石垣 尚一

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/12 02:41
 
アバター
研究者氏名
石垣 尚一
 
イシガキ ショウイチ
所属
大阪大学
部署
歯学部附属病院
職名
講師
学位
博士(歯学)(大阪大学)
科研費研究者番号
40212865

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1988年
大阪大学歯学部附属病院医員
 
1988年
 - 
2003年
大阪大学大学院歯学研究科助手
 
2003年
 - 
現在
-   大阪大学歯学部附属病院講師
 

学歴

 
 
 - 
1988年
大阪大学 歯学研究科 歯学臨床系
 
 
 - 
1984年
大阪大学 歯学部 
 
 
 - 
1984年
大阪大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本補綴歯科学会  支部評議員、認定審議会幹事
 
 
   
 
日本顎関節学会  評議員
 
 
   
 
日本咀嚼学会  評議員
 
2009年
   
 
社団法人日本補綴歯科学会  代議員、学術委員会幹事、プログラム委員会委員
 
2007年
   
 
社団法人日本補綴歯科学会  代議員、財務委員会委員、総務幹事
 

受賞

 
 
International Journal of Prosthodontics New Writer's COntest, 3rd Award
 
2009年
社団法人日本補綴歯科学会 平成20年度中堅優秀論文賞
 
1984年
Teledyne Hanau補綴賞
 

論文

 
Suzuki E, Ishigaki S, Yatani H, Morishige E, Uchida M
Journal of oral rehabilitation   37 692-697   2010年9月   [査読有り]
Ishigaki S, Kurozumi T, Morishige E, Yatani H
Journal of periodontal research   41 189-192   2006年6月   [査読有り]
Clinical effectiveness of cognitive behavior therapy in the management of TMD.
Morishige E, Ishigaki S, Yatani H, Hirokawa M
The International journal of prosthodontics   19 31-33   2006年1月   [査読有り]
Nakamura T, Saito O, Mizuno M, Kinuta S, Ishigaki S
Journal of oral rehabilitation   30 184-188   2003年2月   [査読有り]
Ishigaki S, Nakano T, Yamada S, Nakamura T, Takashima F
Clinical oral implants research   14 97-102   2003年2月   [査読有り]
Nakamura T, Ohyama T, Imanishi A, Nakamura T, Ishigaki S
Journal of oral rehabilitation   29 951-955   2002年10月   [査読有り]
Nakamura T, Saito O, Fuyikawa J, Ishigaki S
Journal of oral rehabilitation   29 805-809   2002年9月   [査読有り]
Stress analysis of metal-free polymer crowns using the three-dimensional finite element method.
Nakamura T, Imanishi A, Kashima H, Ohyama T, Ishigaki S
The International journal of prosthodontics   14 401-405   2001年9月   [査読有り]
Effect of the location of chewing on facial and jaw muscles activity and the mandibular movement.
Inoue S, Yamaguchi Y, Mato T, Ishigaki S, Takashima F, Maruyama T
The Journal of Osaka University Dental School   34 89-95   1994年12月   [査読有り]
Diagnostic accuracy of TMJ vibration analysis for internal derangement and/or degenerative joint disease.
Ishigaki S, Bessette RW, Maruyama T
Cranio : the journal of craniomandibular practice   12 241-5; discussion 246   1994年10月   [査読有り]
Vibration analysis of the temporomandibular joints with degenerative joint disease.
Ishigaki S, Bessette RW, Maruyama T
Cranio : the journal of craniomandibular practice   11 276-283   1993年10月   [査読有り]
Vibration analysis of the temporomandibular joints with meniscal displacement with and without reduction.
Ishigaki S, Bessette RW, Maruyama T
Cranio : the journal of craniomandibular practice   11 192-201   1993年7月   [査読有り]
Vibration of the temporomandibular joints with normal radiographic imagings: comparison between asymptomatic volunteers and symptomatic patients.
Ishigaki S, Bessette RW, Maruyama T
Cranio : the journal of craniomandibular practice   11 88-94   1993年4月   [査読有り]
A clinical study of temporomandibular joint (TMJ) vibrations in TMJ dysfunction patients.
Ishigaki S, Bessette RW, Maruyama T
Cranio : the journal of craniomandibular practice   11 7-13; discussion 14   1993年1月   [査読有り]
The distribution of internal derangement in patients with temporomandibular joint dysfunction--prevalence, diagnosis, and treatments.
Ishigaki S, Bessette RW, Maruyama T
Cranio : the journal of craniomandibular practice   10 289-296   1992年10月   [査読有り]
Ishigaki S, Tanaka K, Nakatani E, Yoshikawa K, Omae T, Inoue S, Okuda T, Akanishi M, Maruyama T
Nihon Hotetsu Shika Gakkai zasshi   34 415-419   1990年4月   [査読有り]
[A clinical study on the deviation of the mandible in maximal jaw-opening and closing movements].
Ishigaki S
[Osaka Daigaku shigaku zasshi] The journal of Osaka University Dental Society   33 168-195   1988年6月   [査読有り]
Clinical study on the jaw opening pathway.
Maruyama T, Ishigaki S, Saito O, Miyauchi S, Akanishi M
The Journal of Osaka University Dental School   26 103-112   1986年12月   [査読有り]
[Clinical studies of stomatognathic dysfunction--epidemiological research on patients with unilateral pain].
Okuda T, Ishii H, Ishigaki S, Akanishi M, Maruyama T
[Osaka Daigaku shigaku zasshi] The journal of Osaka University Dental Society   31 225-232   1986年6月   [査読有り]
口唇口蓋裂に伴う前歯部欠損による審美障害を接着ブリッジで改善した一症例
石垣尚一,高岡亮太,常藤洋平,矢谷博文
歯科審美   24(1) 8-12   2011年10月   [査読有り]

Misc

 
宇野浩一郎, 高岡亮太, 福田修二, 内田昌範, 桑原俊也, 石垣尚一, 矢谷博文
日本顎関節学会雑誌   25 92   2013年7月
福田修二, 石垣尚一, 宇野浩一郎, 矢谷博文
日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   122nd 115   2013年5月
松下登, 石垣尚一, 内田昌範, 宇野浩一郎, 矢谷博文
日本咀嚼学会学術大会プログラム・抄録集   24th 62-63   2013年
高岡亮太, 矢谷博文, 早川和生, 石垣尚一, 尾形宗士郎, 福田修二, 松下登, 宇野浩一郎, 大和未来
日本歯科医師会雑誌   65(5) 636   2012年8月
内田昌範, 松下登, 石垣尚一, 福田修二, 高岡亮太, 宇野浩一郎, 矢谷博文
日本顎関節学会雑誌   24 161   2012年7月

Works

 
頭頸部慢性筋痛に対する認知行動療法の有効性の確立に向けた生体ストレス反応解析
2004年
精神神経免疫学的手法を用いた顎関節症における慢性筋痛および顎関節痛の解析
2004年
発話時平均周波数を用いた咀嚼筋痛・筋疲労評価法の開発
2008年
ヒト口腔・顔面領域における神経因性疼痛発症動向の解明に向けた前向き研究
2007年
顎顔面部の慢性疼痛管理のための実験的生体ストレスモデルにおける性差の評価
2006年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 石垣 尚一
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 石垣 尚一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 石垣 尚一
本研究では、全国的な成人双生児集団を対象として、睡眠時ブラキシズムと遺伝的因子およびライフスタイルや社会経済的要因を含めた環境的因子との関連を、量的遺伝学の視点から明らかにすることを目的としている。すなわち、一卵性双生児と二卵性双生児の類似度の差を利用することによって、遺伝要因と環境要因のそれぞれの影響度を推定する。次に、一卵性双生児のペアを比較することによって、それまでの人生の過程における環境要因による影響について検討を行う。このため、本研究の開始にあたっては、まず、成人双生児集団から、...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 石垣 尚一
急性あるいは実験的負荷による筋疲労状態ではMPFが低域にシフトすること、高い筋活動量を示すときにMPFは低値を示すことから、収縮閾値の高い運動単位が多く動員されるほどMPFは低くなることが報告されている。筋痛・筋疲労患者の筋組織に生じている変化の客観的な評価法として、筋電図記録を質的に評価する周波数解析に着目し、表面筋電図の各周波数帯成分、および平均周波数(以下MPF)から、筋痛・筋疲労患者における筋線維の組成および動員の様相を明らかにすることを目的として研究を行った。その結果、発話時MP...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 石垣 尚一
歯科では、治療の過程で末梢神経の損傷を伴う処置が多く、組織の障害とは関係なく痛みを自覚する神経因性疼痛が生じてしまうことがある。本研究では、インプラント手術前後の痛みの変化を詳しく調べ、その結果、手術した部位だけではなく、その近くの神経支配部位や、反対側にまで痛みやすい状態が生じていることを明らかにした。この検査方法は神経因性疼痛の適切な診断に有用であることから、研究結果を、歯が原因の痛みと誤診されることによる患者さんの不利益を少なくするために役立てたい。