]
Ishikawa H, Nakamura Y, Jo J, Tabata Y
Biomaterials   33(35) 9097-9104   2012年12月   [査読有り]
Watanabe M, Li H, Roybal J, Santore M, Radu A, Jo J, Kaneko M, Tabata Y, Flake A
Tissue engineering. Part A   17(7-8) 1099-1110   2011年4月   [査読有り]
Doi N, Jo JI, Tabata Y
Journal of biomaterials science. Polymer edition      2011年4月   [査読有り]
Tomoya Origuchi, Tomoya Origuchi, Jun Ichiro Jo, Yoshiaki Hirano, Yasuhiko Tabata
International Journal of Nanotechnology   8 146-158   2011年1月   [査読有り]
The objective of this study was to prepare the complexes of 5-aminolevulinic acid (5-ALA) and iron oxide nanoparticles with different surface potentials and evaluate the imaging efficiency for mouse melanoma cells (B16 cells). The ferric and ferro...
Kido Y, Jo J, Tabata Y
Biomaterials   32(3) 919-925   2011年1月   [査読有り]
Sander C G Leeuwenburgh, Junichiro Jo, Huanan Wang, Masaya Yamamoto, John A. Jansen, Yasuhiko Tabata
Biomacromolecules   11 2653-2659   2010年10月   [査読有り]
Gelatin microspheres are well-known for their capacity to release growth factors in a controlled manner, but gelatin microspheres do not calcify in the absence of so-called bioactive substances that induce deposition of calcium phosphate (CaP) bon...
Uesugi Y, Kawata H, Jo J, Saito Y, Tabata Y
Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society   147(2) 269-277   2010年10月   [査読有り]
Complex comprised of dextran magnetite and conjugated cisplatin exhibiting selective hyperthermic and controlled-release potential.
Sonoda A, Nitta N, Nitta-Seko A, Ohta S, Takamatsu S, Ikehata Y, Nagano I, Jo J, Tabata Y, Takahashi M, Matsui O, Murata K
International journal of nanomedicine   5 499-504   2010年8月   [査読有り]
Takafuji Y, Jo JI, Tabata Y
Journal of biomaterials science. Polymer edition      2010年7月   [査読有り]
Watanabe M, Jo J, Radu A, Kaneko M, Tabata Y, Flake AW
Tissue engineering. Part A   16(5) 1645-1655   2010年5月   [査読有り]
Jun ichiro Jo, Ichio Aoki, Yasuhiko Tabata
Journal of Controlled Release   142 465-473   2010年3月   [査読有り]
The objective of this study is to prepare iron oxide nanoparticles with different sizes and surface potentials and evaluate the labeling efficiency of bone marrow-derived mesenchymal stem cells (MSC). The ferric and ferrous ions were co-precipitat...
Masataka Yoshida, Jun Ichiro Jo, Yasuhiko Tabata
Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition   21 659-675   2010年3月   [査読有り]
The objective of this study was to genetically engineer dendritic cells (DC) for biological activation and evaluate their anti-tumor activity in a tumor-bearing mouse model. Mouse DC were incubated on the surface of culture dishes which had been c...
Kentaro Nagane, Jun Ichiro Jo, Yasuhiko Tabata
Tissue Engineering - Part A   16 21-31   2010年1月   [査読有り]
The objective of this study is to investigate the possibility of small interfering RNA (siRNA) complexed with a cationized dextran of nonviral carrier to biologically modify the adipogenesis extent of bone marrow-derived mesenchymal stem cells (MS...
Jun Ichiro Jo, Arimichi Okazaki, Kentaro Nagane, Masaya Yamamoto, Masaya Yamamoto, Yasuhiko Tabata
Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition   21 185-204   2010年1月   [査読有り]
The objective of this study is to prepare a non-viral carrier of gene transfection from various polysaccharides and evaluate the feasibility in gene expression for mesenchymal stem cells (MSCs). Various amounts of spermine were chemically introduc...
Jun Ichiro Jo, Kentaro Nagane, Masaya Yamamoto, Masaya Yamamoto, Yasuhiko Tabata
Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition   21 225-236   2010年1月   [査読有り]
The objective of this study is to prepare a non-viral carrier of gene expression from the polysaccharide dextran and evaluate the effect of amine compounds introduced to dextran on the level of gene expression. Dextran with a molecular weight of 7...
Nagane K, Jo J, Tabata Y
Tissue engineering. Part A   16(1) 21-31   2010年1月   [査読有り]
Akinaga Sonoda, Norihisa Nitta, Shinich Ohta, Ayumi Nitta-Seko, Satoshi Murata, Jun Ichiro Jo, Yasuhiko Tabata, Masashi Takahashi, Toru Tani, Kiyoshi Murata
Journal of Magnetic Resonance Imaging   30 907-910   2009年10月   [査読有り]
Purpose: To assess whether Gd-DTPA-Gel-Cis, a conjugate of gadolinium (Gd), cis diamminedichloroplatinum (Cis), diethylenetriaminepentaacetic acid (DTPA)-dianhydride, and bovine gelatin (Gel) can be used as an intravascular contrast agent at MRI a...
Akinaga Sonoda, Norihisa Nitta, Shinichi Ohta, Ayumi Seko, Jun ichiro Jo, Shigehiro Morikawa, Yasuhiko Tabata, Masashi Takahashi, Kiyoshi Murata
European Journal of Radiology   71 570-575   2009年9月   [査読有り]
Purpose: The purpose of this study is to create a Gd-DTPA-Gel-Cis compound, which made from gadolinum (Gd), diethylenetriaminepentaacetic acid (DTPA)-dianhydride, cis-diamminedichloroplatinum (Cis) and bovine gelatin (Gel), that makes it possible ...
【ますます重要になる細胞周辺環境(細胞ニッチ)の最新科学技術 細胞の生存、増殖、機能のコントロールから創薬研究、再生医療まで】 細胞周辺環境のための生物医学-工学融合科学技術 細胞の遺伝子改変
城 潤一郎, 田畑 泰彦
遺伝子医学MOOK   別冊(ますます重要になる細胞周辺環境(細胞ニッチ)の最新科学技術) 296-300   2009年8月
細胞の生存率および状態を悪くすることなく細胞へ遺伝子を導入し,その生物機能を活性化および制御するための遺伝子改変技術は,細胞の生物医学研究とその1つの応用である再生医療に必要な技術である。この技術領域の発展には,細胞,材料,および培養などの異なる研究分野の知識の融合が不可欠である。遺伝子導入とその発現のための材料技術は,細胞の状態・機能を制御することを目的とした細胞周辺環境技術である。本稿では,細胞の遺伝子改変に必要な材料,技術,方法論を概説するとともに,遺伝子改変細胞を用いた細胞移植治療...
Yasuhiro Takemoto, Hiroyuki Kawata, Tsunenari Soeda, Keiichi Imagawa, Satoshi Somekawa, Yukiji Takeda, Shiro Uemura, Masanori Matsumoto, Yoshihiro Fujimura, Jun Ichiro Jo, Yu Kimura, Yasuhiko Tabata, Yoshihiko Saito
Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology   29 857-862   2009年6月   [査読有り]
BACKGROUND-: In-stent thrombosis is mainly triggered by adenosine diphosphate (ADP)-dependent platelet aggregation after percutanous coronary stent implantation. Ectonucleoside triphosphate diphosphohydrolase (E-NTPDase) rapidly hydrolyzes ADP to ...
城 潤一郎, 田畑 泰彦
臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology   49(5) 302-310   2008年5月
【進みつづける細胞移植治療の実際 再生医療の実現に向けた科学・技術と周辺要素の理解 細胞移植治療に用いる細胞とその周辺科学・技術】 移植細胞のための周辺科学・技術 細胞研究と細胞移植治療のための細胞トレーシング技術
城 潤一郎, 山本 雅哉, 田畑 泰彦
遺伝子医学MOOK   別冊(進みつづける細胞移植治療の実際(上)) 251-255   2008年4月
【進みつづける細胞移植治療の実際 再生医療の実現に向けた科学・技術と周辺要素の理解 細胞移植治療に用いる細胞とその周辺科学・技術】 移植細胞のための周辺科学・技術 遺伝子導入法
城 潤一郎, 田畑 泰彦
遺伝子医学MOOK   別冊(進みつづける細胞移植治療の実際(上)) 218-225   2008年4月
T. Okasora, J. I. Jo, Y. Tabata
Gene Therapy   15 524-530   2008年4月   [査読有り]
The objective of this study is to genetically engineer macrophages (Mφ) for biological activation and evaluate their anti-tumor activity in a tumor-bearing mouse model. Mouse peritoneal Mφ were incubated on the surface of a culture dish which had ...
Motonobu Nakamura, Motonobu Nakamura, Motonobu Nakamura, Jun Ichiro Jo, Yasuhiko Tabata, Osamu Ishikawa
American Journal of Pathology   172 650-658   2008年3月   [査読有り]
Autoimmune alopecia (alopecia areata) is considered to be triggered by a collapse of immune privilege in hair follicles. Here we confirmed that infiltrating CD4 T lymphocytes around hair follicles of patients with alopecia areata were primarily CC...
田畑 泰彦, 永根 健太郎, 城 潤一郎
日本化学繊維研究所講演集   65 73-82   2008年3月
【ますます広がる分子イメージング技術 生物医学研究から創薬、先端医療までを支える分子イメージング技術・DDSとの技術融合】 新しい分子イメージングの活用 新しい治療法評価への分子イメージングの応用 再生誘導治療(再生医療)の分子イメージング
城 潤一郎, 田畑 泰彦
遺伝子医学MOOK   (9) 284-289   2008年2月
Jun ichiro Jo, Yasuhiko Tabata
European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics   68 90-104   2008年1月   [査読有り]
The recent rapid progress of molecular biology together with the steady progress of genome projects has given us some essential and revolutionary information about DNA and RNA to elucidate various biological phenomena at a genetic level. Under the...
【絵で見てわかるナノDDS マテリアルから見た治療・診断・予後・予防、ヘルスケア技術の最先端】 高分子 水溶性高分子 天然高分子多糖 天然高分子多糖
城 潤一郎, 田畑 泰彦
遺伝子医学MOOK   別冊(絵で見てわかるナノDDS) 56-62   2007年12月
城 潤一郎, 三島 史人, 武田 真一, 山本 雅哉, 村垣 善浩, 伊関 洋, 佐保 典英, 窪田 純, 佐々木 明, 西嶋 茂宏, 田畑 泰彦
Drug Delivery System   22(5) 558-568   2007年9月
次世代DDS型治療システムとは、従来のDDS治療効果をさらに向上させるために、外部エネルギーをDDS技術と融合させる新しい技術・方法論である。この新治療システムによって、体内の深部にある病気を治療できるであろう。本稿では、磁場とDDSとを組み合わせた、磁気誘導DDSによる次世代治療システムを実現させるために必要となる技術要素を概説するとともに、その治療ポテンシャルについて述べる。(著者抄録)
Jun Ichiro Jo, Tomonori Ikai, Tomonori Ikai, Arimichi Okazaki, Kentaro Nagane, Masaya Yamamoto, Masaya Yamamoto, Yoshiaki Hirano, Yasuhiko Tabata
Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition   18 883-899   2007年7月
The objective of this study was to prepare a novel gene carrier from pullulan, a polysaccharide with an inherent affinity for the liver, and evaluate the feasibility in gene transfection. Pullulan with different molecular weights was cationized by...
城 潤一郎, 三島 史人, 武田 真一, 山本 雅哉, 村垣 善浩, 伊関 洋, 佐保 典英, 窪田 純, 佐々木 明, 西嶋 茂宏, 田畑 泰彦
Drug delivery system   22(5) 558-568   2007年6月
次世代DDS型治療システムとは,従来のDDS治療効果をさらに向上させるために,外部エネルギーをDDS技術と融合させる新しい技術・方法論である.この新治療システムによって,体内の深部にある病気を治療できるであろう.本稿では,磁場とDDSとを組み合わせた,磁気誘導DDSによる次世代治療システムを実現させるために必要となる技術要素を概説するとともに,その治療ポテンシャルについて述べる.
Jun ichiro Jo, Tomonori Ikai, Tomonori Ikai, Arimichi Okazaki, Masaya Yamamoto, Masaya Yamamoto, Yoshiaki Hirano, Yasuhiko Tabata
Journal of Controlled Release   118 389-398   2007年4月   [査読有り]
The objective of this study is to prepare a novel gene carrier from pullulan, a polysaccharide with an inherent affinity for the liver, and evaluate the feasibility in gene transfection. Various amounts of spermine were chemically introduced into ...
Jun Ichiro Jo, Noritoshi Nagaya, Yoshinori Miyahara, Masaharu Kataoka, Mariko Harada-Shiba, Kenji Kangawa, Yasuhiko Tabata, Yasuhiko Tabata
Tissue Engineering   13 313-322   2007年2月   [査読有り]
It is expected that mesenchymal stem cells (MSCs) will be a cell source for cardiac reconstruction because of their differentiation potential and ability to supply growth factors. However, poor viability at the transplanted site often hinders the ...
Arimichi Okazaki, Jun Ichiro Jo, Yasuhiko Tabata, Yasuhiko Tabata
Tissue Engineering   13 245-251   2007年2月   [査読有り]
A new non-viral method of gene transfection was designed to enhance the level of gene expression for rat mesenchymal stem cells (MSCs). Pullulan was cationized using chemical introduction of spermine to prepare cationized pullulan of non-viral car...
Isao Kanatani, Isao Kanatani, Tomonori Ikai, Tomonori Ikai, Arimichi Okazaki, Jun ichiro Jo, Masaya Yamamoto, Masaaki Imamura, Masaaki Imamura, Akihiro Kanematsu, Akihiro Kanematsu, Shingo Yamamoto, Noriyuki Ito, Osamu Ogawa, Yasuhiko Tabata
Journal of Controlled Release   116 75-82   2006年11月   [査読有り]
The feasibility and mechanism of gene delivery by pullulan-spermine, a recently developed cationic polysaccharide, were investigated. Pullulan-spermine-mediated transfection of plasmid DNA resulted in greatly reduced cytotoxicity and a 10-fold inc...
Jun Ichiro Jo, Masaya Yamamoto, Masaya Yamamoto, Kunio Matsumoto, Toshikazu Nakamura, Yasuhiko Tabata
Journal of Nanoscience and Nanotechnology   6 2853-2859   2006年9月   [査読有り]
The objective of this study is to prepare a novel gene carrier from pullulan, a polysaccharide with an inherent affinity for the liver and evaluate the feasibility in gene transfection in the mice liver. Pullulan with a weight-average molecular we...
【先端生物医学研究・医療のための遺伝子導入テクノロジー ウイルスを用いない遺伝子導入法の材料,技術,方法論の新たな展開】 遺伝子導入のためのDDS技術,方法論 遺伝子発現増強のための培養方法の工夫 バイオリアクターの利用
城 潤一郎, 岡崎 有道, 田畑 泰彦
遺伝子医学MOOK   (5) 141-146   2006年4月
【先端生物医学研究・医療のための遺伝子導入テクノロジー ウイルスを用いない遺伝子導入法の材料,技術,方法論の新たな展開】 遺伝子導入のための材料 多糖
城 潤一郎, 田畑 泰彦
遺伝子医学MOOK   (5) 50-55   2006年4月
城 潤一郎, 岡崎 有道, 田畑 泰彦
日本化学繊維研究所講演集   63 85-94   2006年3月

Misc

 
城 潤一郎
Drug Delivery System   33(1) 54-55   2018年

講演・口頭発表等

 
細胞の生物機能可視化のためのモレキュラービーコン内包ゼラチンナノ粒子の作製
村田 勇樹, 城 潤一郎, 田畑 泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2017年11月   
IL-10 mRNAを含有するカチオン化ゼラチンナノ粒子をトランスフェクションしたマクロファージによるIL-10の持続的分泌(Prolonged secretion of IL-10 by transfected macrophages with cationized gelatin nanospheres incorporating IL-10 mRNA)
泰 峻睿, 城 潤一郎, 佐久間 恵, 田畑 泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2017年11月   
硬さの異なるゼラチンハイドロゲルとマクロファージとの相互作用
森岡 智子, 城 潤一郎, 田畑 泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2017年11月   
村山周平, 江口和, 金元洋人, 城潤一郎, 青木伊知男
バイオメディカル分析科学シンポジウム講演要旨集   2017年8月28日   
城潤一郎, 田畑泰彦
高分子学会医用高分子シンポジウム講演要旨集   2017年7月14日   
PPAR-γ刺激薬徐放性ナノ粒子による強皮症の局所治療 ブレオマイシン誘発強皮症モデルマウスを用いた試み
金丸 麻衣, 城 潤一郎, 浅井 純, 加藤 則人, 田畑 泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2017年6月   
高分子ナノ粒子による血小板をキャリアとするドラッグデリバリーシステムの構築
城 潤一郎, 明石 祐典, 田畑 泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2017年6月   
Interleukin-10のmRNAで遺伝的に加工したマクロファージの調製法(Preparation of macrophages genetically engineered with mRNA of interleukin-10)
許 峻睿, 城 潤一郎, 佐久間 恵, 田畑 泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2017年6月   
量子・磁気ナノハイブリッド粒子による幹細胞イメージングおよびハイパーサーミア効果
小林 香央里, 湯川 博, 村田 勇樹, 城 潤一郎, 小野島 大介, 山本 雅哉, 石川 哲也, 田畑 泰彦, 馬場 嘉信
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2017年6月   
量子ドット蛍光スイッチングを利用した細胞内酵素反応イメージングプローブの作製
村田 勇樹, 城 潤一郎, 田畑 泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2017年6月   
成田萌, 城潤一郎, 山本雅哉, 田畑泰彦
高分子学会予稿集(CD-ROM)   2017年5月15日   
城潤一郎, 明石祐典, 田畑泰彦
高分子学会予稿集(CD-ROM)   2017年5月15日   
高島誠司, 高島誠司, 正木魁人, 正木魁人, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本実験動物学会総会講演要旨集   2017年4月28日   
村田勇樹, 城潤一郎, 田畑泰彦
再生医療   2017年2月1日   
小林香央里, 小林香央里, 湯川博, 湯川博, 村田勇樹, 城潤一郎, 小野島大介, 小野島大介, 山本雅哉, 石川哲也, 田畑泰彦, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信
再生医療   2017年2月1日   
明石祐典, 城潤一郎, 田畑泰彦
再生医療   2017年2月1日   
明石祐典, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集   2016年11月21日   
村田勇樹, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集   2016年11月21日   
城潤一郎, 吉本雄, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集   2016年11月21日   
抗炎症性mRNA導入マクロファージの作製とその活性評価
Hsu Chun Jui, 城 潤一郎, 佐久間 恵, 田畑 泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2016年11月   
日原正勝, 覚道奈津子, 森本尚樹, 原朋也, 来方遠, 楠本健司, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集   2016年9月1日   
村山周平, 城潤一郎, 新井和孝, バカロバ ルミアナ, 加藤大, 青木伊知男
日本分析化学会年会講演要旨集   2016年8月31日   
城潤一郎, 達冨幹生, 吉本雄, 田畑泰彦
高分子学会予稿集(CD-ROM)   2016年8月24日   
血小板を担体とする難水溶性薬物送達のための高分子ミセルの作製
明石 祐典, 城 潤一郎, 田畑 泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2016年6月   
量子ドット・磁性粒子含有ゼラチンハイドロゲルナノ粒子を用いた複合細胞イメージング
村田 勇樹, 城 潤一郎, 田畑 泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2016年6月   
モレキュラービーコン含有抗体固定化ゼラチンナノ粒子によるマクロファージの生物機能の可視化
城 潤一郎, 吉本 雄, 田畑 泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2016年6月   
新井和孝, 城潤一郎, 村山周平, 青木伊知男, 佐賀恒夫
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   2016年3月10日   
明石祐典, 城潤一郎, 田畑泰彦
再生医療   2016年2月1日   
吉本雄, 城潤一郎, 田畑泰彦
再生医療   2016年2月1日   
城潤一郎, 達冨幹生, 田畑泰彦
インテリジェント材料・システムシンポジウム講演要旨集   2016年   
城潤一郎, 達冨幹生, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2015年11月9日   
吉本雄, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2015年11月9日   
堀江理恵, 堀江理恵, 明石祐典, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2015年11月9日   
明石祐典, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2015年11月9日   
mRNAの細胞内徐放のためのカチオン化ナノ粒子の作製
許 峻睿, 城 潤一郎, 佐久間 恵, 田畑 泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2015年11月   
村山周平, 城潤一郎, NIKOLOVA Biliana, BAKALOVA Rumiana, 佐賀恒夫, 加藤大, 青木伊知男
バイオメディカル分析科学シンポジウム講演要旨集   2015年8月21日   
吉本雄, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2015年6月12日   
吉本雄, 城潤一郎, 田畑泰彦
高分子学会予稿集(CD-ROM)   2015年5月12日   
城潤一郎, 達冨幹生, 田畑泰彦
JSMI Rep   2015年4月27日   
吉本雄, 城潤一郎, 田畑泰彦
再生医療   2015年2月1日   
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫, 田畑泰彦
再生医療   2015年2月1日   
西本慶喜, 城潤一郎, 田畑泰彦
再生医療   2015年2月1日   
Ichio Aoki, Jun Ichiro Jo, Horacio Cabra, Rumiana Bakalova, Kevin M. Bennett
Drug Delivery System   2015年1月1日   
© 2015, Japan Society of Drug Delivery System. All rights reserved. Nano-DDSs have provided many improvements, such as sensitivity, multimodality, ability to respond to the environment or an external trigger, and theranostics (therapeutics and dia...
西本慶喜, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2014年11月17日   
吉本雄, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2014年11月17日   
城潤一郎, 田畑泰彦
高分子学会予稿集(CD-ROM)   2014年9月3日   
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫, 田畑泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2014年7月1日   
村山周平, 城潤一郎, 柴田悠圭, 三田智文, 佐賀恒夫, 青木伊知男, 加藤大
JSMI Rep   2014年5月15日   
城潤一郎, 新井和孝, 佐賀恒夫, 青木伊知男, 田畑泰彦
JSMI Rep   2014年5月15日   
新井和孝, 城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫
日本化学会講演予稿集   2014年3月12日   
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫, 田畑泰彦
再生医療   2014年1月27日   
村山周平, 城潤一郎, 柴田悠圭, LIANG Kun, 三田智文, 佐賀恒夫, 青木伊知男, 加藤大
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   2014年3月   
佐々木直樹, 多多納麻里子, 安楽泰孝, 岸村顕広, 片岡一則, 城潤一郎, 青木伊知男, 佐藤香枝
日本分析化学会年会講演要旨集   2013年8月27日   
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫
NIRS-M (Natl Inst Radiol Sci)   2013年8月   
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫, 田畑泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2013年6月5日   
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2013年6月5日   
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2013年6月5日   
再生医療と新規材料 DDS型造影剤を用いた再生医療の生体イメージング
城 潤一郎, 青木 伊知男, 佐賀 恒夫, 田畑 泰彦
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2013年6月   
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫
JSMI Rep   2013年5月20日   
新井和孝, 城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫
日本化学会講演予稿集   2013年3月8日   
城潤一郎, 青木伊知男, 山本雅哉, 佐賀恒夫, 田畑泰彦
再生医療   2013年2月28日   
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫
日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集   2012年11月26日   
城潤一郎, 青木伊知男, 佐賀恒夫
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   2012年6月5日   
城潤一郎, LIN Xue, 中原鉄平, 青木伊知男, 佐賀恒夫, 田畑泰彦
JSMI Rep   2012年5月24日   
山口渉, 田中浩士, 石川英史, 城潤一郎, 城潤一郎, 青木伊知男, 田畑泰彦, 高橋孝志
日本化学会講演予稿集   2012年3月9日   
Sander C G Leeuwenburgh, Junichiro Jo, Huanan Wang, Masaya Yamamoto, John A. Jansen, Yasuhiko Tabata
24th European Conference on Biomaterials - Annual Conference of the European Society for Biomaterials   2011年12月1日   
上杉佳子, 森田美枝, 城潤一郎, 南昌人, 富田佳紀, 湯浅聡, 矢野哲哉, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2011年11月21日   
福井友章, 福井友章, 伊井正明, 伊井正明, 庄司太郎, 松本知之, 美舩泰, 川上洋平, 川上洋平, 黒田知也, 川本篤彦, 斎藤高志, 城潤一郎, 田畑泰彦, 黒坂昌弘, 黒田良祐, 浅原孝之, 浅原孝之
日本整形外科学会雑誌   2011年8月25日   
上杉佳子, 川田啓之, 城潤一郎, 斎藤能彦, 田畑泰彦
高分子学会医用高分子シンポジウム講演要旨集   2011年7月15日   
上杉佳子, 川田啓之, 城潤一郎, 斎藤能彦, 田畑泰彦
Drug Deliv Syst   2011年5月28日   
石川英史, 城潤一郎, 田畑泰彦
Drug Deliv Syst   2011年5月28日   
白井智明, 城潤一郎, 小原洋志, 田畑泰彦
高分子学会予稿集(CD−ROM)   2011年5月10日   
石川英史, 城潤一郎, 田畑泰彦
高分子学会予稿集(CD−ROM)   2011年5月10日   
超音波応答型ナノDDSの血栓症治療への応用
上杉 佳子, 川田 啓之, 城 潤一郎, 斎藤 能彦, 田畑 泰彦
Drug Delivery System   2011年5月   
上杉佳子, 川田啓之, 城潤一郎, 斎藤能彦, 田畑泰彦
日本薬学会年会要旨集   2011年3月5日   
白井智明, 城潤一郎, 小原洋志, 田畑泰彦
再生医療   2011年2月1日   
石川英史, 城潤一郎, 田畑泰彦
再生医療   2011年2月1日   
城潤一郎, LIU Jian, 河合裕子, 青木伊知男, 田中忠蔵, 山本雅哉, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2010年11月29日   
石川英史, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2010年11月29日   
上杉佳子, 川田啓之, 城潤一郎, 斎藤能彦, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2010年11月29日   
白井智明, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2010年11月29日   
大澤昌之, 古川洋志, 山本有平, 白井智明, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本形成外科学会会誌   2010年11月20日   
白井智明, 城潤一郎, 田畑泰彦
Inflamm Regen   2010年7月1日   
城潤一郎, 木戸祐一郎, 永根健太郎, 田畑泰彦
Inflamm Regen   2010年7月1日   
上杉佳子, 川田啓之, 城潤一郎, 斎藤能彦, 田畑泰彦
Drug Deliv Syst   2010年5月28日   
城潤一郎, 田畑泰彦
Drug Deliv Syst   2010年5月28日   
白井智明, 城潤一郎, 田畑泰彦
Drug Deliv Syst   2010年5月28日   
城潤一郎, LIU Jian, 山本雅哉, 青木伊知男, 田畑泰彦
JSMI Rep   2010年5月10日   
インテリジェントDDS素材 細胞機能の修飾のためのDDSバイオマテリアル技術
城 潤一郎, 田畑 泰彦
Drug Delivery System   2010年5月   
上杉佳子, 川田啓之, 城潤一郎, 斎藤能彦, 田畑泰彦
日本薬学会年会要旨集   2010年3月5日   
白井智明, 城潤一郎, 田畑泰彦
再生医療   2010年2月5日   
福井友章, 伊井正明, 美舩泰, 庄司太郎, 松本知之, 川上洋平, 黒田知也, 川本篤彦, 斎藤高志, 城潤一郎, 田畑康彦, 黒坂昌弘, 黒田良祐, 浅原孝之
再生医療   2010年2月5日   
城潤一郎, 劉健, 山本雅哉, 田畑泰彦
再生医療   2010年2月5日   
木戸祐一郎, 城潤一郎, 田畑泰彦
再生医療   2010年2月5日   
城潤一郎, LIN Xue, 田畑泰彦, 青木伊知男
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2009年11月16日   
木戸祐一郎, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2009年11月16日   
白井智明, 城潤一郎, 田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2009年11月16日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 城 潤一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 城 潤一郎
研究成果の概要(和文):マクロファージは、死細胞から放出される信号(Find-meシグナル)によりその場所を感知、移動し、死細胞を除去する。本研究では、この現象を活用し、"Find-meシグナル"とマクロファージ活性化薬剤とを同時に含み、がん組織へデリバリー可能なナノ構造体を、薬剤送達技術(DDS)と材料学とを駆使して創製した。加えて、創製したナノ構造体を用いたがん免疫療法の可能性とそのメカニズムについて検討した。