Kana Miyazaki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 31, 2019 at 21:43
 
Avatar
Name
Kana Miyazaki
E-mail
kmiyazakiclin.medic.mie-u.ac.jp

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Oct 2008
Young Investigator Award, The Japanese Society of Hematology
 

Published Papers

 
Miyazaki K, Asano N, Yamada T, Miyawaki K, Sakai R, Igarashi T, Nishikori M, Ohata K, Sunami K, Yoshida I, Yamamoto G, Takahashi N, Okamoto M, Yano H, Nishimura Y, Tamaru S, Nishikawa M, Izutsu K, Kinoshita T, Suzumiya J, Ohshima K, Kato K, Katayama N, Yamaguchi M, CD5+ DLBCL Treatment Study Group.
Haematologica      Oct 2019   [Refereed]
Yamaguchi M, Suzuki R, Miyazaki K, Amaki J, Takizawa J, Sekiguchi N, Kinoshita S, Tomita N, Wada H, Kobayashi Y, Niitsu N, Ando T, Maeda T, Saito B, Matsuoka H, Sakai R, Kubota N, Masaki Y, Kameoka Y, Asano N, Oguchi M, Katayama N
Annals of hematology   98(7) 1647-1655   Jul 2019   [Refereed]
Ogura M, Yamamoto K, Morishima Y, Wakabayashi M, Tobinai K, Ando K, Uike N, Kurosawa M, Gomyo H, Taniwaki M, Nosaka K, Tsukamoto N, Shimoyama T, Fukuhara N, Yakushijin Y, Ohnishi K, Miyazaki K, Sawada K, Takayama N, Hanamura I, Nagai H, Kobayashi H, Usuki K, Kobayashi N, Ohyashiki K, Utsumi T, Kumagai K, Maruyama D, Ohmachi K, Matsuno Y, Nakamura S, Hotta T, Tsukasaki K, Japan Clinical Oncology Group- Lymphoma Study Group (JCOG-LSG).
Cancer science   109(9) 2830-2840   Sep 2018   [Refereed]
Yamaguchi M, Suzuki R, Kim SJ, Ko YH, Oguchi M, Asano N, Miyazaki K, Terui Y, Kubota N, Maeda T, Kobayashi Y, Amaki J, Soejima T, Saito B, Shimoda E, Fukuhara N, Tsukamoto N, Shimada K, Choi I, Utsumi T, Ejima Y, Kim WS, Katayama N
Cancer science   109(6) 2056-2062   Jun 2018   [Refereed]
Okano M, Matsumoto T, Nakamori Y, Ino K, Miyazaki K, Fujieda A, Sugimoto Y, Tawara I, Yamaguchi M, Ohishi K, Miwa H, Masuya M, Wada H, Katayama N
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   59(2) 178-181   2018   [Refereed]
Yamaguchi M, Miyazaki K
Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   57(3) 98-108   Dec 2017   [Refereed]
Takeuchi T, Yamaguchi M, Kobayashi K, Miyazaki K, Tawara I, Imai H, Ono R, Nosaka T, Tanaka K, Katayama N
Cancer   123(7) 1166-1173   Apr 2017   [Refereed]
Yamaguchi M, Suzuki R, Oguchi M, Asano N, Amaki J, Akiba T, Maeda T, Itasaka S, Kubota N, Saito Y, Kobayashi Y, Itami J, Ueda K, Miyazaki K, Ii N, Tomita N, Sekiguchi N, Takizawa J, Saito B, Murayama T, Ando T, Wada H, Hyo R, Ejima Y, Hasegawa M, Katayama N
Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology   35(1) 32-39   Jan 2017   [Refereed]
Ino K, Nakase K, Nakamura A, Nakamori Y, Sugawara Y, Miyazaki K, Monma F, Fujieda A, Sugimoto Y, Ohishi K, Masuya M, Katayama N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   56(6) 707-711   2017   [Refereed]
Okano M, Sugimoto Y, Ohishi K, Miyazaki K, Monma F, Katayama N
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58(7) 766-771   2017   [Refereed]
Kobayashi K, Yamaguchi M, Miyazaki K, Imai H, Yokoe K, Ono R, Nosaka T, Katayama N
Cancer medicine   5(8) 1802-1809   Aug 2016   [Refereed]
Miyazaki K
Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   56(2) 79-88   2016   [Refereed]
Miyazaki K
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   56(10) 2047-2055   Oct 2015   [Refereed]
Miyazaki K, Yamaguchi M, Imai H, Kobayashi K, Tamaru S, Kobayashi T, Shiku H, Katayama N
International journal of hematology   102(2) 188-194   Aug 2015   [Refereed]
Miyazaki K
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   56(8) 1038-1044   Aug 2015   [Refereed]
Sakaguchi H, Miyazaki K, Tono Y, Fujieda A, Nakamori Y, Mizutani M, Sekine T, Shibazaki T, Oka K, Katou K, Monma F, Yamaguchi M, Masuya M, Katayama N
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   56(8) 1076-1081   Aug 2015   [Refereed]
Yamaguchi M, Takata K, Yoshino T, Ishizuka N, Oguchi M, Kobayashi Y, Isobe Y, Ishizawa K, Kubota N, Itoh K, Usui N, Miyazaki K, Wasada I, Nakamura S, Matsuno Y, Oshimi K, Kinoshita T, Tsukasaki K, Tobinai K
Cancer science   105(11) 1435-1441   Nov 2014   [Refereed]
[Treatment approaches for diffuse large B-cell lymphoma].
Miyazaki K, Yamaguchi M
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   72(3) 483-487   Mar 2014   [Refereed]
Miyazaki K, Yamaguchi M, Suzuki R, Kobayashi Y, Maeshima AM, Niitsu N, Ennishi D, Tamaru JI, Ishizawa K, Kashimura M, Kagami Y, Sunami K, Yamane H, Nishikori M, Kosugi H, Yujiri T, Hyo R, Katayama N, Kinoshita T, Nakamura S.
Annals of oncology   22(7) 1601-1607   Jul 2011   [Refereed]
Saeki T, Nishi S, Imai N, Ito T, Yamazaki H, Kawano M, Yamamoto M, Takahashi H, Matsui S, Nakada S, Origuchi T, Hirabayashi A, Homma N, Tsubata Y, Takata T, Wada Y, Saito A, Fukase S, Ishioka K, Miyazaki K, Masaki Y, Umehara H, Sugai S, Narita I
Kidney international   78(10) 1016-1023   Nov 2010   [Refereed]
Gene expression profiling of diffuse large B-cell lymphoma -- comparison depending on the CD21 antigen expression.
MIYAZAKI K
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   50(11) 1595-1600   Nov 2009   [Refereed]
Miyazaki K, Yamaguchi M, Imai H, Kobayashi T, Tamaru S, Nishii K, Yuda M, Shiku H, Katayama N
Blood   113(5) 1071-1074   Jan 2009   [Refereed]
[Long-term remission of a nasal NK/T-cell lymphoma patient with massive involvement of the orbita and liver dysfunction].
Monma F, Ueno S, Yamaguchi M, Tawara I, Miyazaki K, Nishii K, Nakase K, Katayama N
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   50(1) 44-48   Jan 2009   [Refereed]
Miyazaki K, Yamaguchi M, Suguro M, Choi W, Ji Y, Xiao L, Zhang W, Ogawa S, Katayama N, Shiku H, Kobayashi T
British journal of haematology   142(4) 562-570   Aug 2008   [Refereed]
Fujieda A, Masuya M, Kitano S, Miyazaki K, Yazaki A, Sugimoto Y, Usui E, Miyata E, Shibasaki T, Yamamura K, Ohishi K, Nishii K, Nakase K, Takeuchi T, Katayama N
Cancer genetics and cytogenetics   184(1) 57-61   Jul 2008   [Refereed]
Kimura M, Yamaguchi M, Nakamura S, Imai H, Ueno S, Ogawa S, Miyazaki K, Oka K, Ohno T, Kita K, Kobayashi T, Shiku H
International journal of hematology   85(1) 41-48   Jan 2007   [Refereed]
Ogawa S, Tawara I, Ueno S, Kimura M, Miyazaki K, Nishikawa H, Yamaguchi M, Kobayashi T, Shiku H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   45(11) 733-737   2006   [Refereed]
[Angioimmunoblastic T-cell lymphoma occurring four months after autologous peripheral blood stem cell transplantation with high-dose chemotherapy for follicular lymphoma].
Miyazaki K, Masuya M, Yamaguchi M, Isaka S, Nakase K, Kobayashi T, Nakamura S, Shiku H
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   46(9) 1065-1070   Sep 2005   [Refereed]

Misc

 
加島江美子, 永春圭規, 南博仁, 伊野和子, 宮崎香奈, 藤枝敦史, 俵功, 山口素子, 大石晃嗣, 桝屋正浩, 片山直之
日本輸血細胞治療学会誌   65(2) 420-420   Apr 2019
宮崎香奈
月刊血液内科   77(5) 668‐672-672   Nov 2018
松本剛史, 松本剛史, 塩谷拓也, 伊野和子, 宮崎香奈, 藤枝敦史, 杉本由香, 俵功, 山口素子, 大石晃嗣, 大石晃嗣, 桝屋正浩, 和田英夫, 片山直之
臨床血液   59(9) 1750   Sep 2018
CD5+ DLBCLに対するDA-EPOCH-R/大量MTX療法 PEARL5試験の主解析結果(DA-EPOCH-R with high-dose methotrexate(HD-MTX) for CD5+ DLBCL: Primary analysis of PEARL5 study)
宮崎 香奈, 浅野 直子, 山田 知美, 宮脇 恒太, 高崎 啓孝, 五十嵐 忠彦, 錦織 桃子, 大畑 欣也, 角南 一貴, 吉田 功, 山本 豪, 高橋 直樹, 岡本 昌隆, 矢野 寛樹, 西村 有起, 田丸 智巳, 西川 政勝, 伊豆津 宏二, 木下 朝博, 鈴宮 淳司, 大島 孝一, 加藤 光次, 片山 直之, 山口 素子
臨床血液   59(9) 1556-1556   Sep 2018
未治療移植非適応多発性骨髄腫に対するMPB療法変法のランダム化第II相試験(JCOG 1105)(Randomized phase II study to optimize MPB in untreated transplant-ineligible myeloma: JCOG1105)
飯田 真介, 丸山 大, 小川 岳人, 楠本 茂, 福原 傑, 福原 規子, 瀬尾 幸子, 宮崎 香奈, 吉満 誠, 黒田 純也, 塚本 憲史, 辻村 秀樹, 半下石 明, 山内 高弘, 内海 貴彦, 水野 石一, 高松 泰, 永田 泰之, 皆内 康一郎, 大塚 英一, 花村 一朗, 徳永 隆之, 吉田 真一郎, 山崎 聡, 末廣 陽子, 神山 祐太郎, 宮本 憲一, 渡部 裕子, 塚崎 邦弘, 永井 宏和
臨床血液   59(9) 1610-1610   Sep 2018
溶血発作発症後早期にeculizumab投与を行い速やかな改善がみられた非典型的溶血性尿毒症症候群の一例(A case of atypical hemolytic uremic syndrome early administrated eculizumab for hemolytic attack)
松本 剛史, 塩谷 拓也, 伊野 和子, 宮崎 香奈, 藤枝 敦史, 杉本 由香, 俵 功, 山口 素子, 大石 晃嗣, 桝屋 正浩, 和田 英夫, 片山 直之
臨床血液   59(9) 1750-1750   Sep 2018
予後不良DLBCLに対する治療開発 第II相試験の主解析結果(Development of the treatment for an aggressive subgroup of DLBCL: results of the primary analysis in a phase II study)
山口 素子, 宮崎 香奈, 宮脇 恒太, 田丸 智巳, 西川 政勝, 伊豆津 宏二, 木下 朝博, 鈴宮 淳司, 大島 孝一, 片山 直之
日本癌学会総会記事   77回 1170-1170   Sep 2018
宮崎香奈
Medicina   55(8) 1190‐1192   Jul 2018
【血液疾患を見逃さないために-プライマリ・ケアと専門医コンサルトのタイミング】血液疾患を疑う症候・病変の診かたと紹介のタイミング 鼻腔病変
宮崎 香奈
Medicina   55(8) 1190-1192   Jul 2018
<文献概要>Point ◎わが国において鼻腔・副鼻腔リンパ腫の約75%を,節外性NK/T細胞リンパ腫,鼻型(ENKL)が占める.◎ENKLは鼻腔などの節外病変を特徴とするNKまたはT細胞型のリンパ腫である.◎鼻腔(周辺)限局例では放射線治療・化学療法同時併用療法(RT-2/3DeVIC療法),若年者の初発IV期,初回治療後再発・難治例ではSMILE療法後の移植療法が推奨されている.
宮﨑 香奈
血液内科 = Hematology   76(6) 745-750   Jun 2018
宮崎香奈
日本リンパ網内系学会会誌   58 58   May 2018
新時代を切り拓くリンパ腫治療研究 CD5陽性DLBCLの新しい治療法の開発
宮崎 香奈
日本リンパ網内系学会会誌   58 58-58   May 2018
血小板数のみ著明な増加を示した慢性骨髄性白血病
岡野 元彦, 杉本 由香, 大石 晃嗣, 宮崎 香奈, 門間 文彦, 片山 直之
臨床血液   58(7) 766-771   Jul 2017
慢性骨髄性白血病(chronic myeloid leukemia, CML)では一般に血小板増多より白血球増多が特徴的である。今回,30歳代の女性で3,000×10^3/μlを超える血小板増多をきたした2例を経験した。臨床所見は本態性血小板血症に類似していたが,Philadelphia染色体陽性でありCMLと診断した。JAK2,CALR,MPL変異は陰性であった。症例2ではBCR/ABL陽性細胞は末梢血好中球の19.8%のみに認められた。血小板数のみ著明に高値を示すCMLは過去に11例報...
岡野元彦, 松本剛史, 中森良樹, 伊野和子, 宮崎香奈, 藤枝敦史, 杉本由香, 俵功, 山口素子, 大石晃嗣, 三輪啓志, 桝屋正浩, 和田英夫, 片山直之
臨床血液   58(6) 685(J‐STAGE)-685   Jun 2017
Eculizumabが奏効したC3 p.I1157T missense mutationを有する非典型溶血性尿毒症症候群
岡野 元彦, 松本 剛史, 中森 良樹, 伊野 和子, 宮崎 香奈, 藤枝 敦史, 杉本 由香, 俵 功, 山口 素子, 大石 晃嗣, 三輪 啓志, 桝屋 正浩, 和田 英夫, 片山 直之
臨床血液   59(2) 178-181   Feb 2018
症例は23歳男性。血尿の既往歴および家族歴がある。某年2月発熱を自覚し近医でインフルエンザA型と診断された。その翌日、赤褐色尿が出現し某病院に入院となった。血栓性微小血管症の所見が認められ、非典型溶血性尿毒症症候群(atypical hemolytic uremic syndrome,aHUS)が疑われ当院に転院となった。Eculizumab投与にて溶血と血小板数は速やかな改善がみられた。我々が以前報告した、三重県内にてaHUSの6家系8患者で検出された補体C3の遺伝子変異C3 p.I11...
OKANO Motohiko, OHISHI Kohshi, MIWA Hiroshi, MASUYA Masahiro, WADA Hideo, KATAYAMA Naoyuki, MATSUMOTO Takeshi, NAKAMORI Yoshiki, INO Kazuko, MIYAZAKI Kana, FUJIEDA Atsushi, SUGIMOTO Yuka, TAWARA Isao, YAMAGUCHI Motoko
Rinsho Ketsueki   59(2) 178-181   2018
<p>A 23-year-old man from Mie Prefecture, Japan, with past and family history of hematuria was diagnosed with influenza A and admitted to our hospital on the following day because of hemoglobinuria. He was diagnosed with thrombotic microangiopathy...
爲田里沙, 宮崎香奈, 山本麻里子, 伊野和子, 中森良樹, 門間文彦, 松本剛史, 藤枝敦史, 杉本由香, 俵功, 山口素子, 三輪啓志, 大石晃嗣, 桝屋正浩, 片山直之, 臼井正信
臨床血液   57(6) 806(J‐STAGE)-806   Jun 2016
西村廣明, 俵功, 伊野和子, 中森良樹, 宮崎香奈, 藤枝敦史, 杉本由香, 山口素子, 桝屋正浩, 片山直之
臨床血液   56(11) 2371-2371   Nov 2015
宮崎香奈
日本リンパ網内系学会会誌   57 69   May 2017
松本剛史, 松本剛史, 伊野和子, 中森良樹, 宮崎香奈, 門間文彦, 藤枝敦史, 杉本由香, 俵功, 山口素子, 大石晃嗣, 大石晃嗣, 桝屋正浩, 和田英夫, 和田英夫, 西川政勝, 西川政勝, 片山直之
日本エイズ学会誌   17(4) 450-450   Nov 2015
リンパ腫の治療 CD5陽性DLBCLの治療の進歩
宮崎 香奈
日本リンパ網内系学会会誌   57 69-69   May 2017
【血液疾患-症候から診断、治療までの道筋-】リンパ節腫脹の鑑別診断
宮崎 香奈
月刊レジデント   8(11) 29-35   Nov 2015
【外来で診るリンパ腫・骨髄腫-治癒または長期共存を目指して】リンパ腫診療の進歩 診療指針 NK/T細胞リンパ腫
宮崎 香奈
Medicina   52(12) 2124-2127   Nov 2015
ポイント節外性NK/T細胞リンパ腫,鼻型(ENKL)は,鼻腔などの節外病変を特徴とするNKまたはT細胞型のリンパ腫である.CHOP療法が無効であり,ほかのリンパ腫と治療方針が大きく異なる.わが国の場合,鼻腔(周辺)限局例では放射線治療・化学療法同時併用療法(RT-2/3DeVIC療法),若年者の初発IV期,初回治療後再発・難治例ではSMILE療法後の移植療法が推奨治療である.(著者抄録)
青木智広, 島田和之, 鈴木律朗, 伊豆津宏二, 前田嘉信, 瀧澤淳, 三谷絹子, 五十嵐忠彦, 酒井香生子, 宮崎香奈, 三原圭一朗, 高崎啓孝, 中村直哉, 冨田章裕, 清井仁, 中村栄男, 木下朝博, 小椋美知則
日本リンパ網内系学会会誌   55 91-91   Jun 2015
宮﨑 香奈
血液内科 = Hematology   72(4) 434-438   Apr 2016
【リンパ腫-検査・診断と治療の最新動向-】リンパ腫の治療 治療各論 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
宮崎 香奈, 山口 素子
日本臨床   72(3) 483-487   Mar 2014
伊野和子, 中瀬一則, 中村明子, 中森良樹, 菅原由美子, 宮崎香奈, 門間文彦, 藤枝敦史, 桝屋正浩, 片山直之
日本内科学会雑誌   103(Suppl.) 181-181   Feb 2014
宮崎香奈, 竹内俊文, 山口素子, 中瀬一則, 片山直之
日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)   14th ROMBUNNO.O2‐12‐1   2016
NAGAHARU Keiki, KATAYAMA Naoyuki, MIYAZAMI Kana, IMAI Hiroshi, TAMURA Asako, UMINO Akira, FUJIEDA Atsushi, SUGIMOTO Yuka, YAMAGUCHI Motoko, MASUYA Masahiro
Rinsho Ketsueki   55(12) 2423-2428   Dec 2014
Bing-Neel syndrome is known as Waldenstr&ouml;m's macroglobulinemia with central nervous system infiltration by neoplastic lymphoplasmacytoid and plasma cells. A 74-year-old man was admitted because of progressive cognitive impairment. Serum immun...
宮崎香奈
レジデント   8(11) 29‐35   Nov 2015
宮崎香奈
日本臨床   73 619-622   Oct 2015
DLBCL 病態の多様性に基づく治療開発
宮崎 香奈
臨床血液   56(10) 2047-2055   Oct 2015
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma,DLBCL)は悪性リンパ腫の約30%を占める最大病型であり,病因論的・臨床病理学的・分子生物学的に不均一な疾患群である。DLBCLの標準治療がR-CHOP療法となり,飛躍的に予後は改善した。しかし依然として約4割の患者は難治もしくは再発することから,R-CHOP療法を超えた新たな治療戦略が求められている。腫瘍細胞の想定由来正常細胞に着目した網羅的遺伝子解析によりDLBCLはgerminal cent...
宮崎香奈, 浅野直子, 海野啓, 今井裕, 小林恭子, 山口素子, 片山直之
日本リンパ網内系学会会誌   53 121-121   Apr 2013
【リンパ腫学-最新の研究動向-】節外リンパ腫の臓器別特徴と治療 鼻・副鼻腔リンパ腫
宮崎 香奈
日本臨床   73(増刊8 リンパ腫学) 619-622   Oct 2015
中井智絵, 横山智哉, 安冨倫子, 波部幸司, 山中恵一, 磯田憲一, 水谷仁, 宮崎香奈
Skin Cancer   27(3) 407-407   Feb 2013
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫細胞におけるSH3BP5, LMO3, SNAP25発現と臨床病態との関連
小林 恭子, 山口 素子, 宮崎 香奈, 今井 裕, 小埜 良一, 野阪 哲哉, 片山 直之
日本癌学会総会記事   74回 J-1318   Oct 2015
伊神明良, 小林恭子, 山口素子, 宮崎香奈, 江間菜々恵, 今井裕, 片山直之
臨床血液   53(9) 1228-1228   Sep 2012
Toward tailored treatments of diffuse large B-cell lymphoma based on biomarkers CD5陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 分子基盤に基づく治療戦略
宮崎 香奈
臨床血液   56(8) 1038-1044   Aug 2015
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma,DLBCL)の免疫組織化学的サブグループの一つであるCD5+DLBCLは,診断時年齢中央値は67歳と高齢者に多く,予後不良因子を高率に有し,rituximab導入後も予後不良である。予後不良性の最大の原因として,rituximab導入後も中枢神経系再発/増悪割合が診断後2年時点で13%と高いことが挙げられ,その浸潤部位は80%の症例で脳実質内である。BCL2蛋白の陽性率は90%と高く,cyclin ...
宮崎香奈
内科   110(2) 209-212   Aug 2012
・抗CD20抗体であるrituximabの導入後、R-CHOP療法が現在の標準的治療に位置づけられている。・進行期DLBCLではR-CHOP療法6〜8コースが行われる。・限局期DLBCLでは個々の患者においてR-CHOP療法6コース、あるいはR-CHOP療法3コース+IFRTの2つから治療が選択されている。・現在R-CHOP療法を凌駕するdose-intensified therapyに関するコンセンサスは得られていない。(著者抄録)
足底の皮下腫瘤で発症し鼻腔に再発した節外性NK/T細胞リンパ腫、鼻型
坂口 春奈, 宮崎 香奈, 戸野 泰孝, 藤枝 敦史, 中森 良樹, 水谷 実, 関根 隆夫, 柴崎 哲典, 岡 宏次, 加藤 公, 門間 文彦, 山口 素子, 桝屋 正浩, 片山 直之
臨床血液   56(8) 1076-1081   Aug 2015
36歳,女性。200X年2月,左足底に腫瘤が出現し,左足底皮下腫瘤生検で節外性NK/T細胞リンパ腫,鼻型(extranodal NK/T-cell lymphoma,nasal type:ENKL)と診断された。病変は足底皮下組織に限局しており,同部に対する放射線治療を含むRT-2/3DeVIC療法を施行し完全奏効(complete response,CR)を得た。翌年3月のPET/CTにて右鼻腔の粘膜肥厚部にFDGの異常集積を認め,生検によりENKL再発と診断された。病変は鼻腔に限局して...
宮崎香奈, 山口素子, 海野啓, 小林恭子, 片山直之
日本リンパ網内系学会会誌   52 117-117   May 2012
横江香里, 山口素子, 宮崎香奈, 小林恭子, 片山直之
臨床血液   52(9) 1119-1119   Sep 2011
本態性血小板血症患者におけるCALR、JAK2、MPL変異と臨床学的特徴の相違(Prevalence of CALR, JAK2, and MPL mutations and different clinical characteristics in essential thrombocythemia)
杉本 由香, 大石 晃嗣, 伊野 和子, 宮崎 香奈, 田丸 智巳, 山口 素子, 桝屋 正浩, 和田 英夫, 西川 政勝, 中谷 中, 登 勉, 片山 直之
日本癌学会総会記事   73回 P-2270   Sep 2014
景山裕紀, 宮崎香奈, 南博仁, 小林恭子, 藤枝敦史, 山口素子, 桝屋正浩, 片山直之
臨床血液   52(9) 1290-1290   Sep 2011
宮崎香奈, 山口素子
日本リンパ網内系学会会誌   54 77   Jun 2014
特殊なびまん性大細胞型リンパ腫と中間型リンパ腫【特殊なDLBCL】CD5+DLBCLおよびIVLBCLの治療戦略
宮崎 香奈, 山口 素子
日本リンパ網内系学会会誌   54 77-77   Jun 2014
宮崎香奈, 山口素子
日本臨床   72(3) 483-487   Mar 2014
宮崎香奈, 山口素子, 南博仁, 小林恭子, 片山直之
日本リンパ網内系学会会誌   51 98-98   Jun 2011
伊野和子, 門間文彦, 藤枝敦史, 永春圭規, 坂口春奈, 中森良樹, 宮崎香奈, 杉本由香, 大石晃嗣, 桝屋正浩, 中瀬一則, 片山直之
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   36th 346   Feb 2014
伊藤奈々, 新堂晃大, 伊井裕一郎, 宮崎香奈, 冨本秀和
臨床神経学   51(4) 297-297   Apr 2011
南博仁, 門間文彦, 伊野和子, 宮崎香奈, 松本剛史, 藤枝敦史, 山口素子, 大石晃嗣, 桝屋正浩, 中瀬一則, 岡宏次, 片山直之
臨床血液   51(9) 1254-1254   Sep 2010
江間菜々恵, 山口素子, 宮崎香奈, 片山直之
臨床血液   51(9) 1242-1242   Sep 2010
宮崎 香奈
日本医師会雑誌   142(5) 1035-1040   Aug 2013
宮崎 香奈, 山口 素子
血液・腫瘍科   59(2) 203-208   Aug 2009
宮崎香奈, 山口素子, 門間文彦, 神野正敏, 島田啓司, 片山直之
日本リンパ網内系学会会誌   48 90-90   May 2008
宮崎香奈, 山口素子, 片山幸, 上野聡, 小川祥子, 珠玖洋, 小林透, 片山直之
臨床血液   48(9) 961-961   Sep 2007
Primary cutaneous aggressive epidermotropic CD8+ cytotoxic Tcell lymphomaの1例
中井 智絵, 横山 智哉, 安冨 倫子, 波部 幸司, 山中 恵一, 磯田 憲一, 水谷 仁, 宮崎 香奈
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   28回 173-173   Jun 2012
藤枝敦史, 山村賢太郎, 宮崎香奈, 田丸智巳, 大石晃嗣, 山口素子, 西井一浩, 中瀬一則, 和田英夫, 片山直之
臨床血液   48(9) 1185-1185   Sep 2007
宮崎香奈, 山口素子, 木村美穂, 上野聡, 小林透, 片山直之
日本リンパ網内系学会会誌   47 80-80   May 2007
木村美穂, 山口素子, 中村栄男, 今井裕, 上野聡, 小川祥子, 宮崎香奈, 岡宏次, 大野敏之, 北堅吉, 小林透, 珠玖洋
臨床血液   47(9) 1031-1031   Sep 2006
上野聡, 俵功, 宮崎香奈, 木村美穂, 山口素子, 小林透, 珠玖洋
日本リンパ網内系学会会誌   46 103-103   Jun 2006
CD5陽性DLBCLの臨床及び分子学的特徴(Clinical and molecular features of CD5+ DLBCL)
宮崎 香奈, 山口 素子
日本癌学会総会記事   70回 261-261   Sep 2011