junko sasaki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 24, 2019 at 22:31
 
Avatar
Name
junko sasaki
Affiliation
Tokyo Medical and Dental University
Section
Medical Research Institute Pathophysiology

Published Papers

 
Kawai T, Miyata H, Nakanishi H, Sakata S, Morioka S, Sasaki J, Watanabe M, Sakimura K, Fujimoto T, Sasaki T, Ikawa M, Okamura Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America      Nov 2019   [Refereed]
Koizumi A, Narita S, Nakanishi H, Ishikawa M, Eguchi S, Kimura H, Takasuga S, Huang M, Inoue T, Sasaki J, Yoshioka T, Habuchi T, Sasaki T
Scientific reports   9(1) 13257   Sep 2019   [Refereed]
Takemasu S, Ito M, Morioka S, Nigorikawa K, Kofuji S, Takasuga S, Eguchi S, Nakanishi H, Matsuoka I, Sasaki J, Sasaki T, Hazeki K
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   24(5) 366-376   May 2019   [Refereed]
Fujioka Y, Satoh AO, Horiuchi K, Fujioka M, Tsutsumi K, Sasaki J, Nepal P, Kashiwagi S, Paudel S, Nishide S, Nanbo A, Sasaki T, Ohba Y
Cell structure and function   44(1) 61-74   Apr 2019   [Refereed]
Kimura H, Matsuyama Y, Araki S, Koizumi A, Kariya Y, Takasuga S, Eguchi S, Nakanishi H, Sasaki J, Sasaki T
Modern rheumatology   28(3) 530-541   May 2018   [Refereed]
Liggins MC, Flesher JL, Jahid S, Vasudeva P, Eby V, Takasuga S, Sasaki J, Sasaki T, Boissy RE, Ganesan AK
PLoS genetics   14(3) e1007290   Mar 2018   [Refereed]
Malek M, Kielkowska A, Chessa T, Anderson KE, Barneda D, Pir P, Nakanishi H, Eguchi S, Koizumi A, Sasaki J, Juvin V, Kiselev VY, Niewczas I, Gray A, Valayer A, Spensberger D, Imbert M, Felisbino S, Habuchi T, Beinke S, Cosulich S, Le Novère N, Sasaki T, Clark J, Hawkins PT, Stephens LR
Molecular cell   68(3) 566-580.e10   Nov 2017   [Refereed]
Shindou H, Koso H, Sasaki J, Nakanishi H, Sagara H, Nakagawa KM, Takahashi Y, Hishikawa D, Iizuka-Hishikawa Y, Tokumasu F, Noguchi H, Watanabe S, Sasaki T, Shimizu T
The Journal of biological chemistry   292(29) 12054-12064   Jul 2017   [Refereed]
Iizuka-Hishikawa Y, Hishikawa D, Sasaki J, Takubo K, Goto M, Nagata K, Nakanishi H, Shindou H, Okamura T, Ito C, Toshimori K, Sasaki T, Shimizu T
The Journal of biological chemistry   292(29) 12065-12076   Jul 2017   [Refereed]
Kimura H, Eguchi S, Sasaki J, Kuba K, Nakanishi H, Takasuga S, Yamazaki M, Goto A, Watanabe H, Itoh H, Imai Y, Suzuki A, Mizushima N, Sasaki T
JCI insight   2(1) e89462   Jan 2017   [Refereed]
Morioka S, Nigorikawa K, Sasaki J, Hazeki K, Kasuu Y, Sasaki T, Hazeki O
Innate immunity   22(6) 444-451   Aug 2016   [Refereed]
Kofuji S, Kimura H, Nakanishi H, Nanjo H, Takasuga S, Liu H, Eguchi S, Nakamura R, Itoh R, Ueno N, Asanuma K, Huang M, Koizumi A, Habuchi T, Yamazaki M, Suzuki A, Sasaki J, Sasaki T
Cancer discovery   5(7) 730-739   Jul 2015   [Refereed]
Li Chew C, Lunardi A, Gulluni F, Ruan DT, Chen M, Salmena L, Nishino M, Papa A, Ng C, Fung J, Clohessy JG, Sasaki J, Sasaki T, Bronson RT, Hirsch E, Pandolfi PP
Cancer discovery   5(7) 740-751   Jul 2015   [Refereed]
Ip LR, Poulogiannis G, Viciano FC, Sasaki J, Kofuji S, Spanswick VJ, Hochhauser D, Hartley JA, Sasaki T, Gewinner CA
Oncotarget   6(12) 10548-10562   Apr 2015   [Refereed]
Nigorikawa K, Hazeki K, Sasaki J, Omori Y, Miyake M, Morioka S, Guo Y, Sasaki T, Hazeki O
PloS one   10(11) e0142091   2015   [Refereed]
Ayukawa T, Akiyama M, Mummery-Widmer JL, Stoeger T, Sasaki J, Knoblich JA, Senoo H, Sasaki T, Yamazaki M
Cell reports   8(2) 610-621   Jul 2014   [Refereed]
Morishita H, Eguchi S, Kimura H, Sasaki J, Sakamaki Y, Robinson ML, Sasaki T, Mizushima N
The Journal of biological chemistry   288(16) 11436-11447   Apr 2013   [Refereed]
Takasuga S, Horie Y, Sasaki J, Sun-Wada GH, Kawamura N, Iizuka R, Mizuno K, Eguchi S, Kofuji S, Kimura H, Yamazaki M, Horie C, Odanaga E, Sato Y, Chida S, Kontani K, Harada A, Katada T, Suzuki A, Wada Y, Ohnishi H, Sasaki T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110(5) 1726-1731   Jan 2013   [Refereed]
Fujioka Y, Tsuda M, Nanbo A, Hattori T, Sasaki J, Sasaki T, Miyazaki T, Ohba Y
Nature communications   4 2763   2013   [Refereed]
Lee HC, Inoue T, Sasaki J, Kubo T, Matsuda S, Nakasaki Y, Hattori M, Tanaka F, Udagawa O, Kono N, Itoh T, Ogiso H, Taguchi R, Arita M, Sasaki T, Arai H
Molecular biology of the cell   23(24) 4689-4700   Dec 2012   [Refereed]
Neely GG, Rao S, Costigan M, Mair N, Racz I, Milinkeviciute G, Meixner A, Nayanala S, Griffin RS, Belfer I, Dai F, Smith S, Diatchenko L, Marengo S, Haubner BJ, Novatchkova M, Gibson D, Maixner W, Pospisilik JA, Hirsch E, Whishaw IQ, Zimmer A, Gupta V, Sasaki J, Kanaho Y, Sasaki T, Kress M, Woolf CJ, Penninger JM
PLoS genetics   8(12) e1003071   2012   [Refereed]
Kobayashi N, Ueki K, Okazaki Y, Iwane A, Kubota N, Ohsugi M, Awazawa M, Kobayashi M, Sasako T, Kaneko K, Suzuki M, Nishikawa Y, Hara K, Yoshimura K, Koshima I, Goyama S, Murakami K, Sasaki J, Nagai R, Kurokawa M, Sasaki T, Kadowaki T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(14) 5753-5758   Apr 2011   [Refereed]
Fujioka Y, Tsuda M, Hattori T, Sasaki J, Sasaki T, Miyazaki T, Ohba Y
PloS one   6(1) e16324   Jan 2011   [Refereed]
Kinoshita N, Horie Y, Ohshima S, Hirai Y, Dohmen T, Jin M, Matsuhashi T, Sasaki J, Sasaki T, Iizuka M, Ohnishi H
Journal of gastroenterology and hepatology   26(1) 201-206   Jan 2011   [Refereed]
Volpicelli-Daley LA, Lucast L, Gong LW, Liu L, Sasaki J, Sasaki T, Abrams CS, Kanaho Y, De Camilli P
The Journal of biological chemistry   285(37) 28708-28714   Sep 2010   [Refereed]
Sasaki J, Kofuji S, Itoh R, Momiyama T, Takayama K, Murakami H, Chida S, Tsuya Y, Takasuga S, Eguchi S, Asanuma K, Horie Y, Miura K, Davies EM, Mitchell C, Yamazaki M, Hirai H, Takenawa T, Suzuki A, Sasaki T
Nature   465(7297) 497-501   May 2010   [Refereed]
Sasaki T, Takasuga S, Sasaki J, Kofuji S, Eguchi S, Yamazaki M, Suzuki A
Progress in lipid research   48(6) 307-343   Nov 2009   [Refereed]
Anezaki Y, Ohshima S, Ishii H, Kinoshita N, Dohmen T, Kataoka E, Sato W, Iizuka M, Goto T, Sasaki J, Sasaki T, Suzuki A, Ohnishi H, Horie Y
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   39(6) 609-618   Jun 2009   [Refereed]
Ishii H, Horie Y, Ohshima S, Anezaki Y, Kinoshita N, Dohmen T, Kataoka E, Sato W, Goto T, Sasaki J, Sasaki T, Watanabe S, Suzuki A, Ohnishi H
Journal of hepatology   50(3) 562-571   Mar 2009   [Refereed]
Kuwana H, Terada Y, Kobayashi T, Okado T, Penninger JM, Irie-Sasaki J, Sasaki T, Sasaki S
Kidney international   73(4) 430-445   Feb 2008   [Refereed]
Sasaki T, Sasaki J, Sakai T, Takasuga S, Suzuki A
Biological & pharmaceutical bulletin   30(9) 1599-1604   Sep 2007   [Refereed]
Nishio M, Watanabe K, Sasaki J, Taya C, Takasuga S, Iizuka R, Balla T, Yamazaki M, Watanabe H, Itoh R, Kuroda S, Horie Y, Förster I, Mak TW, Yonekawa H, Penninger JM, Kanaho Y, Suzuki A, Sasaki T
Nature cell biology   9(1) 36-44   Jan 2007   [Refereed]
Suzuki T, Kanai Y, Hara T, Sasaki J, Sasaki T, Kohara M, Maehama T, Taya C, Shitara H, Yonekawa H, Frohman MA, Yokozeki T, Kanaho Y
Molecular and cellular biology   26(16) 6149-6156   Aug 2006   [Refereed]
Sato W, Horie Y, Kataoka E, Ohshima S, Dohmen T, Iizuka M, Sasaki J, Sasaki T, Hamada K, Kishimoto H, Suzuki A, Watanabe S
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   34(4) 256-265   Apr 2006   [Refereed]
[Compartmentalization of phosphatidylinositol 4, 5-bisphosphate]
Sasaki T, Sasaki J, Kaneyasu Y, Suzuki S
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   54(1) 45-50   Jan 2006   [Refereed]
Hamada K, Sasaki T, Koni PA, Natsui M, Kishimoto H, Sasaki J, Yajima N, Horie Y, Hasegawa G, Naito M, Miyazaki J, Suda T, Itoh H, Nakao K, Mak TW, Nakano T, Suzuki A
Genes & development   19(17) 2054-2065   Sep 2005   [Refereed]
Sasaki J, Sasaki T, Yamazaki M, Matsuoka K, Taya C, Shitara H, Takasuga S, Nishio M, Mizuno K, Wada T, Miyazaki H, Watanabe H, Iizuka R, Kubo S, Murata S, Chiba T, Maehama T, Hamada K, Kishimoto H, Frohman MA, Tanaka K, Penninger JM, Yonekawa H, Suzuki A, Kanaho Y
The Journal of experimental medicine   201(6) 859-870   Mar 2005   [Refereed]
Horie Y, Suzuki A, Kataoka E, Sasaki T, Hamada K, Sasaki J, Mizuno K, Hasegawa G, Kishimoto H, Iizuka M, Naito M, Enomoto K, Watanabe S, Mak TW, Nakano T
The Journal of clinical investigation   113(12) 1774-1783   Jun 2004   [Refereed]
Oudit GY, Crackower MA, Eriksson U, Sarao R, Kozieradzki I, Sasaki T, Irie-Sasaki J, Gidrewicz D, Rybin VO, Wada T, Steinberg SF, Backx PH, Penninger JM
Circulation   108(17) 2147-2152   Oct 2003   [Refereed]
Irie-Sasaki J, Sasaki T, Penninger JM
Current topics in medicinal chemistry   3(7) 783-796   2003   [Refereed]
Crackower MA, Oudit GY, Kozieradzki I, Sarao R, Sun H, Sasaki T, Hirsch E, Suzuki A, Shioi T, Irie-Sasaki J, Sah R, Cheng HY, Rybin VO, Lembo G, Fratta L, Oliveira-dos-Santos AJ, Benovic JL, Kahn CR, Izumo S, Steinberg SF, Wymann MP, Backx PH, Penninger JM
Cell   110(6) 737-749   Sep 2002   [Refereed]
Sasaki T, Suzuki A, Sasaki J, Penninger JM
Journal of biochemistry   131(4) 495-501   Apr 2002   [Refereed]
Sasaki T, Wada T, Kishimoto H, Irie-Sasaki J, Matsumoto G, Goto T, Yao Z, Wakeham A, Mak TW, Suzuki A, Cho SK, Zuniga-Pflucker JC, Oliveira-dos-Santos AJ, Katada T, Nishina H, Penninger JM
The Journal of experimental medicine   194(6) 757-768   Sep 2001   [Refereed]
Penninger JM, Irie-Sasaki J, Sasaki T, Oliveira-dos-Santos AJ
Nature immunology   2(5) 389-396   May 2001   [Refereed]
Irie-Sasaki J, Sasaki T, Matsumoto W, Opavsky A, Cheng M, Welstead G, Griffiths E, Krawczyk C, Richardson CD, Aitken K, Iscove N, Koretzky G, Johnson P, Liu P, Rothstein DM, Penninger JM
Nature   409(6818) 349-354   Jan 2001   [Refereed]
Fata JE, Kong YY, Li J, Sasaki T, Irie-Sasaki J, Moorehead RA, Elliott R, Scully S, Voura EB, Lacey DL, Boyle WJ, Khokha R, Penninger JM
Cell   103(1) 41-50   Sep 2000   [Refereed]
Sasaki T, Irie-Sasaki J, Jones RG, Oliveira-dos-Santos AJ, Stanford WL, Bolon B, Wakeham A, Itie A, Bouchard D, Kozieradzki I, Joza N, Mak TW, Ohashi PS, Suzuki A, Penninger JM
Science (New York, N.Y.)   287(5455) 1040-1046   Feb 2000   [Refereed]

Misc

 
アルツハイマー病リスク遺伝子INPP5DがTREM2シグナル伝達において果たす役割の解明
井口 明優, 高鳥 翔, 木村 新伍, 佐々木 純子, 斉藤 貴志, 西道 隆臣, 高井 俊行, 佐々木 雄彦, 富田 泰輔
Dementia Japan   33(4) 551-551   Oct 2019
脳内インフラストラクチャー: 脳細胞社会の恒常性維持機構と物流システムを担う機能的構造体 アルツハイマー病遺伝学的リスク因子INPP5Dの病態関与に関する研究
高鳥 翔, 井口 明優, 木村 新伍, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 高井 俊行, 斉藤 貴志, 西道 隆臣, 富田 泰輔
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 [1S17m-05]   Sep 2019
リポクオリティが解き明かす生命現象 イノシトールリン脂質のアシル基と生理機能
佐々木 純子, 山本 詠士, 長谷川 純矢, 佐々木 雄彦
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 [2S11m-04]   Sep 2019
【脂質クオリティ研究の基礎と臨床】膜リン脂質クオリティと疾患制御 細胞膜での蛋白質-イノシトールリン脂質相互作用へのアシル基の関与
佐々木 雄彦, 山本 詠士, 佐々木 純子
医学のあゆみ   269(13) 1068-1072   Jun 2019
ホスファチジルイノシトール(PI)とそのリン酸化による7クラスの派生体を総称してイノシトールリン脂質とよぶ。これまでに、イノシトールリン脂質と相互作用する500以上の多種多様な蛋白質が同定されている。イノシトールリン脂質は、それら蛋白質を特定の細胞膜領域へリクルートするとともにコンフォメーション変化を誘起して、酵素活性やほかの蛋白質との結合活性を調節するシグナル伝達脂質群である。イノシトールリン脂質の生理機能や病態との関連はヘッドグループの構造に基づいて解析が進んでいるが、脂肪酸部分が持つ...
脂質テクノロジー リポクオリティがプレクストリン相同ドメインと生体膜の相互作用に与える影響
山本 詠士, 佐々木 純子, Sansom Mark S.P., 佐々木 雄彦
脂質生化学研究   60 17-17   May 2018
脂質を動かす、脂質が動かす〜ここまでわかった細胞膜脂質研究〜 ホスホイノシタイドの質と病態
佐々木 雄彦, 中西 広樹, 江口 賢史, 阿部 史人, 田川 博之, 佐々木 純子, 鈴木 聡
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1AS22-6]   Dec 2017
生殖における脂質生物学 精子形成におけるDHA含有リン脂質の役割
菱川 佳子[飯塚], 菱川 大介, 佐々木 純子, 田久保 圭誉, 後藤 元人, 長田 克之, 中西 広樹, 進藤 英雄, 岡村 匡史, 伊藤 千鶴, 年森 清隆, 佐々木 雄彦, 清水 孝雄
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1PW24-2]   Dec 2017
アルツハイマー病脳内炎症の中核機構に迫る 炎症性リン脂質シグナルを抑制するSHIP1
佐々木 雄彦, 中西 広樹, 江口 賢史, 佐々木 純子
Dementia Japan   31(4) 504-504   Oct 2017
精子形成におけるDHA含有リン脂質の役割の解明
菱川 佳子[飯塚], 菱川 大介, 佐々木 純子, 田久保 圭誉, 後藤 元人, 長田 克之, 中西 広樹, 進藤 英雄, 岡村 匡史, 伊藤 千鶴, 年森 清隆, 佐々木 雄彦, 清水 孝雄
脂質生化学研究   59 89-90   Jun 2017
リポクオリティの細胞内局在と細胞機能 イノシトールリン脂質クオリティとシグナル伝達
佐々木 純子, 中西 広樹, 刈屋 佑美, 江口 賢史, 佐々木 雄彦
日本細胞生物学会大会講演要旨集   69回 7-7   May 2017
ホスファチジルグリセロールリン酸(PGP)ホスファターゼの生理機能
高須賀 俊輔, 中西 広樹, 木村 洋貴, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦
日本細胞生物学会大会講演要旨集   69回 116-116   May 2017
アルツハイマー病リスク遺伝子INPP5Dの機能解明
木村 新伍, 高鳥 翔, 堀 由起子, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 斉藤 貴志, 西道 隆臣, 富田 泰輔
Dementia Japan   30(4) 564-564   Oct 2016
アルツハイマー病の遺伝的なリスク要因であるINPP5D/SHIP1の病理学的な役割の分析(Analysis of the pathological role of an Alzheimer's disease genetic risk factor, INPP5D/SHIP1)
高鳥 翔, 木村 新伍, 斉藤 貴志, 西道 隆臣, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 富田 泰輔
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2P-364]   Sep 2016
脂質シグナリングとその破綻がもたらす病態の理解 心肥大におけるホスホイノシタイド代謝酵素Vps34のタンパク質分解機構の役割
木村 洋貴, 江口 賢史, 久場 敬司, 今井 由美子, 高須賀 俊輔, 伊藤 玲悦, 中村 亮太郎, 中西 広樹, 石川 将己, 佐々木 純子, 山崎 正和, 佐々木 雄彦
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [3W6-6]   Dec 2015
リピオドミクスから見えてきた脂質の新機能 基礎から臨床まで ホスホイノシタイドの新しい解析方法
中西 広樹, 江口 賢史, 石川 将己, 鈴木 聡, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [4S4-3]   Dec 2015
ホスファチジルイノシトール(PI)へのアラキドン酸導入酵素(LPIAT1)の生理機能解析
Mao Yanli, 今江 理恵子, 久保 卓也, 河野 望, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回 [3P-073]   Oct 2014
T細胞におけるホスホイノシタイド代謝酵素PIK3C3の生理的役割
江口 賢史, 木村 洋貴, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回 [4P-296]   Oct 2014
インフルエンザウイルスのCa2+シグナルを介した宿主細胞侵入機構
藤岡 容一朗, 津田 真寿美, 南保 明日香, 服部 ともえ, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 宮崎 忠昭, 大場 雄介
日本細胞生物学会大会講演要旨集   66回 146-146   May 2014
Ras-PI3Kシグナルが制御する外来因子取込み機構の解析
藤岡 容一朗, 津田 真寿美, 服部 ともえ, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 宮崎 忠昭, 大場 雄介
日本生理学雑誌   76(2) 81-81   Mar 2014
【骨髄-末梢血による炎症の制御と修飾】炎症の診断と治療への介入 マクロファージの活性化と慢性炎症
佐々木 純子, 佐々木 雄彦
別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患   2(2) 116-121   Nov 2013
活性化マクロファージは機能の面からM1マクロファージとM2マクロファージの大きく2つに分類され、炎症の起始、増悪、減弱、終結の過程にエフェクター細胞として重要な働きをする。慢性炎症を基盤とする生活習慣病やがんなどの病巣には、M1/M2マクロファージが存在し、病態の進行に寄与することが明らかにされつつある。既存の治療薬の中には、本来の薬効に加えてM1あるいはM2マクロファージへの活性化を促進するものがあり、マクロファージの活性化制御は慢性炎症が関わる病態の新しい治療戦略としても期待される。(...
生体膜リン脂質研究の最前線 ホスファチジルグリセロールリン酸(PGP)ホスファターゼの生理機能
高須賀 俊輔, 浅沼 研, 木村 洋貴, 高須賀 緑, 中西 広樹, 佐々木 純子, 山崎 正和, 妹尾 春樹, 佐々木 雄彦
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 1S02p-4   Sep 2013
酸性リン脂質研究の最前線 酸性リン脂質に対して作用する二重特異性ホスファターゼ(Dual specificity phosphatases acting on acidic phospholipids)
佐々木 雄彦, 高須賀 俊輔, 佐々木 純子, 鈴木 聡
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 2S02p-6   Sep 2013
成熟細胞の寿命制御機構とその破綻による病態 イノシトールリン脂質によるマクロファージの活性化と寿命制御
佐々木 純子, 中西 広樹, 高須賀 俊輔, 佐々木 雄彦
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 3S17p-2   Sep 2013
Ras-PI3Kシグナルが制御する外来因子取込み機構の解析
藤岡 容一朗, 津田 真寿美, 服部 ともえ, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 大場 雄介
日本細胞生物学会大会講演要旨集   65回 153-153   May 2013
脂質バイオロジーの最前線 イノシトールリン脂質脱リン酸化酵素の新しい基質
高須賀 俊輔, 山崎 正和, 中西 広樹, 浅沼 研, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦
日本薬学会年会要旨集   133年会(1) 188-188   Mar 2013
質量分析計を用いたイノシトールリン脂質の一斉定量分析系の開発
中西 広樹, 佐々木 純子, 浅沼 研, 千田 進介, 高須賀 俊輔, 佐々木 雄彦
脂質生化学研究   54 88-89   May 2012
ホスファチジルイノシトール(PI)はリン脂質の一種であり、そのイノシトール環は3、4、5位水酸基の可逆的なリン酸化を受ける。その結果、イノシトールリン脂質(PIPs)と総称される8種類のリン脂質が生体膜に生成される。細胞内には様々なPIPs結合タンパク質が存在し、それらの活性や局在を制御することで、PIPsは多彩な細胞機能に関与している。近年、PIPs代謝酵素の遺伝子改変マウスの表現型解析やヒト疾患の遺伝子解析から、様々な病態の発現にPIPs代謝が関わることが明らかになってきた。細胞内PI...
ホスファチジルイノシトール特異的アラキドン酸転移酵素LPIAT1の大脳皮質層構造形成における役割
久保 卓也, 李 賢哲, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 新井 洋由
日本薬学会年会要旨集   132年会(3) 105-105   Mar 2012
リゾホスファチジルイノシトール特異的脂肪酸転移酵素LPIAT1の機能解析
李 賢哲, 井上 貴雄, 佐々木 純子, 中崎 康子, 服部 光治, 田中 史晴, 宇田川 理, 河野 望, 伊藤 俊樹, 小木曽 英夫, 田口 良, 佐々木 雄彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   84回 2P-0100   Sep 2011
LPIAT1の欠損はマウス胎仔線維芽細胞と神経細胞におけるPI中のアラキドン酸の代謝回転を低下させる(LPIAT1 deficiency reduces the turnover of arachidonic acid in PI in mouse embryonic fibroblasts and neuronal cells)
久保 卓也, 井上 貴雄, 李 賢哲, 佐々木 純子, 中崎 康子, 服部 光治, 佐々木 雄彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   84回 2P-0103   Sep 2011
脂質ホスファターゼINPP4Aによる神経細胞死抑制機構の解明
佐々木 純子
秋田医学   38(1) 17-20   Jun 2011
染色体・核・遺伝子発現・シグナル伝達 インフルエンザウイルスは、カルシウムシグナル伝達によって、Ras-PI3K-仲介エンドサイトーシスを活性化する(Signal transduction/Chromosome/Cell nucleus/Gene expression Influenza viruses activate Ras-PI3K-mediated endocytosis via calcium signaling)
藤岡 容一朗, 津田 真寿美, 服部 ともえ, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 宮崎 忠昭, 大場 雄介
日本細胞生物学会大会講演要旨集   63回 112-112   May 2011
【分子から個体へと深化する脂質生物学 リピドミクスや脂質イメージングによる局在・機能解析から生体調節系の生理、そして、がん・炎症など疾患の分子機構の理解へ】細胞膜脂質代謝酵素 広範な生命現象への関与 ホスホイノシタイドホスファターゼの異常と病態
佐々木 純子, 小藤 智史, 佐々木 雄彦
実験医学   28(20) 3358-3363   Dec 2010
ホスファチジルイノシトールとそのリン酸化による派生体はホスホイノシタイドと総称される。ホスホイノシタイドは全8分子種をあわせても細胞膜構成脂質の数%に過ぎない微量なリン脂質群であるが、形質膜やオルガネラ膜の細胞質に面した層に局在して、数々の機能タンパク質の集積、離散、活性を制御している。最近の研究で、ホスホイノシタイドホスファターゼが制御する生命現象が明らかになりつつあり、酵素活性の異常とさまざまな疾患とのかかわりを示す知見が得られている。(著者抄録)
蛋白質ホスファターゼ 基礎と疾患 脂質ホスファターゼINPP4Aは線条体神経細胞を興奮毒による細胞死から防御する(Protein Phosphatases: Basics and Diseases The lipid phosphatase INPP4A prevents striatal neurons from excitotoxic death)
佐々木 純子, 小藤 智史, 鈴木 聡, 佐々木 雄彦
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 2S4-6   Dec 2010
上皮細胞機能とその破綻による疾患 in vivoで極性化した上皮細胞に必須なホスホイノシチド種(Epithelial cell functions and dysfunction-induced diseases A phosphoinositide species critical for polarized epithelial cells in vivo)
佐々木 雄彦, 高須賀 俊輔, 堀江 泰夫, 佐々木 純子, 鈴木 聡, 大西 洋英
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 4W6-3   Dec 2010
ホスファチジルイノシトール3,4-二リン酸脱リン酸化酵素INPP4Aは、興奮毒性による神経細胞死の抑制因子である
佐々木 純子, 浅沼 研, 佐々木 雄彦
細胞工学   29(9) 912-913   Aug 2010
メンブレントラフィック Ras-PI3Kシグナル経路がエンドサイトーシスとインフルエンザ感染を調節する(Membrane traffic The Ras-PI3K signaling pathway mediates endocytosis and the incorporation of influenza viruses)
藤岡 容一朗, 津田 真寿美, 服部 ともえ, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 宮崎 忠昭, 大場 雄介
日本細胞生物学会大会講演要旨集   62回 117-117   May 2010
生体内でのホスファチジルイノシトール-3,5-二リン酸の生理機能(Physiological function of phosphatidylinositol-3,5-bisphosphate in vivo)
高須賀 俊輔, 佐々木 純子, 鈴木 聡, 佐々木 雄彦
日本細胞生物学会大会講演要旨集   62回 159-159   May 2010
佐々木雄彦, 高須賀俊輔, 堀江泰夫, 佐々木純子, 鈴木聡, 大西洋英
生化学   ROMBUNNO.4W6-3   2010
リン脂質による神経細胞制御機構の解明
佐々木 純子
上原記念生命科学財団研究報告集   23 1-3   Dec 2009
グリセロリン脂質であるホスファチジルイノシトールとそのリン酸化代謝産物であるホスホイノシチド(PI)は、形質膜や細胞内オルガネラの脂質二重膜構成因子とて膜の構造を規定するのみならず、脂質代謝分解酵素により脂質性シグナル分子へと変換され、細胞内シグナル伝達においても重要な役割を果たしている。今回、PI(3,4)P2分解酵素であるleucine-rich phosphoinositide phosphatase欠損マウスを作製し、その表現型解析を通して、PI代謝による神経細胞制御機構の解明を試...
ホスファチジルイノシトール4,5-二リン酸生成酵素によるアレルギー抑制
佐々木 雄彦, 佐々木 純子, 鈴木 聡
アレルギー   58(8-9) 1065-1065   Sep 2009
イノシトールリン脂質研究の新展開 PI(3,5)P2が制御する生命現象
佐々木 雄彦, 高須賀 俊輔, 山崎 正和, 佐々木 純子, 鈴木 聡
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回 1S2p-6   Sep 2009
リゾホスファチジルイノシトール特異的脂肪酸転移酵素mboa-7/LPIATの哺乳類における機能解析
中崎 康子, 井上 貴雄, 李 賢哲, 佐々木 純子, 田中 史晴, 宇田川 理, 河野 望, 服部 光治, 小木曽 英夫, 田口 良, 伊藤 俊樹, 佐々木 雄彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回 2P-074   Sep 2009
リン脂質シグナリングと生体膜のダイナミクス 神経細胞におけるL-PIPaseの機能
佐々木 雄彦, 佐々木 純子, 伊藤 玲悦, 小藤 智史, 江口 賢史, 山崎 正和, 高須賀 俊輔, 鈴木 聡
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 4S12-6   Nov 2008
哺乳動物細胞におけるホスファチジルイノシトール3,5-ニリン酸の生理機能(Physiological function of phosphatidylinositol 3,5-bisphosphate in mammalian cells)
高須賀 俊輔, 佐々木 純子, 飯塚 了太, 佐藤 美子, 鈴木 聡, 佐々木 雄彦
日本細胞生物学会大会講演要旨集   60回 164-164   Jun 2008
LysoPI特異的アシルトランスフェラーゼ(LPIAT)の同定と性状解析
井上 貴雄, 李 賢哲, 河野 望, 田中 史晴, 松田 真治, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 新井 洋由
脂質生化学研究   50 176-179   May 2008
ホスファチジルイノシトール(PI)は細胞の生存、増殖、遊走、細胞骨格制御、小胞輸送など様々な生命現象に関与するリン脂質である。PIはグリセロール骨格の3位にイノシトール環を有しており、イノシトール環のリン酸化により、PI結合タンパク質の活性を時空間的に制御している。このような極性基の特性に加え、PIは脂肪酸鎖部分についても特徴的な構造を持つことが古くから知られており、その大部分は1位にステアリン酸、2位にアラキドン酸を有する。この特異性は、リン脂質がいったん生合成された後、脂肪酸鎖のみが置...
PI3Kおよび関連シグナル伝達分子の機能 3-リン酸化ホスホイノシチドの役割(Roles of 3-phosphorylated phosphoinositides)
佐々木 雄彦, 高須賀 俊介, 佐々木 純子, 鈴木 聡
日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会要旨集   40回・59回 14-14   May 2007
脂質シグナリング研究の最前線 新たなる世代へ イノシトールリン脂質キナーゼ/ホスファターゼの生理的役割
佐々木 雄彦, 高須賀 俊輔, 佐々木 純子, 鈴木 聡
脂質生化学研究   48 15-15   May 2006
新しい検査への展開 イノシトールリン脂質とマスト細胞機能 ホスファチジルイノシトール4,5-二リン酸のコンパートメント化
佐々木 雄彦, 佐々木 純子, 金保 安則, 鈴木 聡
臨床病理   54(1) 45-50   Jan 2006
ホスファチジルイノシトール4,5-二リン酸のコンパートメント化
佐々木 雄彦, 佐々木 純子, 山崎 正和, 鈴木 聡, 金保 安則
細胞工学   24(6) 607-611   May 2005
細胞遊走とホスホイノシタイド動態の遺伝学的解析
佐々木 雄彦, 高須賀 俊輔, 佐々木 純子, 金保 安則, 鈴木 聡
脂質生化学研究   47 39-42   May 2005
細胞遊走制御機構に焦点を絞ってホスホイノシタイド(PIs)の動態解析を行った.PIsの可視化プローブを発現するトランスジェニックマウス(PIs可視化マウス)を作製し,非侵襲的にPIs可視化プローブが導入された生体資料の調整を試みた.PI(3,4,5)P3は先導端に,PI(4,5)P2は後端膜に局在した.PI(3,4,5)P3の先導端での局在化が遊走に重要で,PI(3,4,5)P3局在の規定にはphosphoinositide 3-kinase γとある種のPI(3,4,5)P3脱リン酸化酵...
DNAマイクロアレイを用いた肝細胞特異的Pten欠損マウスの肝臓における遺伝子発現の検討 非アルコール性脂肪性肝炎の発症に関わる新たな遺伝子の検索を目的として
片岡 英, 堀江 泰夫, 佐藤 亘, 大嶋 重敏, 三上 健一郎, 道免 孝洋, 飯塚 政弘, 後藤 隆, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 鈴木 聡, 渡辺 純夫
秋田医学   32(1) 41-51   May 2005
肝細胞特異的Pten欠損マウス(Pten欠損マウス)の肝細胞に由来するRNAを用いてDNAマイクロアレイを行い,このマウスにおいて肝脂肪化から肝炎,肝線維化を引き起こす可能性のある原因遺伝子を網羅的に解析した.Pten欠損マウスの肝細胞における脂肪滴の沈着は,脂肪細胞の分化・形成や脂肪の合成を促進する分子の発現増加ばかりでなく,脂肪の消費・分解制御,脂肪酸の取り込み促進,脂肪の分泌制御,血中インスリン濃度の維持など多様な機能に関与する種々の遺伝子の発現レベルの変化に基づいて引き起こされた....
【ダイナミックに新展開する脂質研究 注目のメタボローム解析などから解明が進むシグナル伝達や疾患・生命現象の本質につながる多彩な機能】脂溶性シグナル分子と細胞情報伝達 ホスファチジルイノシトール4リン酸5キナーゼと細胞膜ダイナミクス
金保 安則, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 宮崎 秀幸, 中野 亜希子, 横関 健昭, 山崎 正和
実験医学   23(6) 925-932   Mar 2005
ホスファチジルイノシトール4-リン酸5-キナーゼのアイソザイム特異的な生理機能
金保 安則, 佐々木 純子, 佐々木 雄彦, 山崎 正和
細胞工学   24(4) 386-391   Mar 2005
脂質シグナリングのフロンテイア イノシトールリン脂質代謝とマスト細胞機能
佐々木 雄彦, 佐々木 純子, 金保 安則, 鈴木 聡
日本薬学会年会要旨集   125年会(1) 207-207   Mar 2005
癌抑制遺伝子PTENによる腫瘍免疫監視機構
岸本 恕征, 佐々木 雄彦, 濱田 浩一, 佐々木 純子, 夏井 美幸, 小安 重夫, 樗木 俊聡, 仲野 徹, 鈴木 聡
日本癌学会総会記事   63回 407-407   Sep 2004
PTENによる非アルコール性脂肪性肝炎と肝癌発症の制御
堀江 泰夫, 片岡 英, 佐々木 雄彦, 濱田 浩一, 佐々木 純子, 水野 克典, 岸本 恕征, 飯塚 政弘, 榎本 克彦, 渡邊 純夫, 仲野 徹, 鈴木 聡
日本癌学会総会記事   63回 408-408   Sep 2004
血管形成における脂質メディエータPTENの役割
濱田 浩一, 佐々木 雄彦, 岸本 恕征, 佐々木 純子, 夏井 美幸, 仲野 徹, 鈴木 聡
日本癌学会総会記事   63回 414-414   Sep 2004
【PI3キナーゼから広がる多様な世界 多機能脂質二次メッセンジャーの役割】細胞の極性化,遊走とPI3キナーゼシグナリング
佐々木 雄彦, 佐々木 純子, 鈴木 聡
細胞工学   22(8) 844-848   Jul 2003
化学物質により導かれる方向性を持った細胞運動(遊走,走化)は多くの生命現象に関与している.細胞は周囲の走化性因子の僅かな濃度差を随時認識し,最大濃度に接する一端と,その対極にある一端において受け取った情報を非対称に著しく増幅し,形態を変化させて移動している.好中球と細胞性粘菌において,細胞膜リン脂質であるホスファチジルイノシトール3,4,5-三リン酸のホスファチジルイノシトール3キナーゼ(PI3キナーゼ)を介した生成とPTENによる分解が,この細胞内シグナルの非対称な増幅の実態であることが...
佐々木雄彦, 鈴木聡, 佐々木純子, PENNINGER J M
蛋白質 核酸 酵素   46(12) 1820-1829   Sep 2001
佐々木 雄彦, 鈴木 聡, 佐々木 純子, Josef M.Penninger
蛋白質・核酸・酵素   46(12) 1820-1829   Sep 2001
イノシトール環3位水酸基がリン酸化されたホスホイノシチド,中でもPI(3,4,5)P3は,多くの蛋白質の機能を調節して多様な細胞応答を制御すると考えられている.この脂質メッセンジャーはホスホイノシチド3-キナーゼ(PI3K)により生成され,PTENやSHIPといったホスホイノシチドホスファターゼによって分解される.ノックアウトマウスを用いた研究で示唆された,PI(3,4,5)P3代謝酵素の癌,免疫応答,糖代謝における役割を概説した
PI3Kγの胸腺分化,T細胞活性化,好中球遊走における役割
佐々木 雄彦, 佐々木 純子[入江]
臨床免疫   35(6) 769-774   Jun 2001
Phosphoinositide 3-kinase γの生理機能
佐々木 雄彦, 佐々木 純子[入江], Penninger Josef M.
生化学   72(8) 911-911   Aug 2000
PI3Kγの免疫系における役割 p110γノックアウトマウスの解析
佐々木 雄彦, 佐々木 純子[入江], Penninger Josef
実験医学   18(11) 1498-1503   Jul 2000
PI3Kγ欠損マウスにおける好中球機能不全
佐々木 雄彦, 佐々木 純子[入江], Penninger Josef
細胞工学   19(5) 754-756   Apr 2000