山田順子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/25 17:49
 
アバター
研究者氏名
山田順子
 
ヤマダジュンコ
URL
https://nrid.nii.ac.jp/nrid/1000030334965/
所属
弘前大学
部署
保健学研究科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
弘前大学 大学院保健学研究科 教授
 
2009年10月
 - 
2013年3月
弘前大学 医学(系)研究科(研究院) 講師
 
2007年12月
 - 
2009年9月
弘前大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 
2007年4月
 - 
2007年11月
静岡大学 助教
 
2001年4月
 - 
2007年3月
静岡大学 大学院・電子科学研究科 助手
 

論文

 
Nikaido Y, Furukawa T, Shimoyama S, Yamada J, Migita K, Koga K, Kushikata T, Hirota K, Kanematsu T, Hirata M, Ueno S
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   361(3) 367-374   2017年6月   [査読有り]
幼児期における協調運動と行動及び情緒的問題の関連
1. 三上美咲、斉藤まなぶ、高橋芳雄、足立匡基、大里絢子、増田貴人、中井昭夫、中村和彦、山田順子
保健科学研究   8(1) 17-24   2017年   [査読有り]
Migita K, Ozaki T, Shimoyama S, Yamada J, Nikaido Y, Furukawa T, Shiba Y, Egan TM, Ueno S
Molecular pharmacology   90(2) 116-126   2016年8月   [査読有り]
Shiba Y, Mori F, Yamada J, Migita K, Nikaido Y, Wakabayashi K, Kaneko S, Okada M, Hirose S, Ueno S
Neuroscience research   100 46-54   2015年11月   [査読有り]
Nikaido Y, Yamada J, Migita K, Shiba Y, Furukawa T, Nakashima T, Ueno S
Behavioural brain research   297 251-258   2016年1月   [査読有り]
Ueno T, Yamada J, Nishijima H, Arai A, Migita K, Baba M, Ueno S, Tomiyama M
Neurobiology of disease   64 142-149   2014年4月   [査読有り]
Nishijima H, Suzuki S, Kon T, Funamizu Y, Ueno T, Haga R, Suzuki C, Arai A, Kimura T, Suzuki C, Meguro R, Miki Y, Yamada J, Migita K, Ichinohe N, Ueno S, Baba M, Tomiyama M
Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   29(3) 336-343   2014年3月   [査読有り]
Tomonoh Y, Deshimaru M, Araki K, Miyazaki Y, Arasaki T, Tanaka Y, Kitamura H, Mori F, Wakabayashi K, Yamashita S, Saito R, Itoh M, Uchida T, Yamada J, Migita K, Ueno S, Kitaura H, Kakita A, Lossin C, Takano Y, Hirose S
PloS one   9(2) e88549   2014年   [査読有り]
Furukawa T, Yamada J, Akita T, Matsushima Y, Yanagawa Y, Fukuda A
Frontiers in cellular neuroscience   8 88   2014年   [査読有り]
Yamada J, Zhu G, Okada M, Hirose S, Yoshida S, Shiba Y, Migita K, Mori F, Sugawara T, Chen L, Liu F, Yoshida S, Ueno S, Kaneko S
Epilepsy research   107(1-2) 127-137   2013年11月   [査読有り]
Nishijima H, Arai A, Kimura T, Mori F, Yamada J, Migita K, Wakabayashi K, Baba M, Ueno S, Tomiyama M
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   33(4) 391-396   2013年8月   [査読有り]
Egawa K, Yamada J, Furukawa T, Yanagawa Y, Fukuda A
The Journal of physiology   591(Pt 16) 3901-3917   2013年8月   [査読有り]
Migita K, Yamada J, Nikaido Y, Shi X, Kaneko S, Hirose S, Ueno S
Journal of pharmacological sciences   121(1) 84-87   2013年   [査読有り]
Zhu G, Yoshida S, Migita K, Yamada J, Mori F, Tomiyama M, Wakabayashi K, Kanematsu T, Hirata M, Kaneko S, Ueno S, Okada M
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   340(3) 520-528   2012年3月   [査読有り]
Taurine Inhibits K+-Cl- Cotransporter KCC2 to Regulate Embryonic Cl- Homeostasis via With-no-lysine (WNK) Protein Kinase Signaling Pathway.
J. Biol Chem.   287(25) 20839-20850   2012年   [査読有り]
Migita K, Tomiyama M, Yamada J, Fukuzawa M, Kanematsu T, Hirata M, Ueno S
Molecular pain   7 79   2011年10月   [査読有り]
Yamada J, Inoue K, Furukawa T, Fukuda A
Toxicology letters   198(2) 282-288   2010年10月   [査読有り]
Sipilä ST, Huttu K, Yamada J, Afzalov R, Voipio J, Blaesse P, Kaila K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29(21) 6982-6988   2009年5月   [査読有り]
Khirug S, Yamada J, Afzalov R, Voipio J, Khiroug L, Kaila K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   28(18) 4635-4639   2008年4月   [査読有り]
Yamada J, Furukawa T, Ueno S, Yamamoto S, Fukuda A
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   17(8) 1782-1787   2007年8月   [査読有り]
Achilles K, Okabe A, Ikeda M, Shimizu-Okabe C, Yamada J, Fukuda A, Luhmann HJ, Kilb W
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   27(32) 8616-8627   2007年8月   [査読有り]
Yamamoto S, Yamada J, Ueno S, Kubota H, Furukawa T, Yamamoto S, Fukuda A
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   17(3) 653-660   2007年3月   [査読有り]
Nakanishi K, Yamada J, Takayama C, Oohira A, Fukuda A
Synapse (New York, N.Y.)   61(3) 138-149   2007年3月   [査読有り]
Sipilä ST, Schuchmann S, Voipio J, Yamada J, Kaila K
The Journal of physiology   573(Pt 3) 765-773   2006年6月   [査読有り]
Inoue K, Yamada J, Ueno S, Fukuda A
Journal of neurochemistry   96(2) 598-608   2006年1月   [査読有り]
Inoue K, Ueno S, Yamada J, Fukuda A
Biochemical and biophysical research communications   327(1) 300-305   2005年2月   [査読有り]
Ueta Y, Fujihara H, Serino R, Dayanithi G, Ozawa H, Matsuda K, Kawata M, Yamada J, Ueno S, Fukuda A, Murphy D
Endocrinology   146(1) 406-413   2005年1月   [査読有り]
Toyoda H, Yamada J, Ueno S, Okabe A, Kato H, Sato K, Hashimoto K, Fukuda A
Brain research. Molecular brain research   133(1) 12-18   2005年1月   [査読有り]
Ikeda K, Onimaru H, Yamada J, Inoue K, Ueno S, Onaka T, Toyoda H, Arata A, Ishikawa TO, Taketo MM, Fukuda A, Kawakami K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24(47) 10693-10701   2004年11月   [査読有り]
Yamada J, Okabe A, Toyoda H, Kilb W, Luhmann HJ, Fukuda A
The Journal of physiology   557(Pt 3) 829-841   2004年6月   [査読有り]
Ikeda M, Toyoda H, Yamada J, Okabe A, Sato K, Hotta Y, Fukuda A
Brain research   984(1-2) 149-159   2003年9月   [査読有り]
Toyoda H, Ohno K, Yamada J, Ikeda M, Okabe A, Sato K, Hashimoto K, Fukuda A
Journal of neurophysiology   89(3) 1353-1362   2003年3月   [査読有り]
Isomura Y, Sugimoto M, Fujiwara-Tsukamoto Y, Yamamoto-Muraki S, Yamada J, and Fukuda A.
J.Neurophysiology   90 2752-2756   2003年   [査読有り]
Molecular mechanism underlying facilitation of cerebellar GABA-mediated transmission following activation of monoaminergic afferent fibers.
Konishi, S., Saitow, F., Satake, S., Yamada, J., Ikebuchi, Y. and Suzuki, H.
Biogenic Amines   16 115-125   2001年   [査読有り]
B-Adrenergic Receptor-Mediated Presynaptic Facilitation of Inhibitory GABAergic Transmission at Cerebellar Interneuron-Purkinje Cell Synapses.
Saitow, F., Satake, S., Yamada, J., and Konishi, S.
J. Neurophysiology   84 2016-2025   2000年   [査読有り]
Satake, S., Saitow, F., Yamada, J., and Konishi, S.
Nature Neuroscience   3 551-553   2000年   [査読有り]
Yamada, J., Saitow, F., Satake, S., Kiyohara, T. and Konishi, S.
Neuropharmacolgy   36 1743-1753   1999年   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
発達期脳内GABA変動からみた自 閉症モデルマウスの病態解析お よび早期治療法の探索
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 山田順子
発達性協調運動障害の視覚情報 処理機能の解明 研究課題
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 吉田 和貴
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 山田 順子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 山田 順子
1.雄マウスにおける扁桃体外側核ニューロンのトニック抑制の薬理学的検討;前年度に引き続きこれまでに申請者らが確立した、大脳皮質錐体細胞でのGABA作動性トニックカレント研究の手法を生かし雄マウスの扁桃体外側核ニューロンのGABA作動性介在ニューロンにおけるトニック抑制を検討した。GABA受容体のダウンレギュレーションと行動変化が確認されているPRIP1-KOマウスと野生型マウスを用いて両者を比較した。脳スライスを作成しスライスパッチクランプ法によりGABA作動性トニックカレントを記録した。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 山田 順子
不安のメカニズムを解明するためマウスを用い実験を行った。GABA受容体の細胞膜への移動に関与しているPRIP-1ノックアウトマウス(KO)はGABA作動性抑制伝達に異常をきたしている可能性がある。KOは野生型に比べ不安様行動が多いことがわかった。次に不安に関与する扁桃体でホールセルパッチクランプ法による解析を行い、KOの扁桃体ニューロンではトニックGABA抑制の減少を生じている事を明らかにした。

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
日本生理学会  集会委員
 
2017年
 - 
現在
生理学女性研究者の会  運営委員
 
2008年4月
 - 
現在
日本脳科学会  評議員
 
2001年4月
 - 
現在
日本生理学会  評議員