多田 敬典

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/07 11:31
 
アバター
研究者氏名
多田 敬典
 
タダ ヒロブミ
eメール
tadancgg.go.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?kw=多田敬典
所属
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター
部署
統合加齢神経科科学研究部 神経内分泌学研究室
職名
室長
学位
医学博士(慶應義塾大学)
その他の所属
横浜市立大学
科研費研究者番号
20464993

プロフィール

 精神神経疾患の病態メカニズムを脳の分子レベルから明らかにし、その成果を創薬などの臨床応用につなげたいと考えています。これまでに精神神経疾患患者血液サンプル、疾患モデル動物から、多様な分子スクリーニング手法を用いて原因とされる標的分子を探索し、その機能解析に取り組んできました。
 今後は、精神神経疾患、特に認知症の要因を中枢神経系に限定せず、身体全体の問題としてとらえ、トランスレーショナルな研究を展開していきたいと考えております。それにより、認知症を含む複雑なヒト精神神経疾患の創薬研究分子基盤を構築し、成果を社会に還元できるよう研究を推進していきたいと思います。

資格

 
薬剤師

研究分野

 
 

経歴

 
2016年1月
 - 
現在
国立長寿医療研究センター 統合加齢神経科学研究部 神経内分泌学研究室 室長
 
2007年11月
 - 
2015年12月
横浜市立大学医学部生理学教室 助教
 
2007年4月
 - 
2007年10月
慶應義塾大学医学部生理学教室ブリヂストン寄付講座 特別研究助教
 
2004年4月
 - 
2007年3月
学術振興会 特別研究員(DC1)
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学 医学研究科 博士課程(指導教官:岡野栄之教授/生理学)
 
2001年4月
 - 
2003年3月
慶應義塾大学 医学研究科 修士課程(指導教官:鹿島晴雄教授/精神神経科学)
 
1997年4月
 - 
2001年3月
東京薬科大学 薬学部 薬学科(指導教官:須賀哲弥教授/臨床生化学)
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
国立長寿医療研究センター国際シンポジウム実行委員
 
2016年12月
 - 
2017年2月
国立長寿医療研究センター研究員発表会実行委員
 
2013年4月
 - 
2015年12月
横浜市立大学環境管理委員
 

受賞

 
2016年2月
8th NAGOYA Global Retreat Best Presentation Award
 
2004年4月
Japan Society for Promotion of Science Research Fellowships for Young Scientists
 

論文

 
Tada H, Miyazaki T, Takemoto K, Jitsuki S, Nakajima W, Koide M, Yamamoto N, Kawai H, Komiya K, Taguchi A, Suyama K, Abe H, Sano A, Takahashi T
Scientific Reports   7(1) 8471   2017年8月   [査読有り]
Tada H, Miyazaki T, Takemoto K, Takase K, Jitsuki S, Nakajima W, Koide M, Yamamoto N, Komiya K, Suyama K, Sano A, Taguchi A, Takahashi T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America      2016年10月   [査読有り]
Fujimori K, Tezuka T, Ishiura H, Mitsui J, Doi K, Yoshimura J, Tada H, Matsumoto T, Isoda M, Hashimoto R, Hattori N, Takahashi T, Morishita S, Tsuji S, Akamatsu W, Okano H
Molecular brain   9(1) 88   2016年10月   [査読有り]
Takemoto K, Iwanari H, Tada H, Suyama K, Sano A, Nagai T, Hamakubo T, Takahashi T
Nature biotechnology   35(1) 38-47   2017年1月   [査読有り]
多田敬典、徳永暁憲、田之頭大輔、倉田栄子、田口明子
基礎老年研究誌   40(2) 9-14   2016年5月   [査読有り]
Matsumoto T, Fujimori K, Andoh-Noda T, Ando T, Kuzumaki N, Toyoshima M, Tada H, Imaizumi K, Ishikawa M, Yamaguchi R, Isoda M, Zhou Z, Sato S, Kobayashi T, Ohtaka M, Nishimura K, Kurosawa H, Yoshikawa T, Takahashi T, Nakanishi M, Ohyama M, Hattori N, Akamatsu W, Okano H
Stem cell reports   6(3) 422-435   2016年3月   [査読有り]
Tada H, Koide M, Ara W, Shibata Y, Funabashi T, Suyama K, Goto T, Takahashi T
PloS one   10(6) e0131359   2015年6月   [査読有り]
Jitsuki S, Nakajima W, Takemoto K, Sano A, Tada H, Takahashi-Jitsuki A, Takahashi T
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   26(1) 427-439   2016年1月   [査読有り]
多田敬典、高橋琢哉
生体の科学   67(1) 47-50   2016年2月
Miyazaki Tomoyuki, Takase Kenkichi, Nakajima Waki, Tada Hirobumi, Ohya Daisuke, Sano Akane, Goto Takahisa, Hirase Hajime, Malinow Roberto, Takahashi Takuya
JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   124(6) 2807   2014年6月   [査読有り]
Miyazaki T, Takase K, Nakajima W, Tada H, Ohya D, Sano A, Goto T, Hirase H, Malinow R, Takahashi T
The Journal of clinical investigation   122(7) 2690-2701   2012年7月   [査読有り]
Tada H, Kuroki Y, Funabashi T, Kamiya Y, Goto T, Suyama K, Sano A, Mitsushima D, Etgen AM, Takahashi T
Neuroscience   248 664-669   2013年9月   [査読有り]
Renault-Mihara F, Katoh H, Ikegami T, Iwanami A, Mukaino M, Yasuda A, Nori S, Mabuchi Y, Tada H, Shibata S, Saito K, Matsushita M, Kaibuchi K, Okada S, Toyama Y, Nakamura M, Okano H
EMBO molecular medicine   3(11) 682-696   2011年11月   [査読有り]
Miyazaki T, Kunii M, Tada H, Sano A, Kuroiwa Y, Goto T, Malinow R, Takahashi T
Brain research   1435 1-7   2012年1月   [査読有り]
Jitsuki S, Takemoto K, Kawasaki T, Tada H, Takahashi A, Becamel C, Sano A, Yuzaki M, Zukin RS, Ziff EB, Kessels HW, Takahashi T
Neuron   69(4) 780-792   2011年2月   [査読有り]
Sakaguchi M, Imaizumi Y, Shingo T, Tada H, Hayama K, Yamada O, Morishita T, Kadoya T, Uchiyama N, Shimazaki T, Kuno A, Poirier F, Hirabayashi J, Sawamoto K, Okano H
Journal of neurochemistry   113(6) 1516-1524   2010年6月   [査読有り]
Tada H, Okano HJ, Takagi H, Shibata S, Yao I, Matsumoto M, Saiga T, Nakayama KI, Kashima H, Takahashi T, Setou M, Okano H
The Journal of biological chemistry   285(6) 3840-3849   2010年2月   [査読有り]
Miyazaki Tomoyuki, Takase Kenkichi, Tada Hirobumi, Sano Akane, Oya Daisuke, Nakajima Waki, Takahashi Takuya
NEUROSCIENCE RESEARCH   71 E323-E324   2011年   [査読有り]
Saiga T, Fukuda T, Matsumoto M, Tada H, Okano HJ, Okano H, Nakayama KI
Molecular and cellular biology   29(13) 3529-3543   2009年7月   [査読有り]
Tada Hirobumi, Takahashi Takuya
NEUROSCIENCE RESEARCH   71 E324   2011年   [査読有り]
SOCIAL ISOLATION PRODUCES GLUCOCORTICOID-MEDIATED DISRUPTION OF CORTICAL CIRCUIT FORMATION
Miyazaki Tomoyuki, Takase Kenkichi, Tada Hirobumi, Mitsushima Dai, Takahashi Takuya
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   59 366   2009年   [査読有り]
Tada Hirobumi, Miyazaki Tomoyuki, Komiya Kasane, Takahashi Takuya
NEUROSCIENCE RESEARCH   65 S42   2009年   [査読有り]
Tada H, Ishii S, Kimura H, Hattori H, Okada Y, Suzuki N, Okano HJ
Inflammation and Regeneration   27(1) 37-44   2007年   [査読有り]
多田敬典、岡野栄之
新世紀の精神科治療      2003年6月

社会貢献活動

 
30~40代を襲う<認知症恐怖>
【取材協力】  朝日新聞出版  週刊朝日  2016年4月8日
【その他】  第6回脳プロ公開シンポジウム「つながりの脳科学」体験展示  2014年2月1日

書籍等出版物

 
基礎老年研究誌 2016年5月号 特集企画 栄養・代謝と老化
多田敬典、徳永暁憲、田之頭大輔、倉田栄子、田口明子 (担当:分担執筆, 範囲:糖代謝シグナルを介した認知機能制御機構)
日本基礎老化研究会   2016年5月   
多田敬典、高橋琢哉 (担当:分担執筆, 範囲:ストレスと認知機能)
医学書院   2016年2月   
多田敬典,岡野栄之 (担当:分担執筆, 範囲:神経幹細胞と神経再生)
中山書店   2003年6月   ISBN:4521680410

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 多田 敬典
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 多田 敬典
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年       代表者: 田口 明子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 高橋 琢哉
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 多田 敬典
本研究では、幼児期の低養育環境が連鎖するメカニズムを分子レベルから明らかにすることを目的としている。当該年度は、幼児期の社会的隔離による低養育環境が脳内体性感覚野の一つ、バレル皮質における神経ネットワーク構築への影響を調べた。幼児期に社会的隔離をされたラットでは、通常生後12-14日目に起こるバレル皮質でのヒゲを用いた他ラットとのコミュニケーション経験により生じるAMPA受容体のシナプスへの移行が障害されることを発見し、当該年度に発表した。(多田敬典、他9名(4番目)(2012), J. ...
横浜市立大学: 戦略的研究推進費
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 多田 敬典
横浜総合医学振興財団: 萌芽的研究助成
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 多田 敬典
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 岡野 ジェイムス洋尚
傍腫瘍性精神神経疾患を呈した患者の血清中に検出された自己抗体の標的分子として同定されたFbxo45は、N末端側にF-boxドメインをC末端側にSPRYドメインをもつF-box型ユビキチンリガーゼ群の新しいメンバーであり、神経系にのみ発現することが示された。ラット海馬神経細胞を用いた電気生理学的解析の結果、Fbxo45が成熟したシナプスで起こる神経伝達物質の放出に抑制的に作用することが示された。そこでシナプス前膜における神経伝達物質放出機構にFbxo45が機能的に関与する可能性を考え、網羅的...
横浜市立大学: 研究戦略プロジェクト
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 多田 敬典
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 岡野 ジェイムス洋尚
我々が新規に同定したKspotは、N末端側にF-boxドメインをC末端側にSPRYドメインをもつF-box型ユビキチンリガーゼ群の新しいメンバーであり、神経系にのみ発現することが示されている。Kspotのシナプス部位における機能を解明するため、電気生理学的解析を行った。ラット海馬神経細胞において、シナプス形成後Kspotを強制発現させてAMPA受容体の微小興奮性シナプス後電流(mEPSC)を測定した結果、vectorを導入した細胞と比較してmEPSCの頻度のみが40%の減少を示した。シナプ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 多田 敬典
中枢神経系の自己免疫疾患と考えられている傍腫瘍性神経症侯群 (paraneoplastic neurologic disorder ; PND)は悪性腫瘍患者において腫瘍細胞の直接の浸潤や転移によらず腫瘍の遠隔作用による神経症状を呈する疾患である。PND患者では血清や髄液中に腫瘍と神経細胞の両方に結合する自己抗体の存在が認められており、その標的抗原は神経細胞において重要な機能を担う神経特異的タンパク質であることが明らかとなり、注目を集めている。本研究では、新規のPND標的抗原を同定すること...
傍腫瘍性神経症候群(PND)の標的抗原候補分子神経特異的ユビキチンリガーゼの機能解析とPNDの病態生理に関する研究
慶應義塾大学: 坂口光洋記念慶應義塾医学振興基金
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 多田 敬典
シナプス形成を制御する新規ユビキチンリガーゼKspotの機能解析
慶應義塾大学: 医学部研究奨励費
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 多田 敬典
中枢神経に発現するユビキチンリガーゼによる精神障害発症機序の解析
慶應義塾大学: 医学部研究奨励費
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 多田 敬典
神経系特異的新規ユビキチンリガーゼKspotの機能解析
慶應義塾大学: 医学部研究奨励費
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 多田 敬典
傍腫瘍性神経症候群疑いの患者自己抗体により同定された新規ユビキチンライゲース(E3)の解析
慶應義塾大学: 医学部研究奨励費
研究期間: 2002年 - 2002年    代表者: 多田 敬典

講演・口頭発表等

 
糖代謝シグナル異常を介したシナプスを起点とする認知機能障害機構の解明
多田敬典、徳永暁憲、田之頭大輔、柏田舞波、佐治多美子、田口明子
第94回日本生理学会大会   2017年3月29日   
糖尿病に伴う認知機能障害における前頭葉・海馬神経ネットワーク制御機構の解析
多田敬典、徳永暁憲、田之頭大輔、佐治多美子、柏田舞波、田口明子
第31回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会   2017年2月10日   
若年期優劣関係を決定する分子メカニズムの解明
多田敬典、高橋琢哉
第93回日本生理学会大会   2016年3月24日   
Hippocampal insulin-like-signaling induces impairment of cognitive function and adult neurogenesis in diabetic model mice.
Tada H, Tokunaga A, Fukuokaya W, Kurata E, Taguchi A
8th NAGOYA Global Retreat   2016年2月12日   
低養育環境ストレスによる若年期優劣関係に影響を及ぼす内側前頭前野分子メカニズムの解明
多田敬典、高橋琢哉
第58回日本神経化学会大会   2015年9月12日   
Neonatal isolation augments social dominance by altering actin dynamics in the medial prefrontal cortex
Tada H, Suyama K, Takahashi T.
Neuroscience2015   2015年7月29日   
Estrous Cycle-Dependent Phasic Changes in the Stoichiometry of Hippocampal Synaptic AMPA Receptors in Rats
Koide M, Tada H, Ara W, Shibata S, Funabashi T, Suyama K, Goto T, Takahashi T.
Neuroscience2015   2015年7月29日   
若年期優劣関係を決定する分子メカニズムの解明
多田敬典,須山紅美子,高橋琢哉
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 冬のシンポジウム   2014年12月12日   
Neonatal chronic stress alters actin dynamics and experience-driven synaptic plasticity via ADF/cofilin inactivation in the rat neocortex.
Tada H, Suyama K, Takahashi T.
Neuroscience2014   2014年9月13日   
Phasic synaptic incorporation of GluR2-lacking AMPA receptors at gonadotropin-releasing hormone neurons is involved in the generation of the luteinizing hormone surge in female rats.
Kuroki Y, Tada H, Funabashi T, Kamiya Y, Goto T, Suyama K, Sano A, Mitsushima D, Etgen AM, Takahashi T.
Neuroscience2014   2014年9月12日   
低養育環境ストレスによる攻撃行動発現制御の脳内ネットワーク分子メカニズムの解明
多田敬典,須山紅美子,高橋琢哉
第21 回日本行動神経内分泌学研究会全国集会   2014年9月4日   
Neonatal chronic stress alters actin dynamics and experience-driven synaptic plasticity via ADF/cofilin inactivation in the rat neocortex.
Tada H, Suyama K, Takahashi T.
CSHL meeting   2014年5月31日   
Neonatal chronic stress alters actin dynamics and experience-driven synaptic plasticity via ADF/cofilin inactivation in the rat barrel cortex.
Tada H, Suyama K, Takahashi T.
Neuroscience2013   2013年11月12日   
Neonatal chronic stress alters actin dynamics and experience-driven synaptic plasticity via ADF/cofilin inactivation in the rat barrel cortex
Tada H, Suyama K, Takahashi T
CSHL meeting   2013年7月20日   
幼弱期慢性ストレス付加によるバレル皮質シナプス可塑性変化の分子メカニズムの解明
Tada H, Suyama K, Takahashi T
Neuro2013   2013年6月22日   
Neonatal chronic stress alters actin dynamics and experience-driven synaptic plasticity via ADF/cofilin inactivation in the rat barrel cortex. [招待有り]
Tada H, Suyama K, Takahashi T
第90回日本生理学会大会   2013年3月   
Sex difference of the effect of neonatal social isolation on experience driven synaptic delivery of AMPA receptors in rat barrel cortex
Tada H, Suyama K, Takahashi T
Neuroscience2012   2012年10月17日   
Sex difference of the effect of neonatal social isolation on experience driven synaptic delivery of AMPA receptors in rat barrel cortex.
Tada H, Suyama K, Takahashi T.
第35回日本神経科学大会   2012年9月21日   
Sex difference of the effect of neonatal social isolation on experience driven synaptic delivery of AMPA receptors in rat barrel cortex.
Tada H, Suyama K, Takahashi T.
International Symposium “Neocortical Organization”   2012年3月12日   

担当経験のある科目

 
 

Misc

 
多田敬典, 徳永暁憲, 田之頭大輔, 柏田舞波, 佐治多美子, 田口明子
日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会プログラム・講演抄録集   31st 57   2017年
田之頭大輔, 徳永暁憲, 多田敬典, 柏田舞波, 佐治多美子, 田口明子
日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会プログラム・講演抄録集   31st 72   2017年
徳永暁憲, 多田敬典, 田之頭大輔, 佐治多美子, 柏田舞波, 田口明子
日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会プログラム・講演抄録集   31st 73   2017年
田之頭大輔, 福岡屋航, 川邉健士朗, 徳永暁憲, 多田敬典, 柏田舞波, 佐治多美子, 倉田栄子, 田口明子, 田口明子
糖尿病合併症   30(Supplement 1) 198   2016年9月
田之頭大輔, 福岡屋航, 川邉健士朗, 徳永暁憲, 多田敬典, 柏田舞波, 佐治多美子, 倉田栄子, 田口明子, 田口明子
Dementia Japan   30(4) 597-597   2016年10月
櫻庭真弓, 村田潤子, 松岡理奈, 神谷和作, 多田敬典, 多田敬典, 岡野栄之, 池田勝久
順天堂医学   58(6) 539-539   2012年12月
低血糖 アルツハイマー病発症における海馬インスリン様シグナルの関与
田之頭 大輔, 福岡屋 航, 川邉 健士朗, 徳永 暁憲, 多田 敬典, 柏田 舞波, 佐治 多美子, 倉田 栄子, 田口 明子
糖尿病合併症   30(Suppl.1) 198-198   2016年9月
【栄養・代謝と老化】 糖代謝シグナルを介した認知機能制御機構
多田 敬典, 徳永 暁憲, 田之頭 大輔, 倉田 栄子, 田口 明子
基礎老化研究   40(2) 9-14   2016年5月
これまで認知機能研究は、中枢神経系を中心とした解析が行われ、その結果をもとに多くの認知症治療薬候補が開発されてきた。しかしながら、現在のところ認知症に効果を示す本質的な治療薬は得られていない。近年、末梢組織を中心に研究が行なわれてきた代謝の変容が、認知機能にも影響をおよぼすことが明らかとなってきた。これらの背景から、代謝経路を介した新たな認知症治療薬・診断薬開発の可能性に関心が高まっている。本稿では、エネルギー代謝や栄養の恒常性を調節するインスリン様シグナルの中枢神経系における変化が、認知...
【記憶ふたたび】 ストレスと認知機能
多田 敬典, 高橋 琢哉
生体の科学   67(1) 47-50   2016年2月
織田恒幸, 藤原豊, 高原紀博, 山田祥之, 石榑清, 多田敬典, 岡田洋平, 岡野洋尚
肺癌   47(5) 607-607   2007年10月
新規なユビキチンリガーゼであるFbxo45はシナプス活性を制御する(Fbxo45, a novel ubiquitin ligase, regulates synaptic activity)
岡野 ジェイムス洋尚, 多田 敬典, 岡野 栄之
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 3T3-5   2010年12月
多田 敬典, 高橋 琢哉
生体の科学   67(1) 47-50   2016年1月
多田敬典, 高橋琢哉
生体の科学   67(1) 47‐50   2016年2月
新規ユビキチンリガーゼFbxo45によるシナプス制御(Fbxo45, a novel ubiquitin ligase, regulates synaptic activity)
岡野 ジェイムス洋尚, 多田 敬典, 岡野 栄之
神経化学   49(2-3) 480-480   2010年8月
高橋 琢哉, 実木 亨, 多田 敬典, 宮崎 智之
霊長類研究所年報   43 107-107   2013年11月
多田 敬典, 岡野 ジェイムズ洋尚, 高木 博, 矢尾 育子, 雑賀 徹, 松本 雅記, 中山 敬一, 鹿島 晴雄, 高橋 琢哉, 瀬藤 光利, 岡野 栄之
日本生理学会大会発表要旨集   2008(0) 123-123   2008年
We identified a novel ubiquitin ligase (E3), Kspot as a target molecule of a high titer autoantibody produced in the serum of a patient with stomach can cer, associated with psychiatric symptoms.Kspot is highly conserved througho ut species and ex...
経験依存的AMPA受容体シナプス移行(Experience dependent synaptic delivery of AMPA receptors)
宮崎 智之, 多田 敬典, 美津島 大, 高橋 琢也
神経化学   47(2-3) 222-222   2008年8月
実木亨, 多田敬典, 高橋琢哉
横浜医学   60(1/2) 164   2009年5月
シナプス活性を制御するユビキチンリガーゼKspot(Kspot, a novel ubiquitin ligase, regulates synaptic activity)
多田 敬典, 岡野 ジェイムス洋尚, 高木 博, 松本 雅記, 矢尾 育子, 雑賀 徹, 中山 敬一, 鹿島 晴雄, 瀬藤 光利, 岡野 栄之
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   80回・30回 1T11-5   2007年11月
雑賀徹, 雑賀徹, 多田敬典, 岡野栄之, 岡野栄之, 中山敬一, 中山敬一
生化学   2P-0857   2008年
織田 恒幸, 藤原 豊, 高原 紀博, 山田 祥之, 石榑 清, 多田 敬典, 岡田 洋平, 岡野 洋尚
肺癌   47(5)    2007年10月
服部英典, 多田敬典, 岡野 ジェームズ洋尚, 内潟雅信, 鈴木則宏
臨床神経学   45(2) 144-144   2005年2月
雑賀徹, 雑賀徹, 多田敬典, 多田敬典, 岡野栄之, 岡野栄之, 中山敬一, 中山敬一
生化学   4P-0663   2007年
新しいユビキチンリガーゼであるKspotはシナプス形成を調節する(Kspot, a novel ubiquitin ligase, may control synapse formation)
多田 敬典, 岡野 ジェイムス洋尚, 松本 雅記, 中山 敬一, 鹿島 晴雄, 岡野 栄之
神経化学   44(2-3) 212-212   2005年8月
服部英典, 多田敬典, 岡野ジェームズ洋尚, 浜田潤一, 鈴木則宏
臨床神経学   45(7) 538   2005年7月
神経系特異的新規ユビキチンリガーゼの機能的解析(Functional Analysis of Novel Ubiquitin Ligase,Potential Target Antigen of Paraneoplastic Neurologic Disorder)
多田 敬典, 岡野 ジェイムス洋尚, 松本 雅記, 中山 敬一, 鹿島 晴雄, 岡野 栄之
神経化学   43(2-3) 360-360   2004年8月
多田敬典, 岡野ジェイムズ洋尚, 中山敬一, 鹿島晴雄, 岡野栄之
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   26th 828   2003年11月
傍腫瘍性神経症候群疑いの患者血清を用いて同定された神経特異的新規ユビキチンリガーゼの機能解析(Functional Analysis of Novel Ubiquitin Ligase, Potential Target Antigen of Paraneoplastic Neurologic Disorder)
多田 敬典, 岡野 ジェイムス洋尚, 鹿島 晴雄, 岡野 栄之
神経化学   42(2-3) 277-277   2003年8月