杉田和幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/28 16:02
 
アバター
研究者氏名
杉田和幸
 
スギタ カズユキ
通称等の別名
Kazuyuki Sugita
eメール
k-sugitahoshi.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/60542090.ja.html
所属
星薬科大学
部署
薬学部
職名
教授
学位
博士(薬学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
現在
星薬科大学 薬学部 教授
 
2009年
 - 
2012年
東京大学 分子細胞生物学研究所 准教授
 
2000年
 - 
2001年
米国スクリプス研究所 K.C.Nicolaou研究室 博士研究員
 
1992年
 - 
1994年
東京大学 薬学部柴﨑研究室 研究員
 
1987年
 - 
2009年
第一三共株式会社 化学研究所 主任研究員
 

学歴

 
1985年
 - 
1987年
東京大学 薬学部 首藤研究室
 
1983年
 - 
1985年
東京大学 理科II類 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本薬学会  学術誌編集委員会
 
2012年10月
 - 
2015年3月
日本薬学会医薬品化学部会  MEDCHEMNEWS編集委員
 

受賞

 
2013年11月
日本薬学会医薬品化学部会 日本薬学会医薬品化学部会MCS優秀賞 スクアレン合成酵素阻害薬DF-461の創製
受賞者: 杉田和幸、他
 

論文

 
Total Synthesis of Granulodione
杉田和幸
Tetrahedron Lett.   60(2) 113-114   2019年1月   [査読有り]
Facile Total Synthesis of (+)-Spinoxazine B
杉田和幸
66 1196-1198   2018年12月   [査読有り]
Enantioselective, Protecting-Group-Free Total Synthesis of Boscartin F
杉田和幸
Org. Lett.   20 1031-1033   2018年1月   [査読有り]
Iodoalkyne-Based Catalyst Mediated Activation of Thioamides through Halogen Bonding
杉田和幸
Chem. Asian J.   11 2863-2866   2016年   [査読有り]
Reductive cyclization strategy for construction of the highly oxygenated CD ring system of aconitine
杉田和幸
Tetrahedron Lett.   57 4585-4587   2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
薬学有機化学・下
杉田和幸 (担当:共著)
京都廣川   2018年3月   
薬学有機化学・上
杉田和幸 (担当:共著)
京都廣川   2018年3月   
メディシナルケミストリー用語解説310
杉田和幸、他 (担当:共著)
じほう   2014年3月   
生体有機化学
橋本祐一、村田道雄編著、杉田和幸、他 (担当:共著)
東京化学同人   2012年10月   

担当経験のある科目