共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2017年3月

ニカラグアにおけるシャーガス病監視対応システムが媒介虫生息に及ぼす影響の評価

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 吉岡 浩太

課題番号
15K19247
配分額
(総額)
3,900,000円
(直接経費)
3,000,000円
(間接経費)
900,000円

主な研究成果として、2016年2月にニカラグアへ現地調査へ赴き、エステリ県プエブロヌエボ市にて13日間の昆虫学的調査を実施した。この調査では、対象として選定した約400家屋のうち、341家屋で調査を実施することができた。約60家屋では、調査拒否、不在、転居、建替などの理由で調査ができなかった。調査では、ニカラグア保健省の了解のもと、現地調査員を雇用、訓練し、調査チームを編成した。
調査の結果、41家屋(12%)でシャーガス病を媒介する昆虫(サシガメ)が見つかった。これは2014年に同じ地域・家屋で実施した調査結果の6%と比較して倍増しており、サシガメの家屋内生息が回復していることが示唆された。
2016年の調査では、サシガメの有無に加えて、家族の社会経済状況、家の状態、家畜の有無、家屋周辺の状況、家族の予防行動、家族の知識、保健省による現在と過去の対策状況などのデータを取得した。調査データは、現地にてデータ入力作業員を雇用し、電子データベース化した。データの詳細な解析を今後進める予定である。