奥野敬丞

J-GLOBALへ         更新日: 14/03/28 16:47
 
アバター
研究者氏名
奥野敬丞
eメール
k-okunoisit.or.jp
所属
九州先端科学技術研究所
職名
研究員
学位
博士(情報学)

経歴

 
2012年10月
 - 
現在
九州先端科学技術研究所 研究員
 
2007年12月
 - 
2012年9月
国立情報学研究所 リサーチ・アシスタント
 
2009年12月
 - 
2012年3月
国立情報学研究所 プロジェクト・アシスタント
 

論文

 
ボール打撃時のバットスイング加速度と打球初速度の関係に関する考察
奥野敬丞,吉永崇,有田大作
日本機会学会 スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス2013      2013年11月   [査読有り]
バットスイングの加速度とバット-ボール衝突後の打球初速度の関係に関する考察
奥野敬丞,吉永崇,有田大作
人工知能学会合同研究会・シンポジウム第16 回身体知研究会      2013年10月
身体性を考慮したボールバット衝突後の打球の初速度の研究-バットの加速度 の打球初速度への影響-
奥野敬丞,吉永崇,有田大作
第31 回日本ロボット学会学術講演会予稿集      2013年9月
Keisuke OKUNO and Tetsunari Inamura
2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration   916-920   2012年12月   [査読有り]
動作コーチングにおける手本動作の強調と言語的注意表現の統合 に関する分析とモデル化, そのモデルを使用した動作コーチングの議論
奥野敬丞,稲邑哲也
第30回日本ロボット学会学術講演会予稿集      2012年9月
Keisuke Okuno and Tetsunari Inamura
Proc. of the 2012 IEEE Int'l Symp. on Robot and Human Interactive Communication   640-645   2012年9月   [査読有り]
奥野敬丞,稲邑哲也
計測自動制御学会論文集   48(7) 406-412   2012年7月   [査読有り]
動作コーチングにおける手本動作の強調と言語的注意表現の統合に関する分析とモデル化
奥野敬丞,稲邑哲也
2012年度人工知能学会全国大会(第26回)   3O2-OS-3b-10   2012年6月
Keisuke OKUNO and Tetsunari Inamura
Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   3381-3386   2011年9月   [査読有り]
Robotic Motion Coach: Effect of Motion Emphasis and Verbal Expression for Imitation Learning
Tetsunari Inamura and Keisuke Okuno
Proc. of the 3rd International Conference on Cognitive Neurodynamics      2011年6月   [査読有り]
デフォルメ動作と注意的言語表現を用いて人間の動作を コーチングするロボットシステムの研究 -デフォルメ度合いと言語表現の個人適応に関する考察-
奥野敬丞,稲邑哲也
2011年度人工知能学会全国大会(第25回)   3D2-OS8-5   2011年6月
感覚運動情報のシンボル化と強調動作提示法に基づくコーチングロボット
稲邑哲也,奥野敬丞
信学技報   110(422) 17-22   2011年2月   [査読有り][招待有り]
デフォルメ動作と言語注意を使用したロボットシステムによる動作コーチングの研究-ミメシスモデルによるコーチングの定量的・定性的評価の実現-
奥野敬丞,稲邑哲也
第16回ロボティクスシンポジア予稿集   436-411   2011年3月   [査読有り]
デフォルメ動作と言語注意を用いたロボットシステムによる動作コーチングの研究-ミラーニューロンシステムの工学的モデルを用いた評価と教示-
奥野敬丞,稲邑哲也
脳と心のメカニズム第11回 冬のワークショップ2011      2011年1月
A Research on Motion Coaching for Human Beings by a Robotics System that uses Emphatic Motion and Verbal Attention -- Qualitative and Quantitative Evaluation by Applying the Mimesis Model--
Keisuke Okuno and Tetsunari Inamura
IEEE/RAS Humanoids 2010 Workshop on Humanoid Robots Learning from Human Interaction      2010年12月   [査読有り]
Generating motions for humanoid robots using a motion capture system in real time
Ngoc Hung Pham, Kim Khanh Nguyen, Cabanillas Aurelien, Keisuke Okuno, Ohhoon Kwon and Tetsunari Inamura
Proc. of IEEE RIVF International Conference on Computing & Communication Technologies, Research, Innovation, and Vision for the Future      2010年10月   [査読有り]
ミメシスモデルを用いたデフォルメ動作提示と言語コミュニケーションによって人間をコーチするロボットシステムの研究
奥野敬丞,稲邑哲也
第28回日本ロボット学会学術講演会予稿集      2010年9月
運動から感覚を推定可能なプリミティブ表現とコミュニケーションに基づく動作コーチング
奥野敬丞,稲邑哲也
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 夏のワークショップ2010      2010年8月
原始シンボル表現を用いた動作のデフォルメ提示による動作コーチング
稲邑哲也,奥野敬丞
人工知能学会全国大会(第24回)予稿集      2010年6月
動作模倣と対話に基づく他者感覚パターンの推定に関する研究 –相対評価型質問による感覚パターンのシンボル化戦略の特定–
奥野敬丞,稲邑哲也
第15回ロボティクスシンポジア予稿集   52-57   2010年3月   [査読有り]
Estimation of other’s sensor patterns based on motion imitation and communication
Keisuke Okuno and Tetsunari Inamura
Proc. of International Symposium on Artificial Life and Robotics   893-897   2010年2月   [査読有り]
Tetsunari Inamura and Keisuke Okuno
Proc. of IEEE/RAS International Conference on Humanoid Robots   617-623   2009年12月   [査読有り]
Inference of other's sensorimotor patterns based on symbolic query with motion performance
Keisuke Okuno and Tetsunari Inamura
Proc. of The 3rd International Symposium on Mobiligence   42-45   2009年11月   [査読有り]
他者の感覚運動情報の推定のためのシンボルコミュニケーション
稲邑哲也,奥野敬丞
第23回人工知能学会全国大会論文集   1F2-OS7-10-   2009年6月
シンボルコミュニケーションに基づく他者の感覚運動情報の推定~感覚運動情報のシンボル化戦略の獲得に関する考察~
奥野敬丞,稲邑哲也
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009予稿集   2A1-A21   2009年5月
ヒューマノイド間の対話に基づくミメシスモデルの適応的獲得
稲邑哲也,奥野敬丞
第14回ロボティクスシンポジア予稿集   393-398   2009年3月   [査読有り]
言語コミュニケーションに基づく他者の感覚運動情報の推定モデルの適応的獲得
奥野敬丞,稲邑哲也
第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集   3-4   2008年12月