柴田 啓介

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/18 10:06
 
アバター
研究者氏名
柴田 啓介
所属
酪農学園大学
部署
農食環境学群 循環農学類
職名
助教
学位
学士 (法学)(北海道大学), 修士 (教育学)(北海道大学)
科研費研究者番号
70805150

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
酪農学園大学 農食環境学群 循環農学類 助教
 
2018年4月
 - 
現在
札幌国際大学 非常勤講師
 
2015年9月
 - 
現在
合同会社ベストパフォーマンス 客員研究員
 
2014年9月
 - 
現在
北翔大学 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
現在
北海道科学大学 非常勤講師
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
北海道大学バスケットボール連盟  理事
 

論文

 
Effects of prolonging eccentric phase-duration in parallel-back squat training to momentary failure on muscle cross sectional area, squat 1RM and performance tests in university soccer players.
Shibata K., Takizawa K., Nosaka K., & Mizuno M.
Journal of Strength and Conditioning Research, in press      2018年   [査読有り]
Taichi YAMAGUCHI, Kazuki TAKIZAWA, Keisuke SHIBATA,Nobuyasu TOMABECHI, Mina SAMUKAWA, Masanori YAMANAKA
Gazz Med Ital - Arch Sci Med in press      [査読有り]
疲労困憊に至る異なる反復速度の低強度レジスタンストレーニングが中高齢者の筋力に及ぼす効果.
苫米地伸泰, 中島寿宏, 秋野禎見, 河口明人, 柴田啓介, 石原暢, 瀧澤一騎, 水野眞佐夫
運動とスポーツの科学   24(1) 61-67   2018年12月   [査読有り]
Effects of 3-Week Work-Matched High-Intensity Intermittent Cycling Training with Different Cadences on VO2max in University Athletes
Tomabechi N, Takizawa K, Shibata K, Mizuno M
Sports (Basel, Switzerland)   6(4)    2018年9月   [査読有り]
Warm-up exercises may not be so important for enhancing submaximal running performance.
Takizawa, K., Yamaguchi, T., & Shibata, K.
Journal of Strength and Conditioning Research   32(5) 1383-1390   2018年   [査読有り]
Oscillation in tissue oxygen index during recovery from exercise.
Yano, T., Afroundeh, R., Shirakawa, K., Lian, C. S., Shibata, K., Xiao, Z., & Yunoki, T.
Physiological Research   65 259-269   2016年   [査読有り]
Yamaguchi, T, Takizawa, K, Shibata, K
Journal of Strength and Conditioning Research   29(11) 3045-3052   2015年   [査読有り]
山口太一,瀧澤一騎,柴田啓介.下肢5筋群に対する20秒×1セットのスタティックストレッチングが陸上競技中距離選手の持久走パフォーマンスに及ぼす急性の影響
山口太一,瀧澤一騎,柴田啓介
トレーニング科学   26 93-102   2015年   [査読有り]
Yano, T., Afroundeh, R., Shirakawa, K., Lian, C. S., Shibata, K., Xiao, Z., & Yunoki, T
Acta Physiologica Hungarica   102(3) 274-281   2015年   [査読有り]
Effect of short static stretches of the lower extremities after warm-up for endurance running performance.
Takizawa, K., Yamaguchi, T., Shibata, K.
Movement, Health & Exercise   4(2) 27-35   2015年   [査読有り]
Does power output vary according with programs of high load resistance training? – A comparison between bulk-up type and strength-up type
Shibata K., Takizawa K., Mizuno M.
Movement, Health & Exercise   4(2) 7-14   2015年   [査読有り]
Comparison between twelve and six sets of high load leg extension on muscle strength
Shibata, K., Takizawa, K., & Mizuno, M.
Movement, Health & Exercise   4(1) 51-59   2015年   [査読有り]
形状の異なるスコップを使用した 6 週間の雪かき作業は体力テスト結果に影響を及ぼすのか?
瀧澤一騎, 田中孝之, 吉成哲, 奈良博之, 柴田啓介, 山中正紀, & 鈴木善人
日本生理人類学会誌   18(2) 87-92   2013年   [査読有り]
2011 年北海道マラソンにおける上位入賞選手のスペシャルドリンク調査 (日本陸連科学委員会研究報告 第 11 巻 (2012) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2011).
瀧澤一騎, 柴田啓介, & 石井好二郎
陸上競技研究紀要   8 105-108

Misc

 
飽くなき向上を目指して : レジスタンストレーニングにおけるピリオダイゼーション (特集 ブレークスルーのために).
柴田 啓介
トレーニング・ジャーナル   36(2) 23-28   2014年2月

講演・口頭発表等

 
Effects of weekly resistance training in university physical education class during snow season on muscle mass, strength and jump performance.
Shibata, K., Tomabechi, N., Takizawa, K., Yamaguchi, T., and Mizuno, M.
11th International Conference on Strength Training   2018年12月2日   
女子大学生における健康行動変容を意図した授業が健康意識と身体組成に及ぼす影響
岩本正姫,柴田啓介,山口太一
第58回北海道体育学会大会   2018年12月1日   
同一仕事率で回転数の異なる高強度間欠的自転車運動の生理応答
苫米地伸泰,瀧澤一騎,柴田啓介,水野眞佐夫
第73回日本体力医学会大会 2018年9月9日   
持久走パフォーマンス改善のためのダイナミックストレッチングを含んだより良いウォームアッププロトコル.
山口太一、瀧澤一騎、柴田啓介、苫米地伸泰、寒川美奈、山中正紀、東郷将成、保科圭汰.
第6回日本トレーニング指導学会大会.   2017年12月16日   
走運動ウォームアップ後のダイナミックストレッチング実施による持久走パフォーマンス改善はストレッチング後の休息時間が鍵となる
山口太一,瀧澤一騎,寒川美奈,山中正紀,柴田啓介,苫米地伸泰,東郷将成,保科圭汰,佐藤未来
第72回日本体力医学会大会   2017年9月16日   
12週間の有酸素トレーニングによって持久性能力が向上すると飲酒後の呼気中アルコール濃度が高くなる
瀧澤一騎,山口太一,柴田啓介,苫米地伸泰
第72回日本体力医学会大会   2017年9月16日   
総挙上重量を統一したスクワット運動において疲労困憊までの反復がホルモン応答及び筋損傷に及ぼす影響
柴田啓介,瀧澤一騎,山口太一,苫米地伸泰,野坂和則,水野眞佐夫
第72回日本体力医学会大会   2017年9月16日   
Prolonging eccentric phase duration in parallel back squat training does not further increase 1RM, muscle cross sectional area, and performance tests in university soccer players.
Shibata, K., Nosaka, K., Takizawa, K., Mizuno, M.
10th International Conference on Strength Training   2016年12月2日   
Alcohol degradiation might be accelerated by muscle hypertrophy training.
Takizawa, K., Shibata, K., Tomabechi, N.
10th International Conference on Strength Training   2016年11月30日   
スクワット運動の短縮性および伸張性局面の収縮時間の違いがホルモン応答に及ぼす影響
柴田啓介,野坂和則,瀧澤一騎,黒田裕太,水野眞佐夫
第71回日本体力医学会大会   2016年9月24日   

競争的資金等の研究課題

 
レジスタンストレーニングでは疲労困憊まで反復すべきか?~疲労困憊まで反復する/しない条件間でトレーニング量 (総挙上重量) を統一したレジスタンス運動が主観的強度,ホルモン応答および筋ダメージに及ぼす影響~
特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会): 研究助成
研究期間: 2016年9月 - 2017年9月    代表者: 柴田 啓介
筋肥大や筋力・パワー増強を目的としたレジスタンス運動が運動後の筋機能に及ぼす影響
公益財団法人 ミズノスポーツ振興財団: スポーツ学等研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 柴田 啓介

社会貢献活動

 
ミニバスケットボール選手に対するトレーニング
【講師】  美唄商工会議所青年部  ミニバスケットボールクリニックinびばい  2019年1月14日
運動部活動所属の高校生を対象とした筋トレ講座
【講師】  酪農学園大学社会連携センター  酪農学園ミルク産業活性化推進事業「本学トレーニングセンターを中心とした牛乳摂取推進の試み」  2019年1月12日
ジャンプ力アップのためのトレーニング
【講師】  北海道バスケットボール協会  「目指すは頂点!~集まれ!未来のトップアスリート~」  2018年8月18日
今からでも遅くない!らくらく筋トレ講座
【講師】  酪農学園大学エクステンションセンター  酪農学園大学市民公開講座 「食育・健康講座II」  2018年6月23日
「牛乳の良さを見直そう~牛乳の生産から活用まで~」
【司会, 企画】  酪農学園大学エクステンションセンター  酪農学園ミルク産業活性化推進事業「本学トレーニングセンターにおける牛乳摂取推進の試み」  2018年1月27日
運動部活動所属の高校生への「筋トレのすすめ」
【講師】  酪農学園大学エクステンションセンター  酪農学園ミルク産業活性化推進事業「本学トレーニングセンターにおける牛乳摂取推進の試み」  2018年1月13日
レジスタンストレーニングが必要なのは誰か?
【情報提供】  一般社団法人身体開発研究機構  第28回フィットネスデザイン交流会  2017年8月16日
トレーニングルーム利用初回研修
【講師】  特定非営利活動法人 札幌大学スポーツ・文化総合型クラブ   2016年4月 - 2016年8月
レジスタンストレーニングの研究と実践
【情報提供】  一般社団法人身体開発研究機構  第4回フィットネスデザイン交流会  2015年8月19日